くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

タグ:滝

岩手県二戸市金田一小野。旧奥州街道沿い。途中に「(右)姉滝100m・(左)奥州街道」という看板があります。右に行けば姉滝を下から見ることができます。左に行くと姉滝神社があり、境内から姉滝を上から見ることができます。 こちらは上の姉滝神社参道です。 境内にいた ...

その昔、七滝村には、「毘 孫左衛門」という大地主がいました。滝には不思議な力があると村人が恐れられ、物を投げることが禁じられていました。あるとき彼は村々に自分の力を誇示するために七十余棚の薪を山の上から落としました。薪が四段目の滝つぼに落下すると天地を揺 ...

県下有数の紅葉の名所。 亨和2年、弘前藩主の津軽寧親公が京都から百余種の楓苗を取り寄せ移植して以来、モミジの名所として親しまれています。 林の中には中野神社、不動舘城跡があり、彩り豊かな紅葉は滝と渓流に映え、鮮やかな世界を展開。紅葉期間中はライトアップが ...

秋田県鹿角市十和田大湯。止滝発電所の向かいです。 参道横には川があります。下へ降りることもできますし、橋もあります。 大湯三滝の一つとなっている止滝の程良い滝しぶきが気持ちいいです。 比較的近くまで行くことが可能です。落差約8m、幅約11m。幅の方が短く感 ...

県道122号線を通って城ヶ倉方面を目指します。右手に「おらだぢの山」という石碑があり、その先の分岐点を左に行けば茂みの中に「八甲田山神社」の社号標があります。ちなみにこの先に進めば、下湯ダムがあり、温泉ファンの間では有名な下湯ダム温泉たぬきの湯(野湯)があ ...

以前の記事『七ツ滝(中泊町小泊)』 津軽国定公園七つ滝…『ここは、本村の北東に位置し、津軽半島の先端部に近く、日本海の激浪により造りだされたものです。山岳からの清流が七段の断崖に落下して涼を求める人の足をとめるところ。』 美しい滝です。 滝の右側に階段が ...

青森県五所川原市金木町喜良市。湯の川林道を小田川ダムに向います。 藤滝。 三方が断崖絶壁に囲まれており、ツツジや藤が咲く場所であることから「藤の滝」「藤滝」といいます。 2段の滝となっており、上が雄滝、下が雌滝と呼ばれています。 太宰の小説「魚服記」の舞 ...

菅江真澄が「太秋という村にはいり、左方に鶴田というところも見えて、危げな橋をわたり、郷坂というおそろしいほどの坂を左にして、ふか沢という、たとえようもないやけ山にわけいった」と記している郷坂沢川方面を少し散策してみました。 「大秋郷阪岩木山のなかめ」 ...

江戸時代に王子村の名主畑野孫八が自邸に開いた江戸情趣豊かな庭園。 嘉永3(1850)年の安藤広重の『絵本江戸土産』に「十条の里男滝女滝あり」があります。 庭園として整備されたのは明治中頃で、昭和13年からは精養軒が行楽地として大浴場、食堂、プール、ボート池、茶 ...

鯵ケ沢町芦萢町。 芦萢村、または芦屋村とも称されていた村。菅江真澄も宿(一本杉)をとっており、雪のもろ滝にも外浜奇勝にも書かれています。 御祭神は宇迦之御魂神。元々は不動明王堂と稲荷宮が一緒になっていたようです。 万治元年(1658)建立もしくは再建、その後 ...

釜淵の滝周辺の森林は1周15分ほどの遊歩道になっています。 月見橋。 月見橋からの風景。 滝見橋。 滝見橋からの風景。 釜淵の滝は花巻温泉の奥、台川にある滝です。 高さ約8.5m、幅約30mの大磐石の上を台川の清流が幾筋にも分かれ、滝壺に流れ落ちます。国指定名 ...

『この山の滝は、最初、大山祇大神が濱田松實先生(今は、天心道大神)に夢枕に見せたと云う。大正8年10月12日、その日先生は藪原の川を漕いで山に入りやっとのことで夢枕のとおりの滝を見つけることが出来ました。目に見、心に見、その時すでに辺りは暗く、月の光に照らさ ...

神社かと思ったら不動の滝でした。 鳥居横の石仏。「修験道・行者信仰の理念、世界平和、国家安泰、萬物萬象の立命祈願。修験節律根本道場 大和国 大峰蛇之倉七尾山」とありました。 徒歩11分と書かれていましたが、道も整備されており、勾配もさほどないので意外に早く着 ...

中々大変な場所に鎮座しているのですが、有名な神社なので訪れる人も多いようです。舗装されていない山道を車でひたすら上っていきます。冬は無理そう。道中には様々なものがありそうですが、車だったのでほとんど見逃しているかも知れません。立ち寄った所だけ紹介します。 ...

中野神社といえば紅葉の季節が最高なのですが、それ以外の時期は人が少なく、とても気持ちのいい場所です。紅葉は唐内坂の御屋敷の庭の手入れをしていた御庭師栗原養吉郎他が植えたという記録があります。 紅葉記事『中野もみじ山 (黒石市)』『中野神社 (中野もみじ山) ...

鬼泊トンネルから奥平部地区に行く途中にあっただるま滝。 目の前は海。 見る角度によってだるまの形に見えるそうですが… わからん!わからんよー!!(笑) ブログ村ランキング参加中 ...

津軽三十三観音霊場第21番札所。 松前街道沿い。 正面に滝があり、赤い橋の下を潜って海へと流れています。 釈迦堂は天長年間(824-834)創建、元和年間(1615-24)再建。本尊の釈迦如来像はこの地の舎利浜に打ち上げられていたと伝えます。 正面には釈迦如来像、左に ...

春日内観音堂案内版… 「津軽三十三霊場十七番札所である。ここはもと竜興寺と春品寺跡と伝えられる。奥院は鞘堂で、堂宇は飛竜宮といわれ、元和九年(1614)に建て直されたという。明治初年、神佛分離にあたり観音堂は廃堂となったが、まもなく聖観音を神体とする春日内 ...

津軽半島の先端部に近く、日本海の激浪により造りだされたもの。 菅井真澄は次のように記しています。 「めおと石(夫婦石、小泊村)をよじのぼった。津軽坂をおりのぼりして小泊の港についた。ここを紀井の那智の大泊村にたぐえて小泊というのだという話があった。(中略 ...

小坂町にある七滝(ななたき)は日本滝百選の一つです。 米代川の支流(小坂川)の上流、荒川川にあり、秋田県道2号大館十和田湖線上の道の駅こさか七滝の至近にあります。 十和田湖外輪山付近に源を発するこの滝は7つの段によって約60mの落差を落下しています。 7つの ...

田子町夏坂にある弥勒の滝(みろくの滝)です。 その姿から別名「スヌーピーの滝」「そうめんの滝」とも言われています。 岩肌をそうめんのように幾筋もの水が流れ落ちる姿はとても美しいですよ。 滝壺まで行くことができます。私が写っているのがわかるでしょうか? 実 ...

↑このページのトップヘ