くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:自然 > 公園・庭園

2024/4/21。園内にはソメイヨシノ・シダレザクラ・ヤエザクラなど約330本の桜があります。「約」なんですね。今度数えてみようかな。それでは写真のみでお楽しみください。つなわたりショー。がんばれー!!あっ、落ちた…猿賀神社参道石灯籠越しの岩木山。以下、関連記事『 ...

岩手県盛岡市高松1丁目。30分もあれば一周できそうですが、時間の都合で一部のみの紹介です。盛岡市の北部、高松1丁目地内にある池。高松の池(上田堤とも)を中心とした公園。盛岡城構築の頃に治水対策のため築造され、灌漑としての役割は少なく、上田一帯の水田化に利用さ ...

秋田県能代市清助町。能代公園の前身は寛永20年に異国船や漂着物を見張りする能代唐船見張番所が設立された丘陵であり、番人山とも呼ばれていました。公園全体が小丘陵になっており、米代川、日本海、白神山地の風景を臨むことができます。公園内にはソメイヨシノなど約700本 ...

岩手県奥州市胆沢小山。蛸の手親水公園。「蛸の手」が分水工に関連する名前かと思ってしまうのですが、「蛸の手」というのは地名です。小山についてです。胆沢扇状地扇央の東南部、岩堰川中流域に位置。地名の由来は下総国小山城主小山朝政の孫時忠の居城があったことに因む ...

岩手県奥州市胆沢区南都田。国道397号沿い。昭和49~50年の周湟確認調査により、ほり(周湟)をめぐらし、円筒埴輪(後円部の裾に立て並べた)と形象埴輪を飾り、葺石を敷いた典型的な前方後円墳だとわかりました。作られた年代は5世紀の後半から6世紀初め。岩手県では最大最古 ...

秋田県能代市御指南町。井坂公園内。井坂記念館…『この記念館は木都の父井坂直幹を顕彰するために開設しました。井坂直幹は茨城県の出身で、慶応義塾に学んだあと、時事新報社を経て林産商会に入り、明治22年(1889)に同商会能代支店長として来能しました。以後、能代の木 ...

秋田県能代市御指南町。旧井坂邸跡地をもとにして開業したのが井坂公園です。一部のみの紹介です。なお、井坂記念館や御指南神社、日吉神社については別記事にしております。ここは池泉回遊式庭園跡のようです。渠成水到…『井坂直幹先生像は能代公園内に建設されていたが第 ...

岩手県紫波郡紫波町二日町古舘。歩道(階段)もありましたが車で向かいました。なお、私が想定していたよりもかなり広い公園であったため、時間の都合上、一部だけの紹介になります。県内最大規模の城館跡の一つで、中世に当地を支配した高水寺斯波氏の居城跡。斯波氏は足利 ...

岩手県奥州市胆沢南都田本木。国道397号沿い。南都田郵便局隣。要害(止々井館)跡の南東。胆沢扇状地のミニチュアですね。山岳部から見下ろすとこのような感じ。可動していれば面白いと思います。こちらは噴水?可動していなかったのでわかりませんが、ここから水が流れてい ...

黒石市豊岡狼森。もはや冬を気配を感じるような気温になってからの訪問だったので映える写真はありません笑猫が二匹(白黒)いました。しかも人懐っこい。※この猫たち、道路にまで出てくることがあるので車の方はお気をつけ下さい。基本的に白い方が案内してくれます。入口 ...

青森県平川市町居山元。2022年全日程終了直前の10月下旬。コスモス・ダリアシーズン。過去の記事『Garden 大きなくりの木の下で』『Garden大きなくりの木の下で (平川市)』『オープンガーデン 大きなくりの木の下で』ハロウィンかぼちゃが配られていました。1コ100円。休む ...

芦野公園。薬師堂鳥居落成記念碑(昭和55年10月8日建立)この鳥居については過去の記事も参照ください。ちょっとモヤッとするかも知れませんが笑『芦野観音堂 ・ 弘法大師堂 (五所川原市金木町)』この階段のせいで少しモヤッとするんですよね。小祠。この小祠は本来階段の ...

青森県東津軽郡平内町浜子字堀替。夜越山森林公園。夜越山スキー場。平内町観光ガイド。夜越山森林公園。夜越山森林公園案内図。夜越山極樂園という句碑がありました。達筆過ぎて読めませんでしたが。昭和46年両陛下御外遊の10月に建立。裏面には「縄紋文化の跡」と題してそ ...

青森県青森市桂木2丁目。午砲台公園。かつて午砲台の東方には火葬場があり、ドン山には午砲住宅が作られていたようです。国土地理院で1961~1969年、1974~1978年の地図を確認しても何も無いように見えます。ドン山(午砲台跡)。大正9年10月、青森市鍛冶町に住む柏原彦太郎 ...

岩手県胆沢郡金ケ崎町西根。金ケ崎城(金ケ崎要害)町指定史跡…『金ケ崎城は古代からの伝承があり、中世にも北上川中流域で軍事上注目されていた場所とされます。城は北上川、宿内川沿いに自然の谷を利用して二の丸、蔵館、本丸、東館、観音館、大庭の六つの郭がありました ...

八戸市類家2丁目。廣澤寺の近くです。帽子屋敷は源義経が平泉で自害せずに落ち延びたとする「北行伝説」になぞらえて付けられました。郷土史家の故正部家種康氏が八戸各地に残る義経伝説についてまとめた「北の義経伝承」によりますと、義経は信心していた同市類家の類家稲荷 ...

↑このページのトップヘ