くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:寺・神社 (秋田県) > 寺・神社 (鹿角市)

秋田県鹿角市十和田大湯宮野平。黒又山。黒又山(クロマンタ) 山頂に鎮座。由緒書きや調査結果などが数々ありますが、主にクロマンタピラミッド説に関わるものが多いです。入口付近には庚申塔、下部に三猿が彫られている碑、奉修蛇王大権現碑(昭和58年11月6日・願主柳沢悦 ...

秋田県鹿角市十和田大湯狐崎。大湯古館の境くらいに鎮座。ちょっと悩ましいのが鳥居の額束の「木」の字の一部が消えており、「下」にも見えるということ。近くに本宮神社があるので下ノ宮神社なのかなって思いましたが。なお、裏側には「平成29年3月吉日風張自治会」とありま ...

秋田県鹿角市十和田大湯下ノ湯。下から見た薬師神社。下の湯共同浴場前から上ります。途中に相馬大作壮図の碑(別記事)があります。標柱「薬師神社参道入口」より…『下ノ湯は文明年間(1469-87)すでに共同浴場があり、また、幕末には、南部公専用の御留風呂が建っていた。 ...

秋田県鹿角市十和田大湯。ちなみに向かいに「大湯のお社」という神社が鎮座しています(参道入口は県道66号線沿い)。大湯稲荷神社については由緒等を調べておりません。大湯城址及び大湯新城稲荷神社に関連するものかも不明。小祠です。棟札が2枚見え、1枚は稲荷神社の棟札 ...

『大湯城跡(大湯新城稲荷等)』からの続きです。新城・館っこを通り、きよさんの清姫神社へ。入口の鳥居は小祠に対して反対側になります。標柱には特に何も説明がありません。小祠前の鳥居。清姫神社。長慶天皇の御子である寛光親王(※行岳山西光院(青森市浪岡北中野天王 ...

『大湯城跡(大湯新城・鹿角市)』からの続きです。写真では森の中を散策しているように思えるかも知れませんが…実際にそうなんですが…案内板や標柱が多いので、方向音痴の私でも比較的分かりやすい城跡でした。本丸付近の土塁。大手門跡。大湯城大手門跡…『登り口に「枡 ...

秋田県鹿角市十和田大湯和町。大湯城跡。大湯村についてですが、鹿角由来記によりますと「大湯村、大湯左衛門家来領知。本名奈良の惣領也。嫡子四郎左衛門、二男治郎左衛門、三男彦左衛門。右四郎左衛門天正十九年の九戸へ一味仕り、生捕られ、九戸と一処に三迫にて切腹。治 ...

秋田県鹿角市十和田大湯。大湯城址の上館坂と下館坂の間に鎮座。かつての大湯村。戦国期に見える村名。陸奥国鹿角郡のうち。鹿角由来記によりますと「大湯村、大湯左衛門家来領知。本名奈良の惣領也。嫡子四郎左衛門、二男治郎左衛門、三男彦左衛門。右四郎左衛門天正十九年 ...

秋田県鹿角市十和田大湯。秋田県鹿角市大湯温泉にある名刹、普門山大圓寺。御本尊は摩訶迦葉尊者、釋迦牟尼仏、阿難尊者。かつての大湯村。戦国期には見える村名で、鹿角由来記には「大湯村、大湯左衛門家来領知。本名奈良の惣領也。嫡子四郎左衛門、二男治郎左衛門、三男彦 ...

秋田県鹿角市十和田末広上屋布。神田部落。Googleでは「稲荷神社」「産土稲荷神社」、一之鳥居の額束には「産土神社」、神田部落案内図では「千手観音」とあります。いずれも間違いではありません。御祭神は倉稲魂命。例祭日は5月17日。寛文2年5月創建。明治元年神田村にて再 ...

秋田県鹿角市花輪上花輪。谷地田町地区。曹洞宗鳳林山長年寺。鹿角三十三観音霊場六番札所。花輪南部氏の菩提寺。開基は九戸政実の舎弟康実。中野氏(文政元年以降南部氏と称す)の菩提寺として、延宝2年同氏の花輪入部とともに、もと長福寺城に建立。加賀国金沢龍光山宗徳寺 ...

鹿角市尾去沢軽井沢。史跡尾去沢鉱山方面。社号標。裏面碑文「昭和十三年十月遷座」。参道。灯籠三対(昭和13年10月)。参道赤松。狛犬一対(石工:花輪町田中清一)。紀年銘は蜘蛛の巣が邪魔で読み取り断念。御祭神は大山祇命、金山彦命、豊受姫命、天之鈿目命、照皇大神、 ...

『尾去沢鉱山(鹿角市)』からの続きです。尾去沢鉱山学校1年くま組鉱太。坑道内は年間を通じて気温13度です。夏場でも上着やバスタオル等を持って見学してくださいとのこと。実はこの日は猛暑日。つまり尾去沢鉱山に来た最大の理由は「涼しい所に行きたかった!!」…ってこ ...

土深井裸まいり(市指定無形民俗文化財)で有名です。江戸時代初期、米代川の洪水により田畑が流され、疫病流行したことから、厄除けや悪病退散を願って冷水で身を清め、稲荷神社に祈願したのが始まりと伝えます。隔年旧暦1月19日に行われていましたが、近年は2月第3日曜日に ...

秋田県鹿角市八幡平上苗代。近くには曹洞宗護法山延命寺や谷内館跡があります。鳥居の周囲からは四つ葉の声がたくさん聞こえます。四つ葉・五つ葉・六つ葉コラボ!縁結びの神様の前なので縁起がいいですね。皆さまにも幸あれ!さて、鹿角八坂神社は、かわいい御朱印を求めて ...

秋田県鹿角市八幡平谷内。鹿角三十三観音霊場第十五番札所(谷内観音堂)。公式HP及びwikipediaより…『古来より谷内観音堂と呼ばれ親しまれていた。二度火事により、正しい記録は燃えてしまって不明だが、境内にある板碑は少なくとも七百年以上前に作られたものであり、谷内 ...

秋田県鹿角市十和田大湯腰廻。かつての境内は鎮守の森といった感じであったと思われますが、境内に木々は伐採されており、切り株のみが残されていました。かつての腰廻村。陸奥国鹿角郡毛馬内通のうち。南部藩領。「邦内郷村志」によりますと、蔵入高27石余、給分采地36石余 ...

秋田県鹿角市十和田毛馬内高田と毛馬内森崎の境に鎮座。毛馬内稲荷神社ではございません。近くには鹿角市立毛馬内保育園がございます。毛馬内村は「南部家系譜」に「毛馬内靫負領知奥州鹿角郡毛馬内郷。天正13丁酉年11月10日卒六十五歳」とあるのが初見史料。「鹿角由来記」 ...

秋田県鹿角市尾去沢仁兵エ平。別所川を橋で渡ります。庚申塔。1枚目の写真の巨木の下にあります。ちゃんと見ていませんが、向かって左はたぶん安政7年、右が大正11年。最初に鳥居を見た時、まさか後ろの山の頂上まで行くのでは!?と思いましたが鳥居からすぐでした。鹿角は ...

『幸稲荷神社(鹿角市)』からの続き。秋田県鹿角市花輪稲荷川原。花輪の総鎮守。産土神社。御祭神は豊受姫命、猿田彦命、天宇都女命。例祭日8月16日。境内神社として駒形神社、八幡神社、龍神社があります。特殊神事として神幸太鼓・花輪囃子(朝詰)があります。鎌倉時代の ...

一之鳥居(組丁の赤鳥居)。幸稲荷神社の参道入口になります。花輪ばやしの際には赤鳥居詰パレード(赤鳥居行事)が行われます。花輪ばやし最後の神事のサンサを行い、神様を遥拝する場所になります。赤鳥居は御同心組丁と呼ばれた武家屋敷があった地域にあります。案内板「 ...

↑このページのトップヘ