くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:自然 > 青森県内

奥入瀬渓流。遊歩道。遠くに銚子大滝が見えてきました。佐藤春夫の詩碑(昭和28年建立)。案内板後方にある天然石に刻まれていますが苔で読み取れません。「奥入瀬谿谷の賦」佐藤春夫…『瀬に鳴り渕に咽びつゝ奥入瀬の水歌ふなりしばし木陰に佇みて耳かたむけよ旅人よ うれし ...

奥入瀬渓流。ずっと眺めていられます。九段の滝へ。木道が整備されており、近くで見ることが可能です。長い歳月により複堆な地層が侵食され、階段状に削られた岩肌を滑り落ちるかのように水が流れていく落差15mの滝です。水量は多くありませんが美しい滝です。苔チェック。『 ...

トモシラガの滝と読みます。周辺の滝。共に白髪の生えるまで、夫婦が末永く幸せに生きられるようにとの想いから名付けられたようです。白髪って若い頃に想像していたイメージを大きく裏切るような年齢で生えてきますよね笑『十和田八幡平国立公園 ・ 十和田湖』『五両の滝( ...

奥入瀬渓流。遊歩道を歩いています。このエリアは、不老の滝、双白髪の滝、白糸の滝、白絹の滝と併せて4つの滝を一望できることから「一目四滝」と言われています(※季節によります)。苔チェック。遠くに見えるのは不老の滝。落差(約35m)が最も大きい滝になります。加え ...

奥入瀬渓流にある雲井の滝です。紹介するのは2度目です。滝壺近くまで散策路も整備されており、滝のすぐ近くまで行くことが可能です。『森林に囲まれた断崖から三段になって落下するこの滝は、高さ20m、水量も豊かで渓流沿いにある滝のなかでもみごたえのある滝の一つである ...

奥入瀬渓流の白布の滝。生い茂る木々の向こう側に見える白布の滝。空から舞い降りた天女が白絹を垂らしたように見えることから名付けられた美しい滝です。落差約30m。奥入瀬渓流館にて白布の滝より美しいソフトクリーム。奥入瀬ビールカレー(テイクアウト)が半額でした!『 ...

奥入瀬渓流。馬門岩です。馬門岩は以前に紹介しております。遊歩道沿いを歩いております。馬門橋上流に阿修羅の流れがあります。のどかに流れる渓流や美しく流れ落ちる滝が多い奥入瀬渓流において、とても激しい渓流を見ることができる場所です。阿修羅の流れの付近には九十 ...

寛政4年の地震で隆起したと伝えられる海岸段丘面。物珍しがった津軽藩の殿様が、そこに千畳畳を敷かせ大宴会を開いたとされることからこの名が残ります。藩政時代には殿様専用の避暑地で庶民は近付くことが許されなかったといいます。千畳敷の平らな部分の岩は明白緑色、付近 ...

弘前大学医学部医学科。大黒松小公園内。大黒松小公園の「大黒松」の由来として『弘前大学医学部三十年史』に次のように書かれています。「あの松の下で、ある老人が『○○が殿様から功により五十石加増の話があった時、加増より松が欲しいと申し出て頂いたものだ。それで五 ...

くろくまの滝駐車場にある「青森県砂防発祥の地」の碑(青森県知事北村正哉)。裏面碑文…『赤石川は、世界遺産に登録(平成5年12月)された白神山地の山々に源を発し、津軽沢、恩愛沢など、大小80余の支川を合流した後、鰺ヶ沢町赤石地内で日本海に注ぐ流域面積179.9km、流 ...

青森県下北郡佐井村佐井。願掛岩は流紋岩。中磯谷層中に貫入した流紋岩が浸蝕に対する抵抗力の違いから取り残されてできたもので、比高約100mの岩体には見事な柱状節理が発達しています。付近には佐井村願掛公園、願掛公園キャンプ場、矢越八幡宮がございます。パンフレット ...

北津軽郡中泊町大字小泊。小泊港の神明宮から東北自然歩道(権現崎遊歩道)を歩きます。旧大湊海軍警備府小泊防備衛所跡まで行きたいのですが、出発が遅かったので行けるところまで行ってみます。山手コース(約5.6km・120分徒歩)と海岸コース(約4km・100分徒歩)の2種類が ...

前回はコスモスシーズンに伺いました。今回はローズシーズン。写真は相変わらずノー編集&ノー加工です。以前の記事:『Garden 大きなくりの木の下で』オープンガーデンの詳細な情報は以下のリンクでご確認ください。ブログ『***大きなくりの木の下で***NONとTONのガーデンづ ...

少し離れている赤沼を除く六沼(蔦沼と小湖沼群=鏡沼、月沼、長沼、菅沼、瓢箪沼)の紹介です。沼めぐりの小路(約2.9km、ゆっくり歩いて約1時間半)です。野鳥の小路(約860m、ゆっくり歩いて約26分)も紹介しません。蔦温泉から反時計回りで最初に蔦沼を目指します。湖沼 ...

青森県十和田市法量焼山の奥入瀬渓流温泉スキー場。斜面横にある神社は昨年紹介した十和田湖温泉神社です。『十和田湖温泉神社 (十和田市)』奥入瀬渓流温泉スキー場は2020年4月、観光客へのPR強化を目的に、十和田湖温泉スキー場から改名。ゲレンデの斜面(山の中腹から麓 ...

その美しさから紅葉の名所、京の嵐山にちなんで、小嵐山とも呼ばれる中野もみじ山。弘前藩主が京都から百本あまりのもみじを移植したのが始まりとされ、山一面を彩る紅葉は人々を魅了します。イザベラバードも「ここは非常に美しく、秋には無数のカエデが緋色や深紅に色を付 ...

以前の記事『乳穂ヶ滝氷祭』『乳穂ヶ滝 & ガマ石』案内板「ガマ石 乳穂ケ滝」より…『樹齢300年を超える杉の大木に囲まれた境内、落差33mから一条の滝が落下している。その岩下に不動尊がまつられ、この御堂は建立不明とされている。この滝が古来から津軽の作物豊凶占いの手 ...

岩手県岩手郡雫石町丸谷地。桜の時期ではございませんが、それでも美しい風景だと思います。一本桜。桜の時期ならばこんな感じ(※案内板の写真)。案内板より「雫石十四景 小岩井農場の一本桜と岩手山」…『雄大な岩手山を背景に小岩井農場の緑の大地に立つ一本桜。明治40年 ...

こちらは蛇王神社に向かう道中にちょっとした墓所があり、その付近に鎮座していた龍神宮です。龍神宮内。中央に神像と棟札、右に小祠がありました。詳細までは見ていません。龍神宮横にあった妻ノ神の石碑(昭和11年1月吉日・椛本ソノ建立)。龍神宮から更に少し進んだ場所に ...

黄檗宗宝厳山法眼寺。詳細は以前の記事も参照ください。『宝厳山 法眼寺 (黒石市)』法眼寺境内にある黒石市指定文化財…『〇法眼寺開山堂(市指定有形文化財・平成4年7月7日指定)南宗元頓を祀った一間四方の小規模な建物であり、当時は「赤御堂」と呼ばれていた。内部には ...

黒石市の東公園(黒石市柵ノ木2丁目)へ。東公園敷地内にある全国第1位・2位のポプラの巨木を見に行ってきました。 東公園さくら山の姉妹ポプラ。樹齢はともに約150年で、高さ約25m、幹周は1本が6.56メートル。30メートルほど離れて6.47メートルのポプラが1本。5月末頃から ...

↑このページのトップヘ