くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:自然 > 青森県内

青森県十和田市相坂白上。相坂西端。青森県産業技術センター内水面研究所付近。白上名水広場。白上公園は古くから桜の名所として知られており、牛の主をするという伝説を残す池の水は冷たく清冽で、ひっそりと杉の老樹の影をうつしながら湧き続けています。湧水の周囲は白上 ...

青森県平川市唐竹。渾神の清水。以前にも紹介しているので詳細は省略致します。『渾神の清水 (平川市唐竹)』『阿蘇神社 (平川市唐竹)』こちら石碑も以前紹介していますね。薬師如来と大黒様。「霊泉」(昭和57年5月1日(旧4月8日)建立、渓水謹書)。葛西松露句碑「はな ...

青森県八戸市売市馬場河原。売市村が記録の登場するのは江戸時代初期の元和4年で、「売市」「新屋村」「あら屋」とあり、根城南部氏の知行地でした。寛文4年に八戸藩領となり、八戸廻に属します。八戸城下の西端を出て売市堤・沢里堤を越えた街道はあらや(荒谷)の南端で北 ...

北金ヶ沢の大銀杏。遠くからでも輝いております。ビッグイエロー2020(11月12日~29日(16:30~20:30))。ちなみに雨が降っております。寒い!でも人はたくさんいました。樹齢1000年以上の鎌倉時代の老木。高さ31m、幹周22mと日本一巨大なもの。全ての樹種の中でも日 ...

中野もみじ山が混んでいたので、勢いで城ヶ倉大橋まで行くも、あまりの寒さにすぐ退散して…浄仙寺へ。以前の記事。『浄仙寺 (黒石市)』『黒森山 浄仙寺 (黒石市)』紅葉。紅葉を楽しむも…最大の目的は…松楓亭のコーヒーと揚げたてドーナッツ。こちらも結構混んでいたの ...

2020年10月下旬。城ヶ倉大橋。約120mの高さから望む、ブナ、ナラ、カエデ、ダケカンバが彩る渓流の紅葉。城ケ倉渓流。市街地と違って、風が強く、雨も降ってきて…傘も無意味!冬のような寒さだったのですぐに退散しました。  ...

青森県黒石市大字上十川長谷澤二番囲。長谷沢の上流地域の通称「獅子が沢」と呼ばれる場所。獅子が沢のしし石の近くです。上十川地区から黒森山、大川原方面に向かう大川原林道途中の湧水。主に地元住民をはじめ、山菜やキノコのシーズンに入山者が利用しているそうです。喉 ...

青森県上北郡おいらせ町東下谷地。近くにはおいらせ町みなくる館や大山将棋記念館があります。十五世名人大山康晴氏には一度お会いしたことがあるんですよね。関連記事『日本一の自由の女神像(いちょう公園)』不動明王鳥居。日本一の大いちょう…『樹齢1100年以上(町文化 ...

近くまで行くことが可能ですが足場はあまり良くありません。落差約15m。万両の流れ、千両岩、百両橋、五両の滝の4つをあわせて、「壱万壱千百五両の眺め」と名付けられており、それほど価値がある美しさといわれます。苔チェック。こちらは近くにある獅子岩です。道路沿いに ...

奥入瀬渓流。遊歩道。遠くに銚子大滝が見えてきました。佐藤春夫の詩碑(昭和28年建立)。案内板後方にある天然石に刻まれていますが苔で読み取れません。「奥入瀬谿谷の賦」佐藤春夫…『瀬に鳴り渕に咽びつゝ奥入瀬の水歌ふなりしばし木陰に佇みて耳かたむけよ旅人よ うれし ...

奥入瀬渓流。ずっと眺めていられます。九段の滝へ。木道が整備されており、近くで見ることが可能です。長い歳月により複堆な地層が侵食され、階段状に削られた岩肌を滑り落ちるかのように水が流れていく落差15mの滝です。水量は多くありませんが美しい滝です。苔チェック。『 ...

トモシラガの滝と読みます。周辺の滝。共に白髪の生えるまで、夫婦が末永く幸せに生きられるようにとの想いから名付けられたようです。白髪って若い頃に想像していたイメージを大きく裏切るような年齢で生えてきますよね笑『十和田八幡平国立公園 ・ 十和田湖』『五両の滝( ...

奥入瀬渓流。遊歩道を歩いています。このエリアは、不老の滝、双白髪の滝、白糸の滝、白絹の滝と併せて4つの滝を一望できることから「一目四滝」と言われています(※季節によります)。苔チェック。遠くに見えるのは不老の滝。落差(約35m)が最も大きい滝になります。加え ...

奥入瀬渓流にある雲井の滝です。紹介するのは2度目です。滝壺近くまで散策路も整備されており、滝のすぐ近くまで行くことが可能です。『森林に囲まれた断崖から三段になって落下するこの滝は、高さ20m、水量も豊かで渓流沿いにある滝のなかでもみごたえのある滝の一つである ...

奥入瀬渓流の白布の滝。生い茂る木々の向こう側に見える白布の滝。空から舞い降りた天女が白絹を垂らしたように見えることから名付けられた美しい滝です。落差約30m。奥入瀬渓流館にて白布の滝より美しいソフトクリーム。奥入瀬ビールカレー(テイクアウト)が半額でした!『 ...

奥入瀬渓流。馬門岩です。馬門岩は以前に紹介しております。遊歩道沿いを歩いております。馬門橋上流に阿修羅の流れがあります。のどかに流れる渓流や美しく流れ落ちる滝が多い奥入瀬渓流において、とても激しい渓流を見ることができる場所です。阿修羅の流れの付近には九十 ...

寛政4年の地震で隆起したと伝えられる海岸段丘面。物珍しがった津軽藩の殿様が、そこに千畳畳を敷かせ大宴会を開いたとされることからこの名が残ります。藩政時代には殿様専用の避暑地で庶民は近付くことが許されなかったといいます。。千畳敷の平らな部分の岩は明白緑色、付 ...

弘前大学医学部医学科。大黒松小公園内。大黒松小公園の「大黒松」の由来として『弘前大学医学部三十年史』に次のように書かれています。「あの松の下で、ある老人が『○○が殿様から功により五十石加増の話があった時、加増より松が欲しいと申し出て頂いたものだ。それで五 ...

くろくまの滝駐車場にある「青森県砂防発祥の地」の碑(青森県知事北村正哉)。裏面碑文…『赤石川は、世界遺産に登録(平成5年12月)された白神山地の山々に源を発し、津軽沢、恩愛沢など、大小80余の支川を合流した後、鰺ヶ沢町赤石地内で日本海に注ぐ流域面積179.9km、流 ...

弘前市大字小栗山芹沢。多目的運動広場。かつては土グラウンドのサッカー場だった気がするのですがゴールもありませんでした。野球用のバックネットはありました。ゲートボール場と東屋。ゲートボールが行われているような感じはありませんでした。円筒分水工のようなものが ...

青森県下北郡佐井村佐井。願掛岩は流紋岩。中磯谷層中に貫入した流紋岩が浸蝕に対する抵抗力の違いから取り残されてできたもので、比高約100mの岩体には見事な柱状節理が発達しています。付近には佐井村願掛公園、願掛公園キャンプ場、矢越八幡宮がございます。パンフレット ...

↑このページのトップヘ