くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:自然 > 岩木山

『現在の主要地方道弘前・岳・鰺ヶ沢線約45kmは、弘前と鰺ヶ沢を結ぶ山岳観光道路であるが、かつては百沢街道と呼ばれ、藩政時代には弘前から領内各地及び他国に連絡する街道の一つで、西浜街道と共に弘前城と西海岸地方を結ぶ重要な街道でありました。百沢街道は、弘前城の ...

岩木山登山道長平コースの道中にあります。なお、登山道入口となる「ロックウッド ホテル&スパ」・「青森スプリング・スキーリゾート」から長平八十八ヶ所手前の石神大神(石神様)までの道中に関しましては、『石神様(石神神社・岩木山長平コース)』の記事を参照ください ...

『石神様(石神神社・岩木山長平コース)』からの続きです。石神様奥院の鳥居です。鳥居の横に登山道。ここから登山道を少し登れば長平八十八ヶ所があります。長平八十八ヶ所につきましては『長平八十八ヶ所(岩木山)』の記事をご覧下さい。鳥居の横に巨石。巨石に埋め込ま ...

岩木山登山道長平コースの道中にあります。登山道は長平コースで、登山口は「ロックウッド ホテル&スパ」・「青森スプリング・スキーリゾート」になります。ちなみに私は登山道の途中(長平口)まで車で行こうと思っていたのですが、何やら「北のドレコン」というイベントが ...

『岩木山(8-9合目)鳥海山』、『岩木山山頂』からの続きです。標高1,625m。岩木山は津軽国定公園にあり、「津軽富士」と呼ばれ、また青森県で一番高い山として古くから人々に親しまれてきました。この日は快晴でしたが眺望はありませんでした。雲一つない快晴といえども山頂 ...

『岩木山(8-9合目)鳥海山』からの続きです。9合目から山頂を目指します。皆さん朝早くから頑張っておられます。周囲の風景。皆さんきちんとした格好ですが私はかなり軽装です。絶対に真似しないで下さい。山をなめたらいけません。噴火するかも知れないし!ちなみに登山中 ...

津軽岩木スカイライン(全長9.8km、69カーブ)。昭和40年8月25日開通。岩木山の8合目まではこのスカイラインを使って車やバスで行くことが可能です。8合目のIWAKI1625へ。桜ミク。スカイライン&リフトの上空写真と高山植物。岩木山の代表花は5月下旬-7月下旬に見られるミチ ...

4月21日。新町坂上からの岩木山です。 関連記事 『新町坂 (荒町坂・弘前市)』 『新町・先達ヶ淵 (弘前市)』 ...

お花見。岩木山の麓、桜林公園(弘前市百沢東岩木山)です。 訪れたのはゴールデンウィーク後半。桜はほぼ散っていました。 花より団子。 ...

『阿闍羅行者修行の径・一番休み(阿闍羅山 / 大鰐町)』 『行者・二番休み(大鰐町)』 『行者・三番休み(大鰐町)』 三番休みから上ってくると最初に見えてくるのが一の鳥居。 これが一の鳥居なのか、現在これだけが残っているのは不明ですが。 笠木部分は下に落ち ...

森山は津軽カントリークラブの横にある小さな山です。小森山(標高325m)と森山(標高403m)がありますが森山の方。 ミズナラ、イタヤカエデなどを主とした夏緑広葉樹林となっており、また、カタクリ、シュンラン、ホタルカズラなどの群落があります。特にカタクリの花を見 ...

県道30号線沿い。追の沢マス釣場の近くです。 土風里の森、百笑宮。Laugh and grow fat! リンゴのオブジェ。 「一願成就」碑。平成18年9月吉日寺島忠義建立。 案内板…『宇宙と地球にルーツを持ち波動のパワーストーンが存在する山、世人の幸福と幸運の願いを叶え導く ...

遺跡は藩政時代の灌漑用溜池の中に水没しております。冬から夏は見ることができませんが、夏から秋にかけて姿を現すそうです…って、夏なんだけど!(笑)秋に行けば確実ですね。 この日は晴れていたのに、着いた瞬間に車から降りれないほどのスコール!もちろん岩木山も見る ...

旧相馬村より。今回は昔話とともにお送りします。 岩木山ははじめアソベの森という小さい森でした。ここに鬼が住むということが都に聞こえて、篠原の国司花の長者の御子で花若麿という人が、熊野・住吉・天王寺の御夢想により、津軽へ下り奥州勢を集めて鬼神を平らげました ...

弘前市相馬字野脇の羽根山農村公園より。 10月14日朝、平年より7日早い初冠雪。 残念ながら雲が…。 ...

増館村。 御祭神は誉田別命。 地内宮元の八幡宮は北畠氏の建立。旧羽州街道沿い。 天正6年(1578)に当村に移ったという説と、寛文5年(1665)に村中にて創建されたという説があります。天正年間に北畠大納言落城に際し、その後増舘にて信仰したとあります。 ※「寛文五 ...

↑このページのトップヘ