くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:遺構・遺跡・痕跡・城址・廃墟・碑等 > その他青森県内

弘前大学文京キャンパス内。弘前大学山岳部と弘前大学医学部山岳部の学生、OBがヒマラヤなどの未踏の山に挑戦し、世界初登頂や新ルートの開拓など数々の実績を残してきました。平成16年10月10日にこの世界に誇るべき快挙を後世に残すため、弘前大学山の会、弘前大学医学部山 ...

現在の弘前大学北溟寮のある土地は、もともと「りんごの神様」と言われた外崎嘉七氏(安政6年~大正13年)の農園地「向陽園」があった場所です。外崎氏は、りんごの袋かけを考案し、病害虫による青森県りんごの生産の危機を乗り越えました。また、ボルドー液散布による殺菌、 ...

平成18年10月7日、弘前大学北溟寮の新寮築40年を記念し、06前期北溟寮寮務委員会により記念碑が建立されました。北溟寮は、昭和24年5月31日、新制弘前大学が設置されたとき、その母体となった5つの旧制学校のひとつ旧制弘前高等学校の学生寄宿舎を引き継いだもので、大正11年 ...

青森県下北郡佐井村佐井。願掛岩は流紋岩。中磯谷層中に貫入した流紋岩が浸蝕に対する抵抗力の違いから取り残されてできたもので、比高約100mの岩体には見事な柱状節理が発達しています。付近には佐井村願掛公園、願掛公園キャンプ場、矢越八幡宮がございます。パンフレット ...

弘前大学文京キャンパス内。故加藤謙一氏は、青森県立弘前中学校(現県立弘前高等学校)を経て、大正5年(1916)に青森県師範学校(現弘前大学教育学部)に入学。大正6年に同校を卒業し、市内の富田尋常小学校(現弘前市立大成小学校)に奉職。その後、職を辞して上京。大正1 ...

青森県平川市小国深沢。青森県道282号小国本町線沿い。位置的には津軽高原ゴルフ場の西橋、阿蘇ヶ岳寄り。ほぼ津軽高原ゴルフ場内です。第10ホールの奥。左小国道、右山道。紀年銘は明治19年。下部は苔生しており、読み取れず。標柱「追分石(平川市指定文化財)」より…『明 ...

弘前大学文京キャンパス内。以前にも紹介した大本営跡の碑。昭和15年(1940)8月1日建立。以前よりも碑の周囲が鬱蒼としており、目立たなくなっていました。明治31年10月10日、現在の農学生命科学部と理工学部の建物がある敷地に陸軍第8師団司令部が開設。碑は大正4年に大元 ...

大木平小中学校善光寺平分校跡地隣りに古びた木造のカトリック教会「善光寺平カトリック教会」があるとの情報を得たため、確認しに行ってきました。なお、マリア清水の由緒として、「八甲田山の南、標高約700㍍地点にある善光寺平は人参、大根、キャベツなど高冷地野菜の産地 ...

平成29年8月に閉店した弘前市元寺町の津軽塗製造・販売業「田中屋」跡地。創業120年の歴史がある店舗建物(趣のある建物)を利用し、外観などは可能な限り保持した上で、既に同市の別会社が新たに津軽塗製品販売店の運営に当たることが決定しております。ってことで、今だけ ...

青森県平川市大光寺一滝本。六羽川沿い。大光寺児童公園や清藤家庭園からほど近い場所。清藤家庭園。大光寺温泉の看板が目印。但し、閉館しているのでいつまで残っているかはわかりません。大光寺温泉から六羽川沿いを歩いて行きます。六羽川沿いを渡ります。藤先寺2世察庵玄 ...

青森県弘前市小栗山山下。デイリーヤマザキ弘前小栗山店、白馬龍神温泉付近。明治9年創設。明治25年磨光簡易小学校から磨光尋常小学校に改称。明治26年松木平から小栗山に磨光尋常小学校が新築移転。大正12年清水森・大和沢尋常小学校を合併吸収し、千年尋常小学校となり、そ ...

平川市新館駒泊。あしげ堤親水公園(みどりの広場)付近。唐竹から広船に向かう途中。標柱のみの紹介です。遺跡からの出土品等は平川市郷土資料館に展示されています。『昭和58年、町教育委員会の発掘調査により、弥生時代の住居址三軒と墓壙が発見された。墓壙からは壺型土 ...

青森県南津軽郡田舎館村大字高樋。弘南鉄道田舎館駅前。案内板は消えており全部は読み取れませんが、『津軽の中央部田舎館村の垂柳遺跡から弥生時代のものとしては日本最北の水田跡が発見されました。このことは日本農業史にとって画期的なことで、わが田舎館村の先人…』と ...

『現在の主要地方道弘前・岳・鰺ヶ沢線約45kmは、弘前と鰺ヶ沢を結ぶ山岳観光道路であるが、かつては百沢街道と呼ばれ、藩政時代には弘前から領内各地及び他国に連絡する街道の一つで、西浜街道と共に弘前城と西海岸地方を結ぶ重要な街道でありました。百沢街道は、弘前城の ...

日本廻國納經供羪塔は、青森県十和田市大字深持柳原と大字深持谷地の境ほどにあります。御瀧大龍神(板ノ沢神社)からも近い場所です。すぐ近くに若佐大明神もあります。「廻国奉納経帳」は、大空という巡礼修行者が、文政3年から12年にかけて全国各地の寺社から受けた236枚 ...

若宮八幡宮の前方の田んぼに九戸亀千代が斬殺された場所があります(亀千代惨殺場所には三ノ迫、村松の蒲生陣内ほか、「田子照夫家文書」や伝承に田子町佐羽内が挙げられています。)。それでは早速事件がおきた現場に向かってみましょう。レポーター風。九戸亀千代斬殺の場 ...

青森県むつ市田名部斗南岡。斗南藩史跡地(斗南ヶ丘市街地跡)からも近い場所です。旧斗南藩墳墓の地…『明治元年9月、朝敵の汚名を着せられたまま廃藩となった会津藩は、翌明治2年9月、太政官より家名再興の沙汰をいただき、同年11月松平容大公(数え年2歳)をもって陸奥国 ...

青森県むつ市田名部斗南岡。斗南ヶ丘はむつ市最花地区にある丘陵地。下北半島頸部の中央低地帯東部に位置する台地の南部。北と西を田名部川・新田辺川、東をその支流青平川に囲まれます。標高20-30mで南西の陸奥湾に向って傾斜。基盤は新生代新第三紀の砂質凝灰岩を主としま ...

青森県むつ市旭町。むつ運動公園のテニスコート付近にある山林の中にひっそりと鎮座。明和4年勧請。田名部町の旧家山本家の先祖7代市朗兵衛が、この地域の開墾を始めた頃、市朗兵衛が五穀豊穣と農民の無病息災を祈願して建立したものと考えられています。社殿。昭和46年に再 ...

青森県むつ市大湊新町。大湊ホタテセンターの裏。大湊湾に面しています。明治元年、激戦の末に会津戦争に敗れた会津藩は廃藩となり藩主松平家は改易となり、多くの藩士が謹慎処分となりました。明治2年に松平容保(会津藩9代藩主・会津戦争を指揮)の嫡男容大に松平家の家名 ...

青森県むつ市新町。曹洞宗吉祥山円通寺。恐山菩提寺の本坊。御本尊は釈迦如来。室町時代後期の大永2年(1522)、南部氏の援助により曹洞宗の僧聚覚によって創建(下総国東昌寺末寺として東昌寺3世覚翁能正の弟子宏智聚覚の開山)。聚覚和尚は享禄3年(1530)に恐山菩提寺を再 ...

↑このページのトップヘ