くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:遺構・遺跡・痕跡・城址・廃墟・碑等 > 城址・館址

南津軽郡大鰐町八幡館沢田。古文書では南八幡林長根道湯沢に八幡宮があり、その八幡宮が古ヶ館(現在地、以前は蝦夷館と推定。古ヶ館の由来は不明)に鎮座し、八幡宮と古ヶ館を合わせて八幡館村になったと推定。出土する土石器から推定すると先住民が居住していたことは明ら ...

大鰐町森山。鯖石の西方。森山村河時謌館(東館・一条殿・鎌倉時代後期の山城)の森山八幡宮を探しに来ました。森山東館から奥羽本線を越えます。森山の板碑がある墓所。なお、写真によって天気が異なりますが、3度にわたって探索しているためです。まずはこちらの写真(河時 ...

弘前市石川大仏。大仏ヶ鼻の西南に寺屋敷と呼ばれる古い山城跡(由緒不明)があり、東南の高部に梵応塚があります。※現在の森山字鶉長根の丘陵畑は館跡であり、石川館に繋がる場所で、河侍謌(河時謌)館の北方に位置。大仏公園(大渕ヶ鼻城跡)の第一駐車場から歩いていき ...

五戸町扇田野沢。浅水川の河岸段丘上。浅水城から約3km下った南岸丘陵であり、国道4号がなければ互いに見通せる距離になります。鳥居。鳥居神額「正一位稲荷神社」御神木。境内にはスギのほか、コナラ、ハリギリといった町天然記念物もありますが、城主が盛岡に帰った後に植 ...

土崎神明社に隣接する土崎街区公園内。古くは安東氏の居城湊城があった地とされ、湊城の廃城後、その中心部は土崎神明社となり、現在では隣接して土崎街区公園があります。湊城の遺構はほとんど残っていません。蒸気機関車D51-370。昭和15年日立製作所笠戸工場製、昭和47年廃 ...

平川市長田沼田。五日市は大光寺跡の北方2km、引座川沿いの河岸段丘上にあり、現在はリンゴ園になっているといいます。南北に狭く東西は約1kmで、面積にして六町歩。安倍氏の後裔で蝦夷管領となった安東氏の一族が大光寺五日市に城館を構築。前回の記事:『五日市外館跡 & ...

平川市館山下扇田。陸奥エゾ館跡。からんころん温泉の近くです。東側が六羽川に近接し、他の三方は水田となり、近年の水田基盤整備によって平面化され、比高は約2m。遺構の残る面積は約1.5㌶ですが、現在は野菜畑とりんご畑になっているそうです。やや中央部には人工堀跡と思 ...

南津軽郡大鰐町唐牛館ノ上。「館ノ上」という地名が気になったので散策してみました。唐牛村には中世唐牛城の城跡があります。唐牛城は室町時代の応永年間と思われる築城から天正6年滅亡と推定される遺跡があるそうです。昭和60年に土地所有者が土取りをするとのことで、大鰐 ...

十和田市大字沢田字大反。参道は稲荷神社横にもあります。こちらは稲荷神社横の参道。正面鳥居。額束「澤田八幡宮」。こちらは正面参道。いずれの参道も両脇に真っ直ぐ伸びる巨木が美しいです。参道石灯篭二対(大正7年9月15日・明治31年旧7月15日)。正面参道の場合は下のよ ...

『脇本城跡(男鹿市)』からの続きです。男山・屋敷跡。本当に広大でどういう順路で進めばいいか悩みますね。とりあえず内館標柱へ。空堀。内館跡標柱。『ここは内館と呼ばれており、館跡内には大土塁・井戸跡・館神堂跡などがある。』・『下方の道路は、脇本城下から船川・ ...

秋田県男鹿市脇本。生鼻崎(脇本七沢)付近。海に突き出た生鼻崎の上、海抜100m前後の丘陵地に広がる中世の城跡。脇本城(国指定史跡)は古くから男鹿半島を掌握する要害の地(創建時期は不明)で、安土桃山時代の天正5年(1577)に、檜山、湊の両安東氏を統一した安東氏の一 ...

現在、花輪小学校の建つ花輪館と桜山公園となっている北館の館下になっている横町・袋丁は、組丁にかけて近世に武士居住地である内町を形成していました。横町は、南北に長い鹿角街道沿いの本町通りから、直角に横に入る町割りによっておこった名といわれています。袋丁は、 ...

秋田県鹿角市花輪荒屋敷。櫻山護國神社。桜山地区公園内鎮座。花輪館北館になります。憩いの場として親しまれている園内はソメイヨシノの隠れた名所。ソメイヨシノ200本は見事。「桜山神社」案内板…『一、御祭神(一)南部家藩祖…南部三郎光行公(源姓大明神)(二)中興の ...

上の写真は館坂(舘坂・タテ坂)の坂上(二の丸方面)。下の写真は坂下(搦手口・本勝寺方面)。途中に見える石段は桜山護国神社(桜山公園)へと続きます。桜山地区公園案内図と現在地。花輪町真景図(大正5年)。花輪通要害屋敷地図(明治2年)と現在地(赤丸)。「北館( ...

花輪一帯は秋田藩と津軽藩に隣接し、尾去沢鉱山など鉱物資源の豊富な地域として南部藩として重要視された地域の1つでした。そのため、花輪城は一国一城令の中、陣屋構えとして「要害屋敷」として幕府に認められました。主郭の規模は、東西200m・南北110mで段差4mの上下2面に ...

秋田県鹿角市花輪中花輪。花輪館(旧花輪城)大手門から中の坂、本坂(盆坂)へと向かい、盆坂途中の本丸の崖横を左へと上った場所に鎮座しております。花輪大町町内の鎮守愛宕神社。ちなみに途中の鳥居をくぐらずに真っ直ぐ道なりに登っても愛宕神社に着きます。その場合は ...

鹿角市花輪中花輪の大町商店街(十二所花輪大湯線)から花輪館大手口へ。写真は花輪町真景図。赤線が盆坂です。旧花輪城大手口・中の坂、本坂(盆坂)標柱。標柱より…『旧花輪城に登る中央の道「大手口」として堀られた急坂で、「本坂」とも言ったのが「盆坂」となったと言 ...

弘前市藤沢野田。過去の記事:『持寄城(もちよせじょう)跡』元弘3年(1333)鎌倉幕府執権北条高時が治める鎌倉幕府は、後醍醐天皇の倒幕計画によって滅亡しましたが、幕府の重臣安達高景、名越時如らが幕府の再興を期して、奥州にいて反撃の機会をうかがっていました。それ ...

秋田城跡(高清水公園)にあります。『秋田城跡(高清水公園)』の記事。『城外南東の鵜ノ木地区にあった寺院兼客館(迎賓館)に付属する奈良時代後半の水洗トイレです。建物の中に3基の便槽が並び、埋め込まれた木樋が沼地に延び、木樋の先端部には沈澱槽が掘り込まれていま ...

秋田県秋田市寺内大畑。様々な資料があるかと思いますが、主に現地案内板及びパンフレットの内容を中心に説明します。案内板により内容が被る部分もかなりあります。なお、歴史史料館は有料ですが、史跡公園の入園は無料、年中入園可です。史蹟秋田城跡周辺案内図…『○秋田 ...

弘前市境関富岳。平川沿い。富岳(トミオカ)神社。社号標「村社富岳神社」(明治39年旧4月8日)。明治37、8年戦役に従軍凱旋紀念の為の建立。出征軍人寄附者人名省略。発起人福士茂作、相馬卯三郎。境関は御検地水帳に小字として富田・西田・川辺があり、郷蔵屋敷を含めて田 ...

↑このページのトップヘ