くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:寺・神社 (岩手県) > 寺・神社 (二戸・一戸・九戸)

岩手県二戸市石切所枋ノ木。枋ノ木(こぶのき)神社。長福寺と入口が一緒です。枋ノ木神社のすぐ先に曹洞宗長福寺(石切所小学校開校之地)があります。小さな神社ですが、枋ノ木神社金勢様祭は大変有名です。ちなみに枋ノ木神社金勢様祭は下ネタ満載(特に行燈の川柳や、販 ...

岩手県二戸市福岡。岩手県立福岡高等学校近く。愛宕神社(愛宕山神社)と秋葉神社の中間ほど。浄土宗。京都知恩院派。御本尊阿弥陀如来。老亀伝説が伝わる寺で、昔は亀の化石が保存されていたそうです。明治9年、明治天皇巡幸の折、当時寺宝であった「亀の化石」を御覧に入れ ...

岩手県二戸市福岡字上平。※地図上では岩手県二戸市福岡字杉中。狛犬一対(大正14年9月)。参道石段。石壇奉納者氏名碑(大正14年5月竣工)。途中踊り場があります。踊り場から左に曲がって神社正面。踊り場にある石祠や庚申・廿三夜塔。同じく踊り場にあった金勢大明神碑( ...

県道274号線沿いにひっそりと「愛宕神社とエドヒガン」(幹周り3.70m・市指定天然記念物)という案内板があり、そこが参道入口です。鳥居が無いのでわかりにくいかも知れません。なお、迂回して車で行くことも可能です。石段下にある狛犬一対(上写真)と、湯殿山碑。湯殿山 ...

岩手県二戸市堀野東側。社号標「武内神社」(三船十段)。三船十段(三船久蔵)は日本の柔道家(柔道の神様・久慈市出身)。県道274号線沿いに社号標がありますが鳥居はないので少々わかりにくいかも知れません。御手洗池。御手洗池の清水は今なお冷たく、戦前に市内の造り酒 ...

『日ノ沢観音(金田一三観音)』『天神山千手観音(金田一三観音)』『舟沢聖観音(金田一三観音)』金田一の人々に三観音と親しまれ、昔は縁日(旧暦3月17日)にこの三観音を巡る人が参道に列をなしたと伝えます。現在もガイド付ツアーや金田一三観音詣りイベントが開催され ...

海老田地区のIGRいわて銀河鉄道踏切付近にあるトトメキの追分石から旧奥州街道を西へ向かうと鳥居が見えてきます。ちなみに車が通れない踏切になっているので、車の方は迂回する必要があります。鳥居付近に車を駐車できますがそこは自己責任でお願いします。岩手県二戸市金田 ...

岩手県二戸市金田一舘。位置的には四戸城跡地裏手、船越山の麓。消えかかっていますが入口には案内板があります。タイヤの跡が見えますが車はやめた方がいいです。車の方はどこか停められる場所を自分でお探し下さい。二戸市立金田一中学校グラウンド。最初はこの山に登るの ...

岩手県二戸市金田一野月。二戸市立金田一中学校のグラウンド脇にあります。金田一三観音の一つとなっている船越山(天神山)の千手観音に行く途中になりますので、天神山千手観音入口(上の写真)から歩くか、金田一中学校のグラウンド内を横切る(こちらは自己責任で)しか ...

岩手県二戸市金田一。金田一三観音の一つ。延命地蔵尊の近くに「十二曲り入口」という案内板があり、そこから二戸市立金田一小学校の脇を通って行くと避難山の十二曲坂の入口に着きます(金田一小学校入口ではありません)。一応十二曲坂入口までは車で行けますが、道中の道 ...

岩手県二戸市石切所大村。国道4号(奥州街道)沿いのHondaCars二戸の横に駐車場があります。大村交差点付近。ここから歩道橋を渡って行きます。三十番朝日観音堂入口。観音堂の概略…『奥州糖部郡三十三番所札所のうち三十番札所。法明院巍處寺(山)観音堂。開基慈覚大師( ...

岩手県二戸市福岡川又。二戸市役所の近くです。二渡神社ともいいます。狛犬一対(昭和16年旧8月15日)。由緒等は調べていません。狛犬一対。個性的です。石灯篭一対。手水石。社殿。向拝神額。海老虹梁。拝殿内。三社宮のように見えますが、写真でもおわかりのとおり、拝殿の ...

岩手県二戸市石切所晴山。国道4号線で境内が分断されており、一の鳥居と境内が離れています。歩道橋手前にあった石塔。何かはわかりません。途中で国道4号線上を陸橋(歩道橋)で渡ります。但し、一の鳥居からの参拝にこだわらないのならば、境内まで車で行くことも可能です ...

『鳥越観音 ~ 其之肆』からの続き。七丁目からスタート。石段脇に小さな手水石や燈籠など色々ありました。その中に最後の七丁目の石塔。ゴールの七丁目!!と言っても、ここまでそんなに険しかったわけでも、距離が長かったわけでも、勾配がきつかったわけでもございません ...

『鳥越観音 ~ 其之参』からの続き。六丁目坂からスタート。ここからは整備された石段。石段下に狛犬一対(明治41年旧3月3日)。かなり個性的な狛犬。気が抜ける…いや、癒される表情です。石段上に石灯籠二対。紀年銘は文政13年9月吉日。もう一対は平成9年10月10日。奉納記 ...

『鳥越観音(岩手県)~其之弐』からの続き。植樹記念之碑。碑文は読みませんでした。末社。馬がいます。馬頭観世音(蒼前様)のようです。仁王坂を上ると仁王門が見えてきます。五丁目です。手水舎。蒼前様の碑。鳥越山碑(昭和6年)。仁王門にある梵鐘。梵鐘の横には「鳥越 ...

『鳥越観音(一戸町)』からの続き。参道脇には巨木が聳え立ちます。宮古沢のアズマヒガン桜(一戸町指定天然記念物)…『アズマヒガンは、別名エドヒガンとかウバヒガンと言い、ヒガンザクラとは別の種類です。花のめしべが有毛であることで、ヒガンザクラと区別できます。 ...

岩手県二戸郡一戸町鳥越。シリーズ其之壱です。大きな鳥居です。人間と比較。ちなみに馬仙峡男神岩展望台からもこの鳥居が見えます。その様子は『男神岩 ・ 女神岩 (馬仙峡展望台)』の記事を参照ください。額束。昭和46年9月吉丸竹軒書。この標識を見逃さないように。鳥居 ...

岩手県二戸市白鳥。七滝大明神(七滝神社)。鳥居は見えませんが県道24号線沿いに「七瀧大明神入口」という標柱があります。その横の小道を50mばかり下ると庚申塔などの石碑が何基かあり、赤い鳥居が目に入ります。徒歩なら県道沿いからも赤い鳥居が見えます。庚申・廿三夜塔 ...

一之鳥居横の普通の民家のお庭が駐車場になっています。ちゃんと「白鳥観音堂駐車場」という看板がありますが、本当にここに停めていいものかちょっとためらいます。岩手県二戸市白鳥滝向。県道24号線沿い。浄福寺・七滝大明神(七滝神社)付近です。かつての白鳥村で寺院と ...

岩手県二戸市白鳥。県道24号線。本堂の背後のイチョウの巨木(幹周り3.52m)が目立ちます。山門。山門横から。山門をくぐります。曹洞宗清高山浄福寺。かつての白鳥村で寺院として曹洞宗浄福寺、神社として明神社が見えます。浄福寺は三戸郡名久井の白華山法光寺(南部家菩提 ...

↑このページのトップヘ