くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (南部町)

三戸郡南部町大向飛鳥。南部町立向小学校の西方。江戸期以降の大向村についてです。三戸郡のうち。盛岡藩領。三戸通に属します。村高は「正保郷村帳」139石余(田39石余・畑99石余)、「貞享高辻帳」174石余、「邦内郷村志」207石余(うち給地197石余)、「天保郷帳」975石余 ...

三戸郡南部町苫米地御嶽。御嶽神社本殿(奥の院)へ。苫米地集落北西の根岸の山麓、通称「ネギヤの山」に苫米地地区の産土様である御嶽神社奥の院が鎮座しています。『御嶽神社(南部町)』からの続きになります。本殿への参道が一度開けます。「↑本殿」という案内板がいく ...

三戸郡南部町苫米地御嶽。御嶽神社祈祷殿と御嶽神社本殿の2回に分けて紹介いたします。※一之鳥居…令和元年5月5日夏堀組会長奉納達者村百景…『達者村(南部町)には、豊かな自然が織りなす風景や町並み、田園風景など心癒される景観が数多くあります。眺めることにより心が ...

三戸郡南部町玉掛前田44。社号標。石殿。何かは不明。立派な五重塔(明治庚戌(1910)辛亥(1911)生一同。沢口嘉一郎、西舘十次郎、佐々木万次郎、中野兼吉、久保田重蔵、佐々木要一郎、中野弥十郎、井上ミネ、沢田きく)玉掛についてです。かつては玉懸とも書きました。馬 ...

三戸郡南部町麦沢差和。麦沢集落の西端。両部鳥居。達者村百景「愛宕神社」麦沢は馬淵川の中流左岸の山地に位置。天正19年、島守館が八戸政栄(根城南部氏18代当主)に討たれた際、城兵が落ちのびてきた場所という伝承があります。御神木。おさご場(平成10年9月4日、嶋守勝 ...

三戸郡南部町森越上小路。森越についてです。かつては森之腰とも記しています。名久井岳の東北方、馬淵川右岸の河岸段丘上に位置しており、馬淵川を挟んで剣吉・斗賀と相対します。集落の東と西を小流が南から北上、それぞれ狭長な沢を形成しながら馬淵川に注ぎます。北部は ...

三戸郡南部町森越上小路。剣吉城主北信愛の養子北重左衛門愛吉の居館だった森越館の南西丘陵地。旧村社で館神として祀られていたのが森越稲荷神社です。本殿の背後からは旧北川村を一望に見渡すことができる場所に鎮座(※現在は鬱蒼としていて見渡せませんが)。かつては森 ...

青森県三戸郡南部町苫米地。国道104号沿い、春香の向いです。苫米地上町内で神明さまと呼ばれ親しまれている神社です。ちなみに春香の南(馬淵川方面)のふれあい公園は旧苫米地館跡になります。苫米地館跡案内板より…『苫米地館は馬淵川の左岸に位置し、東西約90m、南北約1 ...

青森県三戸郡南部町小泉。小泉集落中央の丘陵地に鎮座。ちなみに「小泉八幡宮の家来の観音さま」と呼ばれている観音堂は小泉カツ家の裏山に鎮座しており、観音堂の脇に壊れた石造りの小祠の屋根が安置されていますが、これは昭和41年に庭木の欅を伐採していた業者が誤って木 ...

三戸郡南部町杉沢久保頭。県道225号中野北高岩線。杉沢子安堂の子安様は産土様として信仰。狛犬一対(平成16年3月吉日、小村花江78才建之)。昔は子安堂を集会場として使用しており、杉沢子供会では毎年子供相撲大会に麦沢子供会を招待して開催していたこともありました。昭 ...

三戸郡南部町高橋。旧福地村。高橋集落の南端に鎮座。すぐ南方の小泉巌倉平には稲荷神社も鎮座しております。※社号標は「支那事変記念・高橋長次郎」この場所はかつて中世の城館(高橋館)の一角でした。社伝によりますと高橋館の館主高橋駿河が出羽三山神を永享の頃に勧請 ...

三戸郡南部町法師岡林ノ後。法師岡集落南方の法師岡農村公園に隣接して鎮座。出羽三山信仰で、産土様として信仰。達者村百景。江戸期以降の法師岡村についてです。三戸郡のうち。はじめ盛岡藩領、寛文5年から八戸藩領。名久井通。村高は「正保郷村帳」143石余(田78石余・畑6 ...

三戸郡南部町苫米地字神明下河原。中世の「とまへち」は南北朝期から見える地名であり糠部郡三戸のうち。建武元年8月6日の入道跡注文に「一、とまへち さとや 一丁」などと見えており年貢などの調査が行われています。同年4月晦日の多田貞綱書状によりますと「三戸横溝新五郎 ...

三戸郡南部町相内下在所。奥州南部糠部三十三観音霊場十七番札所。達者村百景。相内観音堂由来…『糠部三十三観音十七番札所、御詠歌「何事も今はあいない観世音二世安楽とたれも祈らん」。南部氏の家伝によると、初代光行公は一族家臣73人、6隻の舟に分乗し鎌倉由比ヶ浜より ...

三戸郡南部町沖田面南本村。馬淵川沿い。社号標(昭和41年9月3日、奉納杦沢歌吉)2020年に1850年以来の建て替えが行われました(2021年8月新築落成)。沖田面地区周辺(旧平良崎村)は明治時代に唯一の寺がなくなったため、村一帯の檀家が神道に改宗、早急に祖先を祀る社が必 ...

三戸郡南部町福田宗前長根。県道134号櫛引上名久井三戸線を挟んで厳島神社の向かいに鎮座。木彫りの馬らしきものが奉納されている宮形と、棟札を納めた石殿と、石碑一基があります。石碑は読み取れず。棟札「奉建立蒼前神社、明治三十九丙午歳七月十九日」※一部読み取れず  ...

↑このページのトップヘ