くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (東北町)

山に登っていく感じです。 社殿(間口2間・奥行4間の寄棟造りトタン屋根)。御縁日は3月16日・9月16日 社殿内。内御堂には「祭神保食の神、昭和57年7月15日」という棟札と、鉄製鳥居が3体納められています。棟札は花松神社で魂入れをしており、花松神社の御祭神(保食神 ...

土橋の山乃神神社。 例大祭は4月12日・9月12日。大正頃まで土橋えんぶりが行われていました。 参道の両脇には規則正しく杉が植えられています。 3間4方切妻平入の外陣と1間4方の内陣で構成された社殿。昭和57年4月25日再建。棟札は5枚あり、安永7年・寛政7年・天保15年・ ...

目の神様で「めくされ八日」と呼ばれ、毎年4月8日と9月8日に例大祭があります。春の祭礼は女性のみ、秋の祭礼は男性のみで行うという珍しい祭典方法です。 薬師信仰にはオサゴ場(霊水場)がつきものですが、当神社の南方、七曲りを経て100mほどの所に通称「カントウの水 ...

長久保の産土で、長久保神社・長久保お宮とも呼ばれていますが、寛政2年・文政4年・弘化4年の棟札があり、それによると十一面観音堂であるとわかります。 棟札はいずれも再興時のものであり、それ以前の創建であることもわかります。寛政2年の頃は修験者が正光院、文政4 ...

上北郡東北町乙部道ノ上。森の中を切通しのように道路が作られており、その両脇にそれぞれ小祠があります。 こちらは秋葉山大権現。 小祠には石が祀られています。 何か彫られているかどうかは確認できませんでした。 道路を挟んでもう1つの祠は疱瘡神。石段は ...

上北郡東北町寒水下。 御神木。 由緒は調べていません。御祭神は天照大神。 拝殿向拝下。 社殿内。 生活感こそありますが、丁寧に祀られていることから崇敬の篤さを伺い知れます。 ...

上北郡東北町枋木(こぼのき)。 グーグルマップを見ると現在の位置には何もありません。近年建て直されたのかも知れません。社殿内の棟札に平成28年9月25日とあるので、その日付で建て直されたのかも。 ちょっと見えにくいのですが烏帽子直垂姿の騎馬武者像。 ...

御祭神は誉田別尊。大祭日は4月15日・9月15日。 鳥居には「鶴ケ崎正八幡大神々」とあります。 間口3間・奥行4間の入母屋屋根に唐破風の曲線美を持つ社殿。 木鼻や蟇股の獅子も立派です。 昭和58年4月15日(春大祭)に道路改修工事のために現在地へ移転。 御神体は高 ...

大洞の東には七戸の八日市へ通う人たちが往来する道があり、安政4年6月吉日の追分石があるといいます。「勧庚申 右小川原村 左新山村」「奉 妙見尊星 金毘羅山 十和田山」などの文字が彫られているそうですが、どこにあるかわかりませんでした。 天照大明神社は大洞地区 ...

小川原湖伝説の妹勝世姫を祀る明神様。 小川原湖(妹沼)を北方に見下ろす明神岬に鎮座。 平成10年1月1日に社殿焼失し、その後再建したそうです。 向拝扁額「廣沼大明神」。 蟇股・木鼻。 石灯篭一対。 狛犬一対(沼崎本村部落・平成5年4月21日)。 小川原湖伝 ...

『青森の伝説(森山泰太郎・北彰介)』でも紹介されている小川原湖伝説が残されています…『1300年ほどの昔、世の無常をはかなみ都より行方不明となった父を捜す二人の姉妹の姿がありました。諸国を巡り、北の果てにある湖のほとりに辿りつきました。そこで、二人は捜し求め ...

沼崎観音…『1300年ほどの昔、世の無常をはかなみ都より行方不明となった父を捜す二人の姉妹の姿がありました。諸国を巡り、北の果てにある湖のほとりに辿りつきました。そこで、二人は捜し求める父がはかなくも亡くなっていることを知りました。姉の玉代姫は、悲しみのあま ...

上野地区の法量大権現。 御祭神は高おかみ神。 法量とは南部方面では法領・法霊のことで、おかみ神です。おかみの音は「リョウ」であり同じで、津軽では宝竜の字をあてます。おかみ神は水や雨を司る神。 蟇股・木鼻。 社殿内。 奉納者の名字に蛯名・和田が多いですね ...

東北町大浦道ノ下。 立派な御神木(イチョウ)。 縄で繋がれていました。 社殿。 向拝扁額。 蟇股・木鼻。 社殿内。由緒等わからず。 境内の一画に水神の祠があります。階段を降ります。 水が湧いています。 小祠。 奉鎮菩提寺水神璽・天水分神(あめのみく ...

小川原湖の神である沼館大明神(元々は供養大明神と呼ばれ、海上安全祈願で建立された社を、浜形福次郎が引き継ぎ、昭和58年10月8日(旧9月3日)に独自で蛇像を祀り創建。)だと思ったのですが大沼大明神でした。沼館大明神は浜台集落なのでそもそも場所が違いますね。 ち ...

船ケ沢と田ノ沢の間の小川原湖沿岸に通称「王崎」と呼ばれる場所があり、そこに漁業の神として崇敬されている大沼大明神が鎮座しています。 境内は小川原湖岸の湿地帯となっています。この地は「王崎明神」とか「蛇王崎」と呼ばれており、上北町の沼崎明神神社とは姉妹とも ...

私の持っている地図では天照皇大神宮と記されていました。つまりは神明宮ですが。 御祭神は天照皇大神。 創建及び由緒わからず。 社殿内。中央には3つの宮形があり、右は石が見えていました。中央上部に三社託宣。 横の末社は山神。 小さい祠ですが木鼻などの彫りが細 ...

南部藩創建、上北八幡宮・七戸新舘八幡宮こと新舘神社。新舘八幡神社流鏑馬は大変有名なもので、昭和41年まで行われていたそう。幕末期に流鏑馬神事に参加する者は当八幡様で禊をし、八戸の櫛引八幡宮に参拝してから乗馬したと伝えます。また、宝暦年間に刻まれた権現様が伝 ...

上北郡東北町大浦中久根下。小川原駅・小川原郵便局の付近。 由緒等は不明。新山神社(新山大権現)なのかな。 蟇股。十拳剣を持って八岐大蛇(八俣遠呂智)を退治する須佐之男命?に見えます。やっぱり漢字は違えど新山神社かも。 木鼻。 海老虹梁と手挟。 社殿内。 ...

千曳神社から東に鎮座している石文稲荷神社(石文神社・千曳稲荷神社)。例大祭は4月24日・9月24日。6月15日(旧暦)は虫ボリ祭で、藁人形を作って境内の旧街道沿いに立てるそうです。また千曳神社にも参拝するとのことで、当神社との関連性を伺い知ることができます。 参 ...

上野山添。 JA十和田おいらせ上北支店前。 裏手には心月寺があります。 小高い丘の頂上にあり景色が良く、小川原湖まで見えました。 狐様一対。 社殿。由緒等はわかりませんでした。 蟇股の木彫りが細かい。 社殿内。とても綺麗です。 中 ...

↑このページのトップヘ