くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (野辺地町)

長くて緩やかな坂道の途中にあります。Googleマップでは野辺地町下坂として表示されますが、野辺地町赤坂の赤坂蒼前堂です。赤坂蒼前堂の記録と下記狛犬の紀年銘及び奉納者が一致しました。 由緒はわかりません。馬に関するものです…はい。「蒼前」の説明は下の記事を参照 ...

御祭神は伊邪那岐尊、もしくは伊邪那美命・熊野速玉神・家津美御子神の三柱とも伝えます。 万治元年(1658)もしくは万治2年旧9月9日勧請と伝えます。元治元年再建。明治6年4月村社。 半漁半農の村であったため、海上安全を願って熊野大権現として崇敬。 悪病の流行 ...

浄土真宗大谷派本竜山西光寺。 本尊阿弥陀如来。 天正年間(1573-1592)に飯田願正(釈浄玄。越前国出身の元武士。)が草庵を結んだのが始まりとされ、慶長18年(1613)京都東本願寺の末寺として認められ開山。教如上人から浄玄と西光寺の号を受けます。田中津右衛門が西 ...

浄土宗福聚山海中寺。 大泉寺の末寺。本尊阿弥陀如来。 ふ、ふかいです! 海中寺は慶長2年(1597)に開かれ、元は馬門村の海辺にありましたが、海触により延宝2年(1674)に下町に移転建立。文政6年再建。 北前船の廻船問屋とも繋がりが強く、弘化2年に橘屋吉五郎(讃 ...

曹洞宗日照山常光寺。 報恩寺(盛岡市)末寺。 寛永9年(1632)日戸内膳の開基と伝えます。 野辺地城時代に城主であった日戸内膳行秀の菩提寺となり境内には墓碑が建立されています。天保元年に延命地蔵尊が建立されています。 石川啄木は岩手県盛岡市にある常光寺が生 ...

昔、廻船問屋の田中津右左門という豪族がおり、常に敬神厚く、町の発展を祈願するために屋敷に内神として、伊勢神宮内宮の御魂分けを受けて祀りましたが栄枯盛免し、田中氏は遂に一家断絶。南部藩の都合により社地を転々とした後、元禄2年に市中氏子中にて受け継ぎ、野辺地 ...

金沢町集会所に隣接しています。 むしろ金沢町集会所の方が存在感あります。 御祭神は蛭子神・大祐大善神。大祐神社、大祐大明神などといいますが、地元では金沢の大祐堂として親しまれているようで、江戸時代の古地図などにも大祐堂(または大祐大明神)と記されていま ...

有戸村は盛岡藩領で野辺地村の枝村(有戸5ヶ村の1つ)です。盛岡藩営9牧の1つ有戸牧があった場所。同牧は尾駮牧を再興したものと伝えられ、蟻渡野と呼ばれました。余談ですが有戸の海岸で拾うことができる有戸石は黄金色に透き通ったとても美しい石で人気があります。 ...

常夜燈公園からも近い場所にあります。 入口にある水神舎(平成10年12月8日)。 御祭神は水波能売神。浜町全体の氏神として崇敬されています。 文化5年のある夜のこと、高田屋嘉兵衛の夢枕に、何も言わずにただ苦しげで恨めしそうに立つ水神を見ます。ハッと目覚めた嘉 ...

集会所とは思えない立派な鳥居があります。元々はこの付近に祀られていた蒼前宮が、現在は下町集会所の中に祀られているとのこと。つまり下町集会所兼蒼前宮。 鳴子坂橋にあった案内板にもこの蒼前の社について、鳴子館坂を下り詰めて小坂を少し上りまた下り詰めれば右に蒼 ...

小高い山の中腹に鎮座。 参道は細いので右側に滑り落ちないように注意してください。 社殿。 社殿内。 由緒は不明です。 大正4年旧6月2日建立。屋号かな…神主並びに建立者として「上北郡野辺地町大字有戸∧一(山一)農場」とあります。 昭和47年●月● ...

野辺地湾に面しています。 木明地区の馬頭神社。由緒等は不明です。ちなみに『北奥道中図部分』(江戸時代)には木明・古明・明前・蟹田・有戸に神社が見えません。 再建の棟札には「奉再建想善神御堂成就之攸」「嘉永七甲寅歳四月十九日別當僧都大正院廣松●●」「 ...

野辺地の総鎮守。 参道。 参道の石燈籠一対(平成6年9月15日・還暦報賽・第13代宮司林全造)。 見応えのある石燈籠でした。 参道の狛犬一対(昭和12年9月15日)。 更に参道を進みまして… 鳥居。 社務所。 野辺地八幡宮です。 広い境内ですね。 石燈籠 ...

野辺地町字寺ノ沢。愛宕公園内に鎮座。 社号標紀年銘(昭和54年9月23日・木明亀三郎)。 愛宕神社の石段は北前船によって運ばれた花崗岩です。 御祭神は軻遇突智命、軻遇突智姫神。火の神、稲の神として信仰を集め、住民の間では袋町三町の氏神様として崇敬されています ...

由緒等は不明です。野辺地町史の資料や年表には立花稲荷大明神、白峰神社、豊栄稲荷堂、末広稲荷神社、赤平稲荷神社など色々と出てくるのですが、土地勘もない上に、手元の資料が乏しく詳細がわかりません。やはり南部の資料は盛岡の図書館などに行った方がわかりそうです ...

はまなすラインを北上していると蟹田地域で右手に鳥居と社殿が見えます。由緒等はわかりませんが蟹田地区の産土神として崇敬されているものと思われます。ちなみに『北奥道中図部分』(江戸時代)には木明・古明・明前・蟹田・有戸に神社が見えません。 神社はすぐ目 ...

県道243号線沿いにあります。当時の津軽軍本道隊進路。 ちなみに紹介することはないと思うのでここで述べておきますが、ここから程近い街道沿い(馬門)には小さな神社がありました。私が見たのは恐らく家ノ上の「ナカの稲荷」。高い所にあって登れませんでした。 調べた ...

↑このページのトップヘ