くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (山形県)

『法泉寺(米沢市)』からの続き。山形県米沢市西大通1丁目。法泉寺と住所が違いますが道路を挟んですぐ向かい側。道路を挟んで南の寺院及び墓地と、北の文殊堂及び庭園に分かれています。元はこの南北を隔てる道はありませんでした。法泉寺庭園…『米沢三名園の1つで、2代藩 ...

山形県米沢市城西2丁目。臨済宗恵日山法泉寺。道路を挟んで南の寺院及び墓地と、北の文殊堂及び庭園に分かれています。元はこの南北を隔てる道はありませんでした。直江兼続が創建した当時は、法泉寺は三の丸北西に位置しており、掘立川に掛けられた橋を渡るとすぐに法泉寺の ...

『笹野観音堂~其之弐(米沢市)』からの続き。観音堂前石灯篭一対(明治44年5月・丸喜)。観音堂前青銅灯篭一基(昭和51年11月3日)。台座「献燈の趣意(清昭代)」は省略。笹野観音堂…大きいです。向拝彫刻。唐破風懸魚・中央蟇股。蟇股(前面3間)・木鼻。虹梁・手鋏等。 ...

『笹野観音堂(米沢市)』からの続き。漱口場。水は観音像の前で龍の口から注がれます。昔より笹野は神仏を畏れ敬って、正月の7日間(現在は3日間で別火も無し)を肉や魚等を食せず、他人と同じ火を使用しない精進別火で、穢れ無い清らかな身体で正月を迎えました。昔も守れ ...

真言宗豊山派長命山幸徳院笹野寺。山形県米沢市笹野本町。置賜三十三箇所観音霊場19番札所。御本尊は千手観音(千手千眼観世音菩薩・総高153cm)。脇士(総高91cm)には地蔵菩薩と毘沙門天が再建時に仏師横山権六昌興の手により刻まれました。紫陽花(約2000株)の名所として ...

山形県南陽市宮内。熊野大社の横の細い道(證誠殿前)から一本道ですが、車がすれ違うことのできない細い道な上に、特に道中には何も無い(※山王山神社への参道入口はあります)ので、双松公園の中を通って行くのがおすすめです。双松公園を通って行けば季節の植物はもちろ ...

寶積坊は山形県南陽市宮内にある真言宗醍醐派の寺院。宮内熊野大社の入口参道に位置し、置賜三十三観音札所30番となっています。なお、観音堂の長谷観音は熊野大社の後方の裏山の中腹にあります。山寺を開山した慈覚大師が貞観9年(867)に置賜地方を訪れた折、観世音像を自 ...

『熊野大社 ~ 其之肆(南陽市)』からの続き。本殿です。中央に本宮、向って右に二宮神社社殿(若王子)、左に三宮神社社殿(那智宮)があります。三宮神社本殿。御祭神は熊野家津御子大神・素戔嗚尊。本地仏阿弥陀如来。御神徳は食物の神。社殿内部に寛永3年の墨書があり、 ...

『熊野大社 ~ 其之参(南陽市)』からの続き。熊野大社拝殿。天明7年以前の建築(天明7年の墨書あり)。唐破風、千鳥破風を萱で葺く山形県独自の建築様式です。出羽三山合祭殿や笹野観音にも同様式が見られますが、その中でも最も古い建築物となります。正式名称は熊野神社 ...

『熊野大社 ~ 其之弐(南陽市)』からの続き。古峯神社。御祭神は日本武尊。御神徳は火災予防。日本武尊は焼津の原(静岡県)で火難を除いたことから防火の神として全国的に信仰されている神です。古くから火伏せ、防火に霊験のある神として祀られています。山神社。御祭神 ...

『熊野大社(南陽市)』からの続き。石灯篭(昭和58年度伊勢代参者)。右石灯篭:平成8年度伊勢代参者、中央石灯篭:昭和57年度伊勢代参者、その間の石碑と右の石碑は読めず。後ろの建物は南陽市立宮内小学校。青銅灯篭一対。長谷観世音参道入口。熊野大社入口は大銀杏に包ま ...

山形県南陽市宮内。かつての宮内村。置賜郡。はじめ蒲生氏領、慶長3年上杉氏領、同6年より米沢藩領。北条郷に属します。慶長5年の出羽合戦では上杉氏の臣安部右馬助など宮内十八免許が小滝口に参陣。彼らは江戸期を通じて藩主の赤湯入湯の際の番所詰、熊野祭礼の警備、籾蔵・ ...

『春日山林泉寺(米沢市)』からの続き。神刺原築城奉行、鐵孫左衛門泰忠の墓。黒金家の大先祖にして謙信公譜代の臣。本姓島倉、通称孫左工門。後に鉄上野景信の遺跡を継ぎ、鉄と称しました。慶長3年禄6200石を領し、同4年3月神刺原築城の折、泰忠総奉行を命ぜられました。同 ...

山形県米沢市林泉寺1丁目。長尾家、上杉家の菩提寺(直江兼続・武田信清菩提所)。ふれあし観音霊場。拝観料金は堂内300円ですが、この日は丁度法要が行われており、境内拝観(100円)のみとなりました。堂内撮影禁止。山門前の石塔。読み取れず。現在の山門は門東町にあった ...

『安久津八幡神社 (高畠町)』からの続き。流鏑馬の馬場。康平年間、源義家が奥州下向の際に武運長久・国土安全・五穀能成を祈願し、流鏑馬を奉納したことに始まるそうです。昭和14年を最後に途絶えていましたが、昭和62年に高畠町青年会議所の有志により再開。養蚕が盛んな ...

大きな鳥居です。道が少しカーブしているので、この鳥居から社殿はまだ見えませんね。神社に近づくと、鳥居より先にまず三重塔が目につきます。駐車場あります。東置賜郡高畠町大字安久津に鎮座。平安時代この地域は関東から出羽国・置賜地方に入る際の玄関口となっていまし ...

『大聖寺~其之弐(高畠町)』からの続きです。観音堂(縁結び観音)。観音堂は入母屋、銅板葺、平入、桁行3間、正面3間軒唐破風向拝付。向拝木鼻に獅子・象、欄間には中国故事(七福神)。七福神は大変ユニークな造りでした。向拝。海老虹梁。鰐口と御詠歌「よをてらす ほと ...

『亀岡文殊堂(大聖寺)』からの続きです。参道に戻ってきました。大聖寺本坊。護摩堂(本坊から渡し廊下。平安期の不動明王坐像他諸佛あり)や宝物館(諸仏、御朱印状、曼陀羅図、獅子頭、鎌倉期の木造狛犬などなど)もあります大聖寺本坊山門。大聖寺本坊には、大日如来を ...

大聖寺は山形県東置賜郡高畠町亀岡にある真言宗智山派の寺院。亀岡文殊の通称で知られています。山号は松高山。本尊は大日如来。丹後(京都府宮津市)の切戸文殊、大和(奈良県桜井市)の安倍文殊院とともに日本三文殊の1つ。参道入口の仁王門。仁王門前にはいくつかの石塔が ...

①『宝珠山 立石寺 ~ 其之壱 (対面石・亀の甲石・宝物殿・日枝神社等)』 ②『宝珠山 立石寺 ~ 其之弐 (根本中堂・念仏堂・清和天皇御宝塔・姥堂・空也塔・御手掛岩・磨崖仏安然和尚像等)』 ③『宝珠山 立石寺 ~ 其之参 (せみ塚・弥陀洞・仁王門・観明院・山内支院 ...

関興庵の横(墓所へ向かう道)に鳥居と参道があります。 南方稲荷大明神。社殿内に狐一対、灯篭一対などありました。 拝殿扁額(青木源之助)。 『正一位南方權現渡部藤兵衛稲荷大明神の祭神は、天正6年に始まる上杉家合戦に際し、関興庵勢より援軍、無類の働きをなし、 ...

↑このページのトップヘ