くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (八戸市)

八戸市長者1丁目。地内には藩政時代からの神社仏閣が多くあり、長者山を中心に長者山新羅神社、大慈寺、光龍寺、南宗寺、弾源寺、八坂神社などが鎮座しています。社号標・神額には「祇園宮八坂神社」。文献等にも「祇園宮八坂神社」と紹介されているものが多いです。狛犬一対 ...

曹洞宗福聚山大慈寺。糠部三十三観音第九番。八戸市長者1丁目。地内には藩政時代からの神社仏閣が多くあり、長者山を中心に長者山新羅神社、大慈寺、光龍寺、南宗寺、弾源寺、八坂神社などが鎮座しています。大慈寺で配布している小冊子がHPから閲覧できますので、より詳細に ...

八戸市長者1丁目。地内には藩政時代からの神社仏閣が多くあり、長者山を中心に長者山新羅神社、大慈寺、光龍寺、南宗寺、弾源寺、八坂神社などが鎮座しています。たくさんのほっかむり狐様が迎えてくれます。狛犬もいます。大黒天も。ちなみに福禄稲荷神社の場所は八戸南部家 ...

八戸市長者1丁目。長者山の西麓。八戸藩南部家菩提寺。地内には藩政時代からの神社仏閣が多くあり、長者山を中心に長者山新羅神社、大慈寺、光龍寺、南宗寺、弾源寺、八坂神社などが鎮座しています。長者村は糠塚・類家・田向・中居林・石手洗の5ヶ所村が合併して成立。かつ ...

曹洞宗魚籃山常現寺。八戸市小中野6丁目。御本尊は魚籃観音菩薩。近くには諏訪神社や新むつ旅館があります。常現寺の詳細についてはHP(常現寺)を参照下さい。寛延元年、常現寺の前身である梅翁庵は、下北郡大畑村の曹洞宗円祥山大安寺三世寿仁州関大和尚により、宿庵として ...

『八戸三社大祭(令和元年)』からの続きです。タピオカドリンクとチーズハットグを売っているお店がやたらとあります。ってことでブームは無視して、のび~るトルコアイスで一服。三社大祭の山車のように縦にのび~る。『八戸三社大祭(令和元年)』にて歴史等については色 ...

毎年7月31日から8月4日に八戸市で行われる神社神道の祭礼。ユネスコ世界無形文化遺産、国指定無形文化遺産など様々な文化遺産に指定されており、東北地方最大級の神事。7月31日の前夜祭、1日のお通り(神幸祭)、2日の中日、3日のお還り(還幸祭)、4日の後夜祭という日程で ...

青森県八戸市白銀町三島上。JR八戸線の白銀駅の近くで、目の前に線路があります。ちょうど電車が通過していきました。社号標(平成元年7月7日)。表参道の階段と二之鳥居。狛犬一対(昭和5年旧6月7日)。手水舎。手水鉢。手水舎横に福徳ふくろう(平成21年12月吉日・三嶋神社 ...

青森県八戸市小中野。旧国鉄湊駅跡地に建立…何となく境内や隣接する緑地・遊歩道に違和感を感じたのはそのせいですね。当時の枕木が現在も境内の片隅に残されているそうです。参詣した時点では知らなかったので写真はありません。下の写真は八戸市鳥瞰図(昭和8年)。 社 ...

門付近にあった石碑4基。奥から1基目は出羽三山などの碑、手前左に2基目の卯辰供養塔、右に3基目の二十三夜・湯殿山碑、最も手前右側に4基目の金毘羅大権現碑。1基目は「種子(アーンク)」の下中央に「湯殿山三社大権現」、中央右に「熊野三社大権現」、中央左に「十和田山 ...

八戸市諏訪1丁目。かつての小中野村。元和4年の南部利直知行宛行目録に「小中野」とあり、近世初頭は根城南部氏の知行地。また、地内の正部田は前年の南部利直下知状に「しやうふ田」と見えます。元禄3年の御領内巡見覚帳(小中野風土記)によりますと、家数は38、うち小中 ...

八戸市新湊。ちなみに地図では同地区に恵比須神社がありますが、訪れたら社務所的な建物のみだったので参拝せず。実は道を挟んで向かいにある「はますか公園」内に社殿があると後から知りました。今回紹介するのはその恵比須神社からも近い恵比寿龍神の方です。 由緒等につ ...

八戸市湊町字館鼻。下条町内集会所向かい。近くには川口神社や館鼻公園があります。 妙法稲荷神社。由緒等不明(調べていません)。 狐一対。 ...

三八城神社境内では三八城山朝市(4-11月・朝5-8時)が開かれているようです。八戸市は朝市に溢れていますね。 青森県八戸市内丸。旧八戸城本丸の御殿屋敷地跡に鎮座。旧県社。例祭日は8月6日。御祭神は(上)天照大御神、(右)南部三郎光行命、(中)南部左衛門佐直房命 ...

八戸藩総鎮守。三社大祭発祥の御宮。法霊山おがみ神社。八戸市内丸に鎮座し、八戸市内で最古の神社と云われます。主祭神は高おがみ神、法霊大明神。八幡町鎮座八幡宮(応神天皇)、常海町鎮座月山神社(月読命)、沼館村鎮座新川神社(瀬織津比売命)が合祀されています。 ...

八戸市鮫町。蕪島北東の海岸は恵比須浜と呼ばれています。御祭神は事代主神。『日本むかしばなし』(鯨石)にも出てくる有名な神社。御神体は佛石(仏石・恵比須石)。拝殿は妻入、千木(外削ぎ)、鰹木5本。文化11年(1814)より毎年旧暦3月15日(現在は5月5日)を大祭と定 ...

八戸市金浜塩竈。 金浜漁港。 漁港のすぐ横の巨石の上に鎮座しております。 はじめ盛岡藩領、寛文5年から八戸藩領。 安政初年の記録として塩釜1工とあり、「金浜崎二郷路崎と云有、同所二物見石有、同所に塩釜明神堂有」とあります。塩釜神社の南には近年まで2基の窯跡 ...

御祭神は市杵島姫命。祭日4月15日。 明治4年の神社調によりますと、当時の祭典は6月7日に行われており、社殿縦1間3尺7寸、横6尺、境内地は海中ノ岩ノ上、縦10間、横5間とあります。 又、社殿建立については明治6年村方にて造営。 更に明治7年の社寺地詳細帳により ...

青森県八戸市鮫町にある蕪島は大正11年にウミネコ繁殖地として国の天然記念物に指定されています。また、蕪島の頂から周辺斜面にかけて縄文時代早期・前期の土器や、弥生土器・土師器などが発見されており、蕪島遺跡とも呼ばれています。蕪島が陸続きになったのは昭和18年で ...

三叉路の小高い丘の上に鎮座。義経北方伝説を残す神社ですが、町中の三叉路の中心にあるというだけで、昔から変わらずここにあったことに真実味を持たせます。義経は日頃信仰していた京都の藤ヶ森稲荷神社を八戸市類家に勧請したのが類家稲荷神社。この一帯を「京ヶ原」と命 ...

正門前には朱色の太鼓橋がかかっています。そして池の中央には…河童! 左右に河童!! 筋肉質な方がオス河童で、子河童におっぱい飲ませているのがメス河童。 櫛引八幡宮本殿の左の脇障子には鷹にメドツ(河童)。 どうやっても河童部分を上手く撮れる角度がありませ ...

↑このページのトップヘ