くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (八戸市)

八戸市八幡五日町。奥州南部糠部三十三観音霊場第十四番札所(御朱印は前川金物店)。御本尊聖観音。櫛引八幡宮西参道入口向かいの田村家の宅地内に鎮座。明治の大火後に田村家において観音堂を建立し管理してきた理由として、同家が坂上田村麻呂の末裔であるという伝承を持 ...

八戸市豊崎町滝谷。地図ではこの地区に出羽三山神社、天満宮、気比神社があります。今回紹介するのは気比神社です。なお、由緒等については一切調べておりません。中央の棟札らしきものや神像らしきものも、ちょうど鈴緒の陰になっており見えませんでした。向かって右側に明 ...

八戸市是川春日河原。神社自体は少々わかりにくい場所にありますが、住所が春日河原なので付近までは迷わず行けると思います。このような道を歩いて行きます。福善寺・妻ノ神農村公園方面。あの付近に秋葉山大権現があります。道中にあった石碑「小川代明土 土地改良 竣工五 ...

青森県八戸市大字是川小川代。妻ノ神農村公園の一部になるのかな。よくわかりません。高台になっており、長い階段を上ります。上まで行くと白幡八幡宮方面など周囲を広く見渡せます。更に話が逸れますが、新井田川の向こう、是川字差波地区の山々には地下壕やトーチカ等が点 ...

青森県八戸市大字是川字白幡。是川団地の南隣。真言宗豊山派八鳩山(はっきゅうざん)𧅰国院福善寺。御本尊不動明王。八戸御城下三十二番札所大日堂管理。江戸期以降の是川村についてです。三戸郡のうち。はじめ盛岡藩領で寛文5年から八戸藩領。八戸廻。元和4年の南部利直知 ...

青森県八戸市大字是川白幡。福善寺の近くです。参道石段の上下には、門のように御神木が両脇に聳え立ちます。幹周り3m以上のモミの木です。是川は八戸市庁から直線で南に約4kmのところにあり、地区の中央を新井田川が南から北に流れています。八戸の平野部分の南端にあたり、 ...

八戸市十日市長根。十日市村は、階上岳の裾野として北に広がる八戸平原が新井田川に沿って尾根状に延び、八戸の平野部に接する新井田川と松館川に挟まれた丘陵上にあります。新井田と是川をつなぐ県道差波新井田線により、東十日市と西十日市の2つの町内に分かれ、東側の松館 ...

八戸市一番町3丁目。八戸駅を背にして右手の道路を直進し、橋を渡った先を右折すると鎮座しています。矢沢には弘法大師に関する伝説があります。矢沢内の丁字路にある庚申塔は弘仁年間に疫病が蔓延し、多数の死者が出た際、布教のために来ていた弘法大師が偶然立ち寄り、無病 ...

青森県八戸市大字鮫町住吉町。ケヤキの巨木が目印です。鳥居。神輿庫。御神輿。神輿庫の横に金毘羅大権現の石碑(文化6年)。末社。小祠ですが見応えのある造りです。蟇股・木鼻等。正面に龍。脇障子。十二支も彫られています。こちらは庚申塔です。狛犬一対。後生車。「日月 ...

八戸市市川町字北雷平。多賀台団地がある丘の東麓。浄土宗市川山願成寺。御本尊阿弥陀如来。下市川村は五戸川の下流域に位置し、北端を奥入瀬川が東流。東は太平洋に面します。五戸川は市川とも別称され、当村の上流に上市川村があります。盛岡藩領五戸通に属す元和4年の南部 ...

八戸市市川町字橋向。かつての下市川村で、五戸川下流域に位置し北端を奥入瀬川が東流。東は太平洋に面します。五戸川は市川とも別称され、当村の上流に上市川村があります。永仁5年の五戸郷検注注進状に「いち河」「ととろき」とあります。盛岡藩領五戸通に属す元和4年の南 ...

青森県八戸市大字市川町堂ノ下。鳥居(平成14年12月15日建立)。御神木と手水石。手水石の紀年銘は明治20年1月吉日。正面に4名の奉納者名を刻みます。五戸川を挟んで堂ノ下と橋向に同名の神社が鎮座しております。更に当神社は奥入瀬川と五戸川に挟まれた下流域にあります。 ...

八戸市坂牛。櫛引八幡宮南参道の先が坂牛集落。田面木地区と八幡地区の中間の山寄り。櫛引八幡宮の例大祭では天狗沢、笹子、田面木などの近在の農家が作った郷土玩具である八幡馬が坂牛を通って運ばれていました。坂牛は櫛引八幡宮と一体の地域として存在したと考えられてお ...

八戸市坂牛。坂牛の中ほど。坂牛川の左岸、坂牛地区の丘陵地。坂牛観音の隣。曹洞宗福聚山涼雲寺。名久井村(現南部町)法光寺末寺。御本尊釈迦如来。寛保3年「奥州南部糠部三十三観音順礼次第全」には第十三番札所として坂牛観音堂(現坂牛八幡宮)が記されています。坂牛村 ...

八戸市櫛引烏沢。曹洞宗岩龍山凉雲院。烏沢集落の北西、馬淵川左岸の国道104号線沿いに位置。当初は近くの寺沢にあったともいわれています。山門。御本尊釈迦如来。山号の由来は不明ですが、昔は蟠龍山とも称していました。天保年間に火災に遭っており、記録物が焼失している ...

青森県八戸市大字新井田石動木。灯籠一対。石碑。「奉書冩 天下泰平 五穀豊穣 國家安全 萬民快楽 宝筺印塔陀羅尼経卅三巻 大般若理趣分転読祈祷法經壹百巻 大來妙法蓮華經壹部 石經供養塔」石動大明神と呼ばれています。お年越しの祭礼は12月14日。石動信仰は、石川県鹿島町 ...

八戸市白銀4丁目。すぐ近くの清水川観音堂(糠部三十三観音霊場第六番札所。浜清水観音・白銀浜清水観音)とは少し離れた場所に鎮座しております。地図には「白銀浜清水観音」と記されており同名です。こちらの由緒等は調べておりません。すぐ近くの清水川観音堂との関連性も ...

清水川観音堂(白銀村清水寺・浜清水観音・白銀浜清水観音堂)。JR白銀駅から鮫駅に向かって500mほど進んだ線路沿いに水が湧いており清水川と呼ばれています。八戸市白銀2丁目。地図によっては当清水川観音堂のすぐ近くに、同名の「白銀浜清水観音」という場所も記されている ...

青森県八戸市大字是川字雲畑。是川天狗沢かと思ったのですが雲畑でした。ほぼ変わりませんが。東に面して杉木立に囲まれた高所に鎮座。天狗沢集落は八戸の代表的民芸品「八幡馬」の発祥地と伝えられる地域です。天狗沢には八幡馬の元祖と伝えられているものが残されているそ ...

八戸市湊町館鼻。大祐神社の北東に鎮座。なかなかの巨木に迎えられます。境内にはかつてイチョウ(推定樹齢600年、樹高24.5m、幹周12.25m)の巨木があったそうですが、平成23年(もしくは22年)に伐採されたそうで切株のみが残され、残された幹から、ひこばえが伸びています ...

青森県八戸市大久保沢目。写真は松の湯側からの正面入口。こちらはマエダストア白銀大久保店側の入口鳥居。正面参道石段上の鳥居。いずれの鳥居も柱の台石前に小さな鳥居が設置されているのが特徴的です。御神木。高台にあるので遠くからでも目立ちます。大久保天満宮の境内 ...

↑このページのトップヘ