くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (十和田市)

十和田市沢田下洗。道を挟んで蒼前神社の向かいにあります。扁額。堂内。不思議な形の石が祀られています。狛犬一対(和田文次郎・昭和9年旧4月3日)  ...

十和田市沢田下洗。当蒼前神社のすぐ向かいには不動明王堂があります。石灯籠一対(平成3年12月18日)。札幌市北区の中屋敷健實奉納。名前が珍しい上に、住所が詳細に刻まれていたのでモザイクを入れさせていただきました。手水石(大正7年4月15日)。御神木。参宮記念碑(昭 ...

十和田市大字沢田字大反。石灯篭一対。狛犬一対。津島神社社殿。やや荒廃しております。虫がいたので棟札等は見ていません。案内板より…『御由緒【津島神社】祭神・須佐之男命、大穴牟遅命。併祭・対馬平次郎景満。古くは牛頭天王社と呼ばれ、疫病災難を除き「無病息災と授 ...

十和田市大字沢田字大反。由緒等は不明です。覆屋があるためか、祠は綺麗です。鳥居も綺麗だったので、修築もしくは塗り直したのかも。沢田八幡宮に隣接しています。すぐ近くの津島神社のように、独立している神社なのか、沢田八幡宮の摂末社なのかもわかりません。ちなみに ...

十和田市大字沢田字大反。参道は稲荷神社横にもあります。こちらは稲荷神社横の参道。正面鳥居。額束「澤田八幡宮」。こちらは正面参道。いずれの参道も両脇に真っ直ぐ伸びる巨木が美しいです。参道石灯篭二対(大正7年9月15日・明治31年旧7月15日)。正面参道の場合は下のよ ...

青森県十和田市滝沢中渡。滝沢地区にある中渡八幡宮は、南部氏の祖の氏神である八幡宮を甲州から遷うつし創建したと伝え、櫛引八幡宮と深い関わりを持っている歴史ある神社。鳥居脇の御神木は中々の大きさです。神社前の風景。美しいですね。両部鳥居。御神木。御神木切株。 ...

十和田市相坂白上。青森県産業技術センター内水面研究所付近。鳥居。故苫米地熊次郎氏頌徳碑(昭和11年5月3日)。碑文…「功勞碑 初代組合長 故苫米地熊次郎氏 藤坂村漁業組合建之」。雨が降っていたので裏面碑文省略。狛犬一対(昭和11年5月3日)。石灯籠一対(平成7年5月3 ...

十和田市相坂白上。青森県産業技術センター内水面研究所付近。白上の湧水周囲は白上名水広場としていくつかの池が造られ、また、周囲を一周できるちょっとした遊歩道もあります。遊歩道の途中に青龍神社が鎮座。鳥居。正面は池です。鳥居から階段を上った先に鎮座しておりま ...

青森県十和田市相坂白上。相坂西端。青森県産業技術センター内水面研究所付近。白上名水広場。白上公園は古くから桜の名所として知られており、牛の主をするという伝説を残す池の水は冷たく清冽で、ひっそりと杉の老樹の影をうつしながら湧き続けています。湧水の周囲は白上 ...

十和田市相坂白上。青森県産業技術センター内水面研究所付近。池?水溜り?社殿。白上稲荷神社参道脇に鎮座。社殿内。由緒等は調べておりません。神前幕は昭和61年12月10日奉納。中央。神鏡に石碑。棟札には「遷座祭 昭和拾参年四月三日 旧三月三日 神職髙木剛 祠主松田孫六 ...

十和田市相坂白上。青森県産業技術センター内水面研究所付近。白上はアイヌ語の「しらうい」で「大きな石のあるところ」、また「しらおい」で「魚がたくさんいるところ」という意味に通じるものがあり、これが地名の源と考えられているそうです。参道。こちらが本来の参道か ...

青森県十和田市大字深持山ノ下。参道入口手前には八代龍神(こうやまき)があります。参道途中の鳥居。熊野神社。棟札には「大正5年9月4日建立、願主中野渡潔九代目、大工田嶋由松。平成5年9月建替、施主中野渡市右衛門十三代目、大工中野渡清喜」とあります。地域性を考える ...

青森県十和田市大字深持山ノ下。梅集落の落人の里の水の東方。小増沢用水近く。小増沢用水については『秋葉山神社 (十和田市深持)』の記事を参照下さい。また、蒼前神社も近くにあり、更には「山乃神々社」という小祠&鳥居もありましたが省略致します。蒼前神社については ...

青森県十和田市大字三本木千歳森。古稲荷神社とも呼ばれているようです。現在の三本木稲荷神社の起源となる神社です。近くには蒼前神社及び七郷稲荷神社(十和田市三本木間遠地)、大清水神社(大清水大明神/十和田市三本木北平)などがあります。土手山のケヤキも近いです ...

十和田市沢田。沢田下平と沢田太田川原の境に鎮座。周囲は広大な田園で、鎮守の杜が一目瞭然。田んぼの畦道を歩いて行きます。遠くから見た時は社殿に見えましたが、本殿覆屋でした。鳥居。参道。御祭神は菅公。由来は詳かではありませんが、畠山の一族が二戸郡の浄法寺の天 ...

青森県十和田市三本木倉手。住所的には三本木矢神になると思います。矢神八幡宮のすぐ近くです。矢神八幡宮の鳥居付近から稲生川方面への坂を登った場所。稲生川沿いから南下して行くこともできます。鳥居。額束には「天巖大明神」。小祠です。一本歯の高下駄を履いた修験者 ...

青森県十和田市三本木矢神。奥入瀬川と稲生川に挟まれた地区。幻の穴堰管理事務所も比較的近いですね。ちなみに鳥居近くの道(下の写真)を上れば倉手天巖大明神という小祠があります。参道石段。石段上の両部鳥居。社殿。立派な社殿です。唐破風懸魚・蟇股。レンズ内部がホ ...

十和田市三本木本金崎。八郷会館の横に鎮座。拓魂。裏面碑文…『昭和21年、軍用地跡に入植いらい今日まで筆舌につくせぬ苦難と斗ひて、困窮に耐えぬき営農の基礎を確立するに至った。ここに困苦の歴史を偲び入植15周年を祈念し此の碑を建立す。昭和36年9月1日発起人代表赤石 ...

十和田市沢田太田川原。奥入瀬川沿い。㈲EM(イーエム)の里の近くです。新田大明神と㈲EM(イーエム)の間にある趣ある家。神社前には牛がいっぱいおりました。鳥居。額束には「新田大明神」。鳥居から社殿の間には綺麗に木が並んでおります。石灯籠一対。社殿。由緒等 ...

十和田市相坂白上。鎮座地はかつての大坂村。相坂村とも書きます。盛岡藩領。五戸通。藤坂村誌によりますと、江戸初期には「北左エ門佐殿知行所大坂六日町」とあり、北家の所領がありましたが、慶安年間頃から苫米地氏が知行を有するようになりました。天明3年の御蔵高は172 ...

十和田市大字沢田和野。国道102号線から生内川沿いを南下します。當所大権現の手前。當所大権現と勘違いして参拝したため詳細は不明です。當所大権現の由緒も不明ですが。手水石。正面から見るとそこそこきちんとした社殿に見えましたが…拝殿内は真っ暗で…そして天井が崩れ ...

↑このページのトップヘ