くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (秋田県)

秋田県大館市比内町中野東長内沢。祠かな。草木が茂り、近寄ることを許しませんでした。三嶽山神社案内板…『文化14年(1817年)の縁起略によれば、仁寿2年(852年)第三代天台座主慈覚大師円仁の開基となっている。言い伝えによると、延享年間(18世紀中頃)6キロ離れた長内 ...

秋田県大館市比内町中野。中野村は鎌倉期から見える郷村名。初見史料は正安3年4月26日。室町期以降は浅利氏領の一拠点。中心集落の背後丘陵上には中世の城館址があります。空濠で区切られた3郭からなる構造を持ち、その1郭を殿館といい、付近には八幡館の小字名も残ります。 ...

秋田県男鹿市野石玉ノ池。男鹿市役所玉ノ池保育園近く。由緒等については調べておりませんが、下記の玉の池開拓之碑の内容を見る限りでは、玉の池地区の守護産土神であると思われ、昭和32年以降の創立と考えられます。鳥居。社殿。拝殿内。神輿がありました。幣殿・本殿覆屋 ...

秋田県湯沢市小野小町。小町園・小町堂の横(西方)。庭園があります。石土神社は庭園の横に鎮座。創立年不詳。安藤砕石店社長である安藤鴻太郎氏が石との関わりや自然の恵みに感謝するため建立。社号標。石灯籠一対(佐藤市兵衛奉納)。恵比寿・大黒天。狛犬一対。中国製石 ...

秋田県湯沢市小野小町。史跡小町塚。小野小町生誕の地と伝えられる里の人々が、小町が愛した芍薬をこの場所に植え、いにしえの小町を偲んでいたことから芍薬塚と呼ばれていましたが、小町を奉る小町堂が建立された頃から小町塚と呼ばれるようになりました。小町堂前にある小 ...

大館市北神明町。北神明町は昭和42年からの町名。元は稲荷中岱、神明堂後、足軽町北。場所は大抵の地図に掲載されているもの、ちょっとわかりにくいです。大館市立第一中学校南西。大館神明社の西。目を凝らすとこの先に鳥居があるのがわかります。よって参道はこのような状 ...

秋田県湯沢市上関鍋ケ沢。彌陀八幡。東鳥海山麓、上関字鍋ケ沢の阿弥陀堂境内にある板碑の紹介です。なお、近くには建武元年碑1基と建武二年碑2基もあります。上関村は江戸期に出羽国雄勝郡のうち。秋田藩領。慶長年間に関村が上関村・下関村に分村したといいますが枝郷名と ...

秋田県大館市八幡沢岱。もしくは谷地町後。ちょうど境目です。私の地図に「金刀比羅神社」「金刀比羅神社会館」と載っていたのですが、金刀比羅神社会館しかありませんでした。ネットで調べると「古池や蛙飛こむ水のおと」の芭蕉句碑もあるそうですが…謎。ということで何も ...

秋田県大館市大茂内諏訪台。※鳥居向っての左の建物は大茂内会館。「浅利則頼侍分限帳写」に浅利家の家老野呂左馬允(佐馬助)は「茂内村居主」と記載。稲荷社・諏訪社・神明社を祀る諏訪台の台地上は居館址あったと見られています。天正11年則頼の子勝頼が秋田勢に謀殺され ...

秋田県湯沢市字内舘山。湯沢城址。善明寺の隣。道路沿いの一角に石塔群があったのですがすべてお墓でした。参道石段。眺望。参道鳥居。境内。雑草が伸びていてあまり整備されていない感じでした。御祭神は多紀理姫命、息長足姫命、本院別命、狭依毘売命。例祭日8月15日。八幡 ...

秋田県湯沢市古館山。中央公園(湯沢城址)内。この一帯は佐竹南家御屋敷跡です。鑑賞池。湯沢尋常高等小学校・湯沢東小学校・湯沢西小学校跡碑。二宮金次郎像。忠魂社(昭和34年11月3日・元第一航空艦隊司令長官寺岡謹平書)。湯沢雄勝戦没者慰霊之碑衆議院議員菅義偉謹書。 ...

秋田県大館市外川原字上屋布。かつての外川原村で、元は小泥(おどろ)村ともいったそうです。枝郷は木越村・鍵掛村の2ヶ村。鎮守は熊野神社。享保5年には栗木沢鉱山が開山され、同7年に閉山。外川原常会住宅案内図。蛍生息地が2か所見えます。今回紹介するのは薬師山麓の熊 ...

秋田県大館市松木。鳥居脇の祠。何でしょうね。観音様か地蔵様か…。巨石。特に何も刻まれていないと思います。たぶん。参道はトンボだらけでした。手水舎。石祠。庚申塔。社号標「村社神明宮」(奉納日露戦役者・明治39年8月16日)。灯籠一対(昭和60年8月・神明社松木氏子 ...

秋田県鹿角市十和田大湯宮野平。黒又山。黒又山(クロマンタ) 山頂に鎮座。由緒書きや調査結果などが数々ありますが、主にクロマンタピラミッド説に関わるものが多いです。入口付近には庚申塔、下部に三猿が彫られている碑、奉修蛇王大権現碑(昭和58年11月6日・願主柳沢悦 ...

秋田県鹿角市十和田大湯狐崎。大湯古館の境くらいに鎮座。ちょっと悩ましいのが鳥居の額束の「木」の字の一部が消えており、「下」にも見えるということ。近くに本宮神社があるので下ノ宮神社なのかなって思いましたが。なお、裏側には「平成29年3月吉日風張自治会」とありま ...

秋田県鹿角市十和田大湯下ノ湯。下から見た薬師神社。下の湯共同浴場前から上ります。途中に相馬大作壮図の碑(別記事)があります。標柱「薬師神社参道入口」より…『下ノ湯は文明年間(1469-87)すでに共同浴場があり、また、幕末には、南部公専用の御留風呂が建っていた。 ...

秋田県鹿角市十和田大湯。ちなみに向かいに「大湯のお社」という神社が鎮座しています(参道入口は県道66号線沿い)。大湯稲荷神社については由緒等を調べておりません。大湯城址及び大湯新城稲荷神社に関連するものかも不明。小祠です。棟札が2枚見え、1枚は稲荷神社の棟札 ...

『大湯城跡(大湯新城稲荷等)』からの続きです。新城・館っこを通り、きよさんの清姫神社へ。入口の鳥居は小祠に対して反対側になります。標柱には特に何も説明がありません。小祠前の鳥居。清姫神社。長慶天皇の御子である寛光親王(※行岳山西光院(青森市浪岡北中野天王 ...

『大湯城跡(大湯新城・鹿角市)』からの続きです。写真では森の中を散策しているように思えるかも知れませんが…実際にそうなんですが…案内板や標柱が多いので、方向音痴の私でも比較的分かりやすい城跡でした。本丸付近の土塁。大手門跡。大湯城大手門跡…『登り口に「枡 ...

秋田県鹿角市十和田大湯和町。大湯城跡。大湯村についてですが、鹿角由来記によりますと「大湯村、大湯左衛門家来領知。本名奈良の惣領也。嫡子四郎左衛門、二男治郎左衛門、三男彦左衛門。右四郎左衛門天正十九年の九戸へ一味仕り、生捕られ、九戸と一処に三迫にて切腹。治 ...

秋田県鹿角市十和田大湯。大湯城址の上館坂と下館坂の間に鎮座。かつての大湯村。戦国期に見える村名。陸奥国鹿角郡のうち。鹿角由来記によりますと「大湯村、大湯左衛門家来領知。本名奈良の惣領也。嫡子四郎左衛門、二男治郎左衛門、三男彦左衛門。右四郎左衛門天正十九年 ...

↑このページのトップヘ