くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (外ヶ浜町)

一の鳥居(両部鳥居)が立派。二の鳥居はシンプル。境内地の横は玉川農村広場になっています。昭和56年度に作られたようです。創建は不詳。貞享4年検地水帳に専太夫抱えの天神社地(16間×8間、4畝8歩)が見えます。宝暦9年神社書上帳にも天神宮が見えます。例祭日3月25日。 ...

稲荷神社の社伝によりますと、今津村は寛文年間に越前国からの移民によって開かれ、その時に稲荷神社も遷座されたといいます。 今津村及び根岸村には福井姓が多いのは、越前福井地方からの来住に関係するものと推測できます。 宝暦9年神社書上帳に稲荷宮が見えます。 ...

外ヶ浜には小さな集落ごとに神社があり、五穀豊穣・航海安全・豊漁などの神を祀っています。 外ヶ浜町蟹田石浜に鎮座する石濱稲荷神社。 例祭日は9月24日。創建不詳。明治6年3月に神仏分離により深泊稲荷神社に合祀されるも同8年2月に復社、同9年12月村社。 「御国道程 ...

天明8年の菅江真澄の『外が浜づたひ』には、「二ツ屋、杉の浦に至る」と見え、『錦の浜』では「こは秋もはや深泊あまの屋のひとつ二屋杉今津く」と詠んでいます。 伊能忠敬の『測量日記』では石浜7軒、深泊16軒、二ツ谷12軒、杉9軒と見えます。また、嘉永3年の松浦武四郎 ...

外ヶ浜町立三厩中学校の近く。 社殿前の風景。 御祭神は保食神。 文政7年の神社書上帳に釜ヶ沢村稲荷堂とあります。創建は文政7年より以前。 社殿内には100点以上の船絵馬があるそう。その絵馬のひとつに「異国船平舘村へ上陸」を描いたものがあります。弘化4 ...

三厩村字梹榔。竜飛の手前。 梹榔沢沿いを歩いて行くと右手に最初の鳥居があります。 国道339号線からはわかりにくい場所です。 石段を上った高台に稲荷神社が鎮座しております。 社殿前の風景。 御祭神は保食神。 この付近ではどの小さい部落も竜神や稲荷を古くか ...

国道339号線を北上すると三厩上宇鉄付近で、右手に三厩老人いこいの家&ゆとりの駐車帯・うてつ保育園。Googleマップではうてつ保育園の場所に「外ヶ浜町役場三厩支所三厩老人いこいの家」と記され、老人いこいの家には卍マークという謎。 で、うてつ保育園の向かいの小高 ...

三厩字水汲沢と三厩上宇鉄の境くらいに鎮座。 御祭神は保食神。 文政7年の神社書上帳には宇鉄村稲荷宮の名が見えます。この後くらいに元宇鉄・上宇鉄と神社が分かれたと思われます。 上宇鉄地区には漁師たちにより弁天様が祀られています。最初弁天宮、稲荷宮の社地を寄 ...

小国村は上小国・中小国・下小国の3か村に分かれています。貞享4年検地水帳によりますと、稲荷社地1反余、観音堂地6畝余、稲荷社地7畝余が見えます。安政2年神社書上帳によりますと、上小国には稲荷宮(末社山神宮)、中小国に賀茂明神宮(末社山神宮)と惣染堂、下小国に住 ...

東津軽郡外ヶ浜町蟹田小国岩井に鎮座する賀茂神社。 社号標。 社号標付近に巨石と石塔が並べられていました。 この巨石が何なのかは不明です。 石塔は社名や猿田彦太神等が彫られているものです。 その内の1つの石塔の裏に不思議な形をした石もありました。 見れば ...

東津軽郡外ヶ浜町蟹田小国谷田に鎮座している住吉神社。 最初の鳥居から社殿は見えず、少し歩くと鎮守の杜が見えます。 参道。 小国村は上小国・中小国・下小国の3か村に分かれています。貞享4年検地水帳によりますと、稲荷社地1反余、観音堂地6畝余、稲荷社地7畝余が見 ...

東津軽郡外ヶ浜町蟹田小国谷田の稲荷神社。松寿寺の裏手、線路沿いに鎮座しています。 社号標。 社号標の裏には昭和7年10月の紀年銘などがありました。 木々に囲まれていますが境内は綺麗ですね。 小国村は上小国・中小国・下小国の3か村に分かれています。貞享4年検 ...

船岡の龍神宮(舟岡竜神)。祭日は4・6・9月の各19日。 社殿内。御神体は蛇の形をした木彫らしいです。 拝殿内の旗竿寄進者御芳名に「久須志神社龍神宮」とありました。 また、昭和58年旧9月19日に新築されています。 海難事故から御守り頂く龍神を祀り、漁師町である ...

船岡村(杉村)の久須志神社。蟹田八幡宮の管理下。外ヶ浜一帯の村人の信仰心が篤い神社です。社号標は紀元2600年記念(昭和15年)。 杉の子わんぱくの森公園の一角に鎮座。 二の鳥居。 三の鳥居。 英霊碑(昭和21年11月3日・船岡娚青年團建立)。 四の鳥居。 参道石 ...

東津軽郡外ヶ浜町蟹田外黒山に鎮座している稲荷神社。外黒山の麓に鎮座しており、こちらは所謂里宮で、外黒山の頂上に奥宮があるそうです。残念ながら登山道はわかりませんでした。でも御神体は里宮にあるそうです。御祭神は保食神。例祭日は10月8日。建立不詳。享保20年再 ...

左の石段がまるで女坂のように見えますが、神社に辿り着かないので注意です(笑) かなり急ですが正面石段を上りましょう。 六条間稲荷神社。三厩六條間鎮座。創建不詳。御祭神は保食神。 貞享4年検地水帳に稲荷社が見えます。文政7年神社書上帳に六丁間稲荷宮が見えます ...

旧三厩村文化財指定「藤の木」一株の標柱。 横には菅江真澄の句があります…「春は咲く花の姿を寄る波に見せてぞかかる浦の藤島」 参道途中に地蔵菩薩の堂宇。 堂内。 地蔵菩薩。 藤の木前の赤い鳥居と木製の鳥居… かと思ったら鳥居ではなく支柱でした! 何かもう… ...

東津軽郡外ヶ浜町蟹田山本紅葉坂に鎮座している稲荷神社。 社号標(昭和35年3月10日)。 貞享4年検地水帳によりますと、山本村に八幡社地、稲荷社地、地蔵堂地が見えます。八幡社地は後の大平八幡宮。稲荷社は当稲荷神社で、明治初期に一時期小国村上小国の小国神社に合祀 ...

外ヶ浜町三厩元宇鉄鎮座。 創建不詳。 保食神。 宝暦9年(1759)神社書上帳に宇鉄村の稲荷宮が見えます。文政7年の神社書上帳には元宇鉄稲荷宮と上宇鉄稲荷宮が並んで記されています。安政2年の神社微細書上帖には元宇鉄村稲荷宮とあります。 文政9年5月、文 ...

龍飛へ。 関連記事:『階段国道の坂 (竜飛岬)』 牧野逸蔵先生胸像。三厩竜飛間の海岸道路の開削工事に努めた方。国道339号線を走っていると現在は使われていない洞門をいくつか目にすると思います。歩いて通行も可能。 太宰治文学碑。 『ここは、本州の袋小路だ。讀者 ...

御祭神は保食神。 稲荷宮・地蔵堂・弁天宮の三社の例大祭として例祭をしていますが、弁天宮は竜浜崎弁財天宮として宝暦10年の社堂惣調書上帳に見えます。 文政7年の神社書上帳では竜浜崎弁天宮と同村稲荷宮が並んで見えます。 ちなみに竜飛と竜浜はいずれもアイヌ語のタ ...

↑このページのトップヘ