くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 遺構・遺跡・痕跡・城址・廃墟・碑等

秋田県湯沢市湯ノ原。市指定史跡。羽州街道を横断して日本海側から太平洋側へ通じる本荘・小安街道(旧小安街道)と称される脇街道に築かれたものです。湯沢市は羽州街道の宿駅だけでなく本荘街道や小安街道の基点としての交通の要所でした。現在の柳町交差点がこれらの街道 ...

青森県八戸市田面木神明沢。国道104号線沿い(国道104号線と八戸三沢線の交差点・田面木交差点)。田面木神明宮の西、八戸市立田面木公民館の東。八戸市立田面木公民館に車を置かせてもらいました。私の地図では「田面木堤」とありましたが、昔から在家堤と呼ぶようです。そ ...

青森県三戸郡五戸町倉石又重舘町。史跡又重城址。五戸川右岸の丘陵地に位置しており、北の水田との比高約40m。代々又重氏の居館。戦国期に五戸郷を支配した木村氏の一族木村秀直が又重に入部して又重氏を称し又重城築城したと推定。九戸の乱において九戸の勧誘を拒否したため ...

青森県平川市唐竹。渾神の清水。以前にも紹介しているので詳細は省略致します。『渾神の清水 (平川市唐竹)』『阿蘇神社 (平川市唐竹)』こちら石碑も以前紹介していますね。薬師如来と大黒様。「霊泉」(昭和57年5月1日(旧4月8日)建立、渓水謹書)。葛西松露句碑「はな ...

三戸郡階上町平内上道。登切小学校跡地。閉校した本校校舎が階上町わっせ交流センターとしてオープンしています。目の前の風景。交流センター内外には随所に元学校であったことを感じさせるものがあります。二宮金次郎像(昭和29年1月1日登切小学校PTA建之)。「学問を以て道 ...

岩手県二戸市金田一上田面。最初「トキメキ」の追分石と読み、ちょっとトキメキました。南無阿弥陀仏六字名号碑。南無阿弥陀佛と刻みます。紀年銘は宝暦2年7月25日。裏には三界萬霊等と刻みます。願主…あれ?追分石!?こちらは享保20年建立。願主。案内板を見ると本来餓死 ...

岩手県二戸市金田一上田面。「トトメキの追分石」のすぐ近くにあります。昭和42年に複線工事しており、その際にお経が書かれている石がたくさん発見され、その後この場所に移設されているそうです。上平の経塚(一石一字経塚)…『河原の小石一つ一つに墨でお経の文字を書い ...

八戸市是川字西母袋子。母袋子峡谷についてですが、新井田川を上流からみると、島守地区から狭く蛇行する渓流に入りますが、ここは昔話の「島守の八郎太郎」に出てくる「島守もっこ」・「母袋子もっこ」と呼ばれる地点。「もっこ」は土などを運ぶ縄を網のように編んで4隅を木 ...

青森県八戸市大字新井田館平。松館川が新井田川に合流する新井田地区の南側高台にある新田城跡に八戸市立新井田小学校の校舎があります。高台南側から校舎にかけては縄文時代早期や後期の遺跡である館平遺跡です。新井田小学校は明治9年10月に対泉院本堂及び衆寮を仮校舎とし ...

青森県八戸市大字新井田館平。新井田の地名の由来として、古い文書に新田、二井田という地名があり、新田を新井田と改めたという説。新田という開墾地の意味ではなく、新井田川流域に面し、大部分が低湿の荒地や谷地であったといいます。他の説としては豪商松橋孫助の家伝の ...

岩手県盛岡市上米内松木平。曹洞宗大吉山松園寺。山門。金剛力士像。石灯籠や歌碑・句碑などがたくさんあります。門の横にあった歌碑は石川啄木「病みてあれば心も弱るらむさまざまの泣きたきことが胸にあつまる」。松園寺にはこのように歌碑がたくさんあります。啄木が多い ...

秋田県男鹿市北浦相川神田。県道55号(入道崎寒風山線)から小増川沿いを日本海側へ北上。大増川と小増川の間に位置し、天然の濠となっております。別名三品館。山城。遺構は曲輪、土塁、堀切、横堀(空堀)。稲荷大明神。「奉納 家内安全 交通安全」とあります。比較的新し ...

青森県弘前市大字小沢井沢。弘前高校野球部練習場。昭和50年1月27日に完成(15,582㎡)。弘前高校の名校長(第22代校長、昭和43年4月-昭和47年3月)として知られる故小田桐孫一(1911-82)先生が野球部員に繰り返し説いた精神「不敗」を刻む記念碑が令和2年7月15日に設置され ...

青森県平川市広船福田。福田の石敢當は広船部落の北端、尾崎からの旧道沿いに安置。標柱もありますし、道沿いなので金森山の石敢當とは違い、比較的簡単に見つけることができます。石敢當(いしがんとう、いしがんどう、せきかんとう、せっかんとう)は、丁字路の突き当りや ...

平川市有形文化財の広船金森山の石敢當。広船金森山中腹にあります。ある資料では「広船部落南西の金森山の麓」、また、「金森山と、金森山の麓の金峰結社という法華寺の中腹」等とあり、探すのに大変苦労しました。別当金森山勧請寺(廣住院・金森山弘舩寺)の跡地と推測さ ...

青森県平川市広船山下。旧広船村西部。広船観音堂の西方。入口には「金森山・南無妙法蓮華経」と刻まれた石碑(昭和38年5月19日・外川繁太郎、笠原政次■建立)がありました。目印はこの石碑になります。詳細な場所についてはネット等でも一切紹介されておらずちょっと大変で ...

青森県八戸市売市馬場河原。売市村が記録の登場するのは江戸時代初期の元和4年で、「売市」「新屋村」「あら屋」とあり、根城南部氏の知行地でした。寛文4年に八戸藩領となり、八戸廻に属します。八戸城下の西端を出て売市堤・沢里堤を越えた街道はあらや(荒谷)の南端で北 ...

秋田県湯沢市上関鍋ケ沢。彌陀八幡。東鳥海山麓、上関字鍋ケ沢の阿弥陀堂境内にある板碑の紹介です。なお、近くには建武元年碑1基と建武二年碑2基もあります。上関村は江戸期に出羽国雄勝郡のうち。秋田藩領。慶長年間に関村が上関村・下関村に分村したといいますが枝郷名と ...

案内図。善光寺から少し離れています。慶次桜…季節的に咲いていませんが。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル慶次清水の場所は山形県米沢市万世町堂森。前田慶次住居跡を通り過ぎると右手に小さな案内板がありますが、車の場合は駐車場がないので、八幡原緑地野球場の駐車場を借り ...

青森県青森市浪岡高屋敷野尻。西に国道7号線、東に大釈迦川。中々広大な駐車場があります。駐車場から全体を見渡せます。「国指定史跡高屋敷館遺跡」標柱(文部科学省指定平成13年1月29日、建立平成30年11月30日)。史跡高屋敷館遺跡…『高屋敷館遺跡は、平安時代の環壕集落 ...

青森県黒石市大字上十川長谷澤二番囲。長谷沢神社方面から行く道と長坂会館付近から行く道(長坂-山派立線)があります。いずれも道は途中で合流します。黒森山(浄仙寺)方面からも行けそうに見えますが行けません。近くには獅子ヶ沢の清水もあります。※写真は道中の岩木山 ...

↑このページのトップヘ