くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (弘前市)

出間館的写真からスタート。何度も紹介しているので最勝院の由緒等詳細は以前の記事なども参照ください。今回は石碑・記念碑メイン。 仁王門前のエドヒガン(保存樹木・平成9年6月23日指定)。 『エドヒガンは、桜の代表的な品種であるソメイヨシノの片親で、シダレザクラ ...

人のいない禅林街を散歩。弘前上空がこんな感じだった日です(写真はイメージ)。見ていましたが写真は撮っていません。 茂森町から茂森町桝形を通り黒門へ向かいます。茂森町桝形前から長勝寺構史跡指定範囲です。茂森町桝形付近には歩兵第三十一聯隊将校集会所や茂森会 ...

宗徳寺の由緒や、石田三成次男の石田重成(杉山源吾)の墓(豊臣成範)などについては以前の記事を参照ください。 以前の記事『太平山 長勝寺 vol.1 ・ 耕春山 宗徳寺 (弘前市)』 関連記事『杉山屋敷跡 (板柳町)』再訪記事『宗徳寺 (弘前市)』 五重塔と稲荷宮(稲荷 ...

弘前市の春といったら… そう!弘前天満宮梅まつりだよね! 社務所前ではお茶や和菓子をいただけますし! 訪れたのは4月22日だったかな。私の記憶に間違いがなければ弘前さくらまつり開会式の翌日。 土塁。 関連記事 『弘前天満宮 (弘前市西茂森)』 『天満宮 (シダ ...

最勝院を訪れた際、意外に知られていなかったこの水屋の蘊蓄を語るのが、私の楽しみの一つだったのですが、残念なことに現在は立派な解説文が設置されています笑 それだけ説明し甲斐のある水屋であるということは、下記でわかるかと思います。 最勝院水屋の解説…『當院の ...

こちらは少し離れた場所(住所は湯口。黒滝と湯口の境。)にあった鳥居。 川沿いに下った場所にあるので、かなり気付きにくい場所です。 野崎観音堂。 御祭神は勢至菩薩。 小祠は不動明王。 文化5年(1808)・文化8年(1811)の庚申塔などもありました。 ...

新寺町をブラブラして弘高前へ。ちなみに弘前では「ひろこう」といえば弘前高校です。校歌でも「ひろこう」と歌詞に出てきますし、弘高ねぷた(ひろこうねぷた)と言いますし、弘高下(ひろこうした)駅もあります。ところが弘前工業高校ができてからは紛らわしくなったため ...

参道及び社号標。社号標紀年銘「明治41年6月15日」。 由緒等は以前の記事も参照ください。 『熊野宮 & 樋の口 (弘前市)』 文明の頃(1469年)如来瀬の地より湯口佐内坂桃村(現常磐坂)に転社し応仁の大乱を承け、久しく類廃し神主も煩心して上都しありしが、津軽藩祖 ...

清々しい天気だったので久渡寺山に登ってきました。 今回のルートは王道のコース(1.5km)です。 もちろん、こどもの森売店にてラーメン&こんにゃくを食べてから向かいます。 正面石段。 石段は登らずに左の学習植物園・ビジターセンターの方へ向かいます。 鳥居 ...

弘前市大沢堂ケ平。以前、桂清水と御茶水を訪れた際の記事を調べてみたら2011年だったので久々の訪問です。今回は桂清水のみ。 堂ケ平桂清水…『鎌倉時代初期、この地方に大きな勢力を誇った熊野系修験の福王寺跡とされているところで、藩政期には金光山市応寺が置かれ一大 ...

八坂神社を訪れる機会があったので境内をブラブラ。 写真はボロ携帯にて失礼。 社号標「八坂大神社」(明治37年6月13日)。よく見たら八坂大神社。何度も訪れているのに新しい発見ってあるものですね。 以前の記事『八坂神社 (弘前市)』再訪の記事『八坂神社の桜 (弘 ...

弘前市南富田町の金山神社。 御祭神は金山比古神、金山比売神。 以前の記事…『金山神社 (弘前市富田町)』 社殿内。以前あった掛け軸と神額がなくなっていました。どこかにあるんでしょうけど。 社号標裏面「昭和18年旧5月12日・三浦寅吉」。 狛犬一対。 三洲豊川 ...

社号標(明治33年4月10日)。 同地区の産土神。 鳥居が新しくなりました。 石灯篭一対。 紀年銘は昭和30年7月10日。 富田稲荷神社の創立年は不詳。本殿奉斎神鏡に安政7年正月吉日と銘記あり、安永以前に勧請された神社と考えられます。 由緒等は以前の記事も参照くだ ...

弘前市五代沼田。旧岩木町。古最勝院の五代(大)尊を安置していたことに因む地名。庄屋紋兵衛書上によりますと、地内に才兵衛地蔵、戦国末期勧請の五大堂、白山堂、蔵王権現堂などが見えます。 五代尊は仏教における信仰対象であり、密教特有の尊格である明王のうち、中心 ...

鎮座地は弘前市中野小三島という場所。西は大三島、東は桜庭狼ノ平、南は中豊田。わかりやすく言えば東目屋ふれあいセンター裏山の中腹に鎮座しています。 神社前まで車で行けるのですが、大変道が細いため、大きな車なら歩いた方が無難です。小さな車でもすれ違うことは不 ...

森山は津軽カントリークラブの横にある小さな山です。小森山(標高325m)と森山(標高403m)がありますが森山の方。 ミズナラ、イタヤカエデなどを主とした夏緑広葉樹林となっており、また、カタクリ、シュンラン、ホタルカズラなどの群落があります。特にカタクリの花を見 ...

県道30号線沿い。追の沢マス釣場の近くです。 土風里の森、百笑宮。Laugh and grow fat! リンゴのオブジェ。 「一願成就」碑。平成18年9月吉日寺島忠義建立。 案内板…『宇宙と地球にルーツを持ち波動のパワーストーンが存在する山、世人の幸福と幸運の願いを叶え導く ...

上弥生と同じく戦後の開拓。第二次世界大戦後、敗戦により食糧増産が急務となり、耕地開拓は国家的事業となり、岩木山麓では杉山、上弥生、羽黒、瑞穂、小森山、平和などの地区が開拓されて開拓集落となりました。つまりその後の創建と考えられます。 弘前市常盤野の瑞穂神 ...

岩谷不動尊・大山祇大神を通り過ぎて、沢田神明宮の前を通って屏風岩(高さ100余りの岸壁が幅600mにわたり屹立するとともに、学術的にも価値の高い北地系の植物が生育し、すぐれた自然環境と景観を形成。)を横目に進みますと相馬ダムに着きます。 相馬ダム周辺にはみずべ ...

住吉町会にある住吉身代地蔵尊。隣には公民館。 高杉村は大道筋の西浜街道沿いに集落が発達し、昔から交通の要地でした。慶安2年道筋帳によりますと弘前城から1里半で弘前城下のすぐ次の宿継場であり、十腰内村まで3里。また、脇道として三世寺村から当村を抜けて八幡村へ ...

弘前市高杉牧野に鎮座。 赤倉信仰については説明を省略します。 関連記事 『赤倉霊場・赤倉山神社(弘前市百沢東岩木山) ~ 其之壱』 『赤倉山神 (弘前市種市)』 『津軽赤倉山神社 (つがる市稲垣町繁田)』 『真言宗 赤倉山 金剛寺 (鶴亀石・カサメヤ遺跡 / 平川市 ...

↑このページのトップヘ