くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (弘前市)

青森県弘前市大沢西前田。アップルロード沿い。大沢はかつての石川村(石川町)の一部。木々に囲まれております。社殿。向拝。社殿内。由緒等はわかりません。御祭神は建御名方神かと思います。  ...

以前の記事もご参照ください。以前の記事『小栗山神社 (弘前市)』石灯籠の紀年銘は昭和20年旧8月17日。社号標の紀年銘は大正10年8月17日(石川村大字八幡館、阿保萬吉敬白)。旧大鳥居。大鳥居寄附人名碑(昭和20年8月17日建立)。参道途中の鳥居と社号標「郷社小栗山神社 ...

2020年4月18日、33年に1度の本尊聖観世音菩薩ご開帳は関係者のみで行われました。併せて、修復が終わった円山応挙の幽霊画「反魂香之図」の魂入れも実施。当初予定されていた一般公開は2021年に延期。新型コロナウイルスの影響です。参加された関係者により、新型コロナウイ ...

由緒等は以前の記事もご参照下さい。『白山姫神社 (弘前市鳥井野)』『白山姫神社(弘前市鳥井野):鬼コ』白山姫神社…『白山系の神社は祭神が白山比咩命であるが、のちに加賀の白山が修験道の霊場とされて、修験僧の入山が盛んになった頃より、菊理媛命・伊邪那岐命・伊邪 ...

ここは私が鳥居の鬼コの虜になったきっかけの神社なので、稲垣町の二柱神社(鬼コを救出した神社)と同じくらい思い入れが強いです。一瞬で私を虜にしたほどの個性的な鬼コがいるわけですが、今回は特別なものをお見せいたしますよ!!社殿前石灯篭一対(明治16年)。社殿前 ...

『岩木山(8-9合目)鳥海山』、『岩木山山頂』からの続きです。標高1,625m。岩木山は津軽国定公園にあり、「津軽富士」と呼ばれ、また青森県で一番高い山として古くから人々に親しまれてきました。この日は快晴でしたが眺望はありませんでした。雲一つない快晴といえども山頂 ...

弘前市大字常盤野上黒沢。津軽岩木スカイライン入口付近。まず常盤野村についてです。江戸期には津軽郡鼻和庄のうち。弘前藩領。村高は「天保郷帳」では改称前の村名である枯木平村と見え81石余、「旧高旧領」9石余、駒越組に属しました。天保12年-文久2年の間、士族中村茂助 ...

青森県弘前市大字百沢字山田。岩木山総合公園・津軽カントリークラブ百沢コースの南。さて、弘前市街地から岩木山神社や嶽方面に向かうにはいくつもの経路があります。私も嶽きみシーズンやお山参詣などの時は大変混み合うので、東目屋・西目屋方面から農道などを使っていき ...

青森県弘前市大字新寺町。行岳山金光院西光寺。由緒等については以前の記事を参照下さい。『天徳寺 ・ 西光寺 ・ 西福寺 ・ 徳増寺 (貞昌寺境内塔頭・弘前市新寺町)』『金光上人墳墓 (青森市浪岡大字北中野天王)』『阿弥陀川 & 稲荷神社 (東津軽郡蓬田村)』『浄土宗 ...

青森県弘前市大字高岡神馬野。隣接する「高岡の森 弘前藩歴史館」(休館日:毎月第3月曜日(その日が祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月29日-1月3日)、展示替え期間中は臨時休館)の住所は弘前市大字高岡字獅子沢。弘前藩4代藩主津軽信政を祭る高照神社には、信政の遺品 ...

弘前市水木在家字岩浪沢。旧中津軽郡相馬村。当記事で紹介する場所は推定です。皆様からの情報を得るべく『見つけることができない青森県内の神社』という記事にて情報を募ったものの結局わかりませんでした。私が数年前に頂いた情報としては、「通称田中山と呼ばれている」 ...

青森県弘前市大字新寺町。浄土宗月窓山栄源院貞昌寺。為信が母の菩提寺として大光寺に創建し、後に新寺町に移りました。由緒等については以前の記事を参照下さい。以前の記事『月窓山 栄源院 貞昌寺 (弘前市新寺町)』月窓山貞昌寺には三成の三女辰姫(大舘御前)の墓があり ...

禅林街の下寺、耕春院構えの奥に位置する耕春山宗徳寺。曹洞宗。御本尊釈迦如来。江戸時代は耕春院と称しました。津軽為信公が慶長2年に津軽を統一し、高岡(寛永5年に弘前と改称)に町割を実施。二代信枚公が慶長15年に高岡城築城とともに領内神社仏閣の移転を命じて、翌16 ...

※日程が変更になる場合あり ※数字は出店予定数 ※通常の夏祭り等は未掲載 5/21 山観普門院(西茂森)50 6/7  薬王院(笹森町)30 6/9  稲荷神社(和徳町)60 6/11 金山神社(富田町)60 6/14 護穀神社(住吉町)15 6/15 神明宮(小人町)50 6/18 誓願寺・専求院( ...

大通り沿いにあり、宵宮も中々の賑いを見せながらも、神社の場所がわかりにくい金山神社。参道入口は富田町で、社殿は南富田町に位置します。 そんな金山神社ですが、参道沿いの建物が無くなって神社が見えていました。 もしかしたら今しか見られない光景かも知れないの ...

南大町と取上の中間に位置します。南大町は昭和41年からの町であり、昭和58年からは1丁目と2丁目があり、元は外﨑の一部。昭和58年に一部が大町1丁目、表町となり、残部と弘前市外崎、取上、新楮町、楮町、松森町、富田町の各一部で1丁目2丁目を起立。 菅原冷蔵庫前にある ...

何度か紹介していますので由緒等は下記のリンクを参照ください。 松尾神社横の稲荷神社社殿と鎮守の杜が無くなったので、かなりすっきりしています。 以前は鬱蒼としておりました。 まるで別の神社のようです。 何ができるんだろう。 何度も訪れていますが、あれから住 ...

弘前市撫牛子。撫牛子村は弘前城下から浪岡村・油川村を経て青森町へ至る羽州街道沿いに発達した村。県外の方は「撫牛子」が読めないと思います。「ないじょうし」と読みます。「子牛を撫でる」と読めることから様々な想像ができる地名ですが、残念ながらその由来はわかって ...

出間館的写真からスタート。何度も紹介しているので最勝院の由緒等詳細は以前の記事なども参照ください。今回は石碑・記念碑メイン。 仁王門前のエドヒガン(保存樹木・平成9年6月23日指定)。 『エドヒガンは、桜の代表的な品種であるソメイヨシノの片親で、シダレザクラ ...

人のいない禅林街を散歩。弘前上空がこんな感じだった日です(写真はイメージ)。見ていましたが写真は撮っていません。 茂森町から茂森町桝形を通り黒門へ向かいます。茂森町桝形前から長勝寺構史跡指定範囲です。茂森町桝形付近には歩兵第三十一聯隊将校集会所や茂森会 ...

↑このページのトップヘ