1
三戸郡南部町大向飛鳥。南部町立向小学校の西方。
2
江戸期以降の大向村についてです。三戸郡のうち。盛岡藩領。三戸通に属します。村高は「正保郷村帳」139石余(田39石余・畑99石余)、「貞享高辻帳」174石余、「邦内郷村志」207石余(うち給地197石余)、「天保郷帳」975石余、「天保8年御蔵給所書上帳」210石余(御蔵高32石余・御免地高3石余・給所高175石余)、「安政高辻帳」782石余、「旧高旧領」233石余。「仮名付帳」には枝村として赤石村・沖田面付が記されていますが、「邦内郷村志」「旧高旧領」ではそれぞれ独立した村とされています。「邦内郷村志」では家数84。集落別内訳は大向75・長谷6・小浪田3、馬77。「本枝村付並位付」によりますと位付は上の上、家数78、集落別内訳は本村74・長谷4。名久井岳の北東麓一帯に藩営牧の住谷野が設けられ、当村の東には木戸口がありました。集落の中央に長谷山神社があり、御祭神は伊佐那岐命で旧村社。沖田面村東光院の隣には天狗杉があります。明治元年弘前藩取締、以後黒羽藩取締、九戸県、八戸県、三戸県、斗南藩、斗南県、弘前県を経て、同4年青森県所属。明治初年の家数は本村101・長谷6、地味は中の中、田は稀少、茄瓜・果樹を栽培するといいます。明治12年の「井武政表」によりますと、戸数110・人口609(男326・女283)、学校1、馬115、物産は米・麦・雑穀・麻糸・蔬菜。明治10年大向小学が開校し、同12年の児童は男43。同年三戸~向間に住谷橋が完成。同22年向村の大字となります。
3
手水石。
4
4.5
狛犬一対(昭和58年8月15日建立、氏子一同)
5
5.5
社殿。
6
御祭神は伊邪那岐尊。例祭日8月16日。旧村社。
7
境内地110坪、本殿1坪、拝殿15坪。
8
元々は弥陀八幡を称しており、村内の氏神として崇敬されてきました。
9
明治14年頃に長谷山神社と改称しています。
10
天神堂。この堂は、谷内淳一氏の宅地にあったものですが、向小学校拡張改築のため、昭和40年に長谷山神社敷地に移転されました。平成23年5月、横田勇吉大工のご好意により新築建立。
11
阿彌陀堂。
12
御祭神阿彌陀如来、薬師如来。
13
山神。注連縄で見えませんが「三山釜山」と見えるような…その他読み取れず。
14
御神木。
15
御神木の根元。
16
石殿と石塔があります。石殿の中に御祭神名と紀年銘が見えますね…すいません、ちゃんと見ませんでした。
17
そして石塔の方はよく見えず。
18
寄附者芳名碑。
19
「寛成天皇 正平十三年六月十三日 明治廿三年旧六月十五日佐藤春梠 従三位勲五等子爵富小路敬直 正四位勲四等子爵東園基愛 金壹圓 青森縣令 山田秀典 金五拾銭 栃木縣 藤田市郎」※寛成天皇=長慶天皇
20
廿三夜塔
21
古峯神社(明治33年旧12月15日)※講中名省略
22
22.5
台座…「講中 留目儀兵衛、留目忠男、留目治三郎、留目豊、工藤清造、留目勇太郎、工藤新作、山崎末次郎、工藤義美、工藤友兄、松尾壽、工藤幸吉、谷内正雄 昭和54年6月吉日再建」
23
庚申塔(弘化2年4月吉日當邑若者中)
24
聖徳太子(凌雲書)
25
裏面(1324年、創立記念講中、賛成者、特志者)※氏名は省略
26
こちらは不明。金精様のようにも見えますが。注連縄が巻かれています。
27
十和田山(嘉永2年4月■8日村中)
28
神社の脇、すぐ近くにあった水。生活用水として使われているような感じ。
29
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ