1
北秋田市下杉字小堤。下杉は阿仁川下流域の右岸部に位置。北方に広がる大野台台地の南縁部に中心集落が発達。地名は杉宮という古堂から杉宮の地名が生じ、やがて地形を受けて、阿仁川上流方が上杉宮、下流方が下杉宮となり、のち宮の字を省略したことによります。戦国期は下杉宮村。はじめ陸奥国管内。秋田氏領となり、出羽国秋田郡に所属。天正19年正月17日、豊臣秀吉が秋田実季の当知行を安堵した朱印状写に、下杉宮村81石余と記載。中世期ではこれが唯一の所見史料です。阿仁地方の村々を記した中に記載されているので、当村も同様であり、近世の下杉村に継承された村と比定。江戸期以降は下杉村。出羽国秋田郡南比内のうち。秋田藩領。当初は上杉村の枝郷扱いとなり、「正保国絵図」では郷形のみを図示。延宝2年頃に下杉新田村として上杉村より独立。「元禄7郡絵図」に下杉新田村255石余と図示。道城村の三ケ村堰からの導水を主要水源として、阿仁川氾濫原の起返しに成功を収めたことによると推測。独立当時の延宝年間から幕末まで桜井家が肝煎を世襲的に勤めたと伝えられ、開発の中心に同家が存在したと推定。宝永2年郡村改めの際に新田の字をとり下杉村となり、同年の黒印御定書では村高357石余・当高259石余と認定。「享保黒印高帳」では村高400石余・当高278石余(うち本田234・本田並13・新田31)、「寛政村附帳」で当高292石余(うち蔵分288・給分4)。本田が多い割に年貢率41%と藩平均をかなり下回り、阿仁川洪水と用水不足に悩まされた事情を反映しています。「天保郷帳」は278石余。戸数は「享保郡邑記」で66軒、「秋田風土記」で110軒。村鎮守八幡社のほか修験福寿院があります。元禄8年から文政7年まで当村肝煎が西接の川井村肝煎も兼帯(松岡家文書・桜庭家系図)。親郷不設置の大阿仁下郷中の1村として年行事が郷用を勤めました。正徳2年当村の清水沢が御札山の指定を受け、当村は上杉村の大野台に草飼入会。漆植林が盛んな地域です。明治22年北秋田郡大野村の大字。
2
社号標(株式會社佐藤庫組、1995年9月15日奉納)
3
手水舎。
4
両部鳥居。
5
参道石段。
6
狛犬一対(昭和19年9月15日建設、発起人齋藤助松、賛成者庄司吉松、高橋鶴松、櫻井庄助、櫻井平治ほか省略)
7
7.5
長床。
8
社殿。
9
石灯籠一対。
10
10.5
御祭神は多紀理比売命、応神天皇、狭依毘売命、宇迦能御魂命、多岐都比売命、豊受大神。例祭日9月15日。特殊神事として全戸門祓神事があります。
11
創立年代不詳。明治6年村社。明治43年、下杉字家ノ下谷地稲荷神社、下杉字大野堂ノ上相善神社を八幡神社に合併。現神社は旧下小阿仁村鎌の沢神社。昭和の初め屋根をトタンに葺き替え昭和35年長床を新築。昭和55年幣殿を増改築。平成6年、社殿(本殿、幣殿、拝殿及境内地)全面移転改築工事、長床移転改築。
12
蟇股。
13
愛嬌のある木鼻。
14
14.5
神額「八幡宮」
15
八幡神社改築記念碑…『町道大野台線の改良工事に伴う神社の移転は氏子一同の総意を結集してこの地にあらためて改装を整え遷座するに至った。ここに部落民萬世のの平安を祈願し記念としてこの碑を建立する。平成七年九月十五日宮司鈴木正幸※神社建設委員名等省略』
16
境内神社。神社庁によりますと境内神社として相染神社と稲荷神社があります。
17
御神馬。
18
相染神社かな。
19
19.5
稲荷神社。
20
こちらは山神っぽい気もしますが不明。
21
21.5
更に建物が2棟。
22
向って右の建物には地蔵菩薩と小祠が2つ。詳しく見ていないため何かはわからず。
23
こちらの建物は…
24
こんな感じです。面白いですね。
25
ちゃんと説明もありました。
26
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ