1
秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山杉沢。曹洞宗藤鉱山曹源院。
2
2.5
「歩いて探そう、明治浪漫、小坂町散策マップ」という手作り感満載のマップを見ながら、少し散策し、花園館や第三分団消防署、小坂館(鶴城)跡、分銅場(レンガ造りの現役工場)などを見た後に、曹源院裏手にある小坂環状列石墳墓(ストーンサークル)を目指しました。
3
3.1
3.2
3.3
3.4
明治38年(1905)に瀧澤山鏡得寺(小坂町小坂下小坂・鹿角三十三番観音霊場27番札所・慶長15年開山)寺の沢出張所(曹源院の前身)建立。
4
4.2
4.4
4.8
鏡得寺の木造阿弥陀三尊像が曹源院にありますが、これは文政12年(1829)9月、仏師福本新蔵が制作し、小坂村の一か寺であった鏡得寺に安置され、明治維新後の廃仏毀釈により鉱山山神社別当宅に保管された後、明治39年(1906)に鉱山労働者の霊を祀る納骨堂(鏡得寺出張所、後に別院。)として創建された現在の曹源院に移してその御本尊として祀ったものです(現在の御本尊は釈迦三尊像)。
5
木造阿弥陀三尊像(小坂町指定有形文化財)は、全体としては素朴ですが、彫刻は精緻であり、参拝者が像を見上げた際に最も美しい姿に見えるよう工夫されています。制作者である福本新蔵は、現在の鹿角市毛馬内に生まれ、後に濁川村(現小坂町)に移住し桶屋を開業して、仏師(彫物師)としても活躍した人物。現在の鹿角市大湯大円寺欄間に施された精緻な昇龍の彫刻も新蔵の作として知られています。
6
ちなみにこの曹源院の裏手の台地上に、町指定史跡「小坂環状列石墳墓」(縄文時代後期)があります。道は本堂向って右手にありました。元々ここを目指して来たはずなのに…疲れていた上に、熊注意の看板にびびり行っておりません(*^^*)
7
水子観音。
8
六地蔵。
9
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ