1
秋田県秋田市寺内神屋敷。勅使館跡入口、少林山西来院の近くです。
2
史蹟秋田城跡周辺案内図…『○秋田城跡とは…秋田城は奈良時代から平安時代にかけて東北地方の日本海側(出羽国)に置かれた大規模な地方官庁で、政治・軍事・文化の中心地でした。蝦夷の人々が暮らしていた東北各地に、同じように造られた律令国家の地方官庁の遺跡は「城柵官衙遺跡」と呼ばれており、秋田城はその中で最も北に位置しています。天平5年(733)に、秋田村高清水岡に遷された当初は「出羽柵」(いではのき)と呼ばれ、天平宝字4年(760)ごろに秋田城と呼ばれるようになりました。奈良時代には出羽国の政治を行う「国府」が置かれ、また津軽(青森)・渡嶋(北海道)のほか、大陸の渤海国(中国東北部)など対北方交易・交流の拠点としても重要な役割を果たしていたと考えられています。昭和14年には遺跡の重要性が認められ、国の史跡に指定されています。現在は893,733㎡が指定された範囲となっています。○寺内地区の文化財…秋田城のある寺内地区には、様々な文化財が数多くあります。「寺内」の地名は、かつてこの周辺に寺院が多くあり、その内側にあったことから、その名が付いたといわれています。また、丘陵地でありながら清水が湧くため、続日本紀の頃から現在に至るまで「高清水岡(丘)」と呼ばれています。また、秋田城の時代にさかのぼるような伝承をもつ「高清水霊水」、「古四王神社」、推定樹齢1,200年の「旭さし木」。かつて高価な香木でつくられていたという伝承をもつ「伽羅橋」、江戸時代の紀行家「菅江真澄」が眠る墓など、みどころいっぱいです。古代秋田城だけでなく、少し足をのばして寺内地区の文化財を散策してみませんか。』
3
史蹟秋田城跡周辺案内図及びパンフレットの地図。
4
4.5
根笹山古墳…『根笹山に龍神堂あり石龍神社と呼んでいる。この龍神堂は那珂惣達が六郡の水難を治めた功績があったが上洛の途中瀬田の龍神に本国の水難除けを折ること四回に及んだ。享保6年(1731)湯沢で石龍を得、官に請うてこの地に祭ったのが始まりといわれている祠は古墳の石棺を利用したものとの説がある。』
5
石段を登ります。
6
遺跡名:根笹山遺跡。種別:古墳擬定地。高清水丘陵の南部寺内神屋敷地内の石龍神社が所在する台地上。径6m程、高さ2mの円墳状の高まり。
7
石龍神社社殿。
8
拝殿内。
9
パンフレットより…『久保田藩の治水事業の責任者で、奥六群(現在の東北地方太平洋側)の水難を治めて功績があった那珂惣助は、都に行く途中、瀬田(大津)の龍神に4度にわたって本国の水難除けをお祈りしました。享保16年(1731)、惣助が藩に願って湯沢で手にした石龍をこの地に祀ったのが神社の始まりとされています。神社の付近一帯は根笹山古墳と呼ばれていますが詳細は不明です。また、祠は古墳の石棺を利用したものだという説もありますが、定かではありません。』
10
灯籠一基。
11
あちらの建物は近付けません。
12
巨木。
13
保存樹とだけ見えました。
14
ケヤキですね。
15
石龍神社を後にして、勅使館跡入口へ。
16
標柱より…『この坂道を100米程上り、右側に入った台地周辺を勅使館跡といっている。奈良時代朝廷から派遣された勅使が、この地に館を構築して地方を治められた。神のお告げ物語りや朝日、夕日長者など豊富な伝統ロマンがある。』
17
この坂道を100m程上って、右側の台地に入ればいいらしいです。
18
少しだけ上りましたが…
19
19.5
暑さに負けて途中で戻ってきました笑
20
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ