1
岩手県二戸市石切所枋ノ木。枋ノ木(こぶのき)神社。長福寺と入口が一緒です。枋ノ木神社のすぐ先に曹洞宗長福寺(石切所小学校開校之地)があります。
2
小さな神社ですが、枋ノ木神社金勢様祭は大変有名です。
3
ちなみに枋ノ木神社金勢様祭は下ネタ満載(特に行燈の川柳や、販売されている商品は中々ストレートな下ネタです)の奇祭なので(神聖な祭りなんでしょうけど)、お年頃の子どもと行くには覚悟が必要です。
4
4.5
私は紹介しないので、実際にお祭りに行くか、ネット等で検索してください。岩手県民は慣れてるんでしょうね。なかなか楽しそうなお祭りですよ笑
5
枋ノ木神社と金比羅碑…『昭和6年(1931)の東北大飢饉の折り、帝国政府より「農家救済補助金」が支出されたのに伴い、当時石切所村長新田六助氏の発案により、「共同作業所設置条例」が制定されました。枋ノ木地区では、養蚕組合が建設資金の寄附を募り、青年団に委託して作業に取りかかりましたが剰余金がでたため、以前よりこの地に鎮座している「金勢大明神」を祀る祠を建立したのがこの神社の始まりです。金勢大明神は、玉山村巻堀に鎮座している金勢神社から御分神を持ち帰り、病気平癒・家内安全のため奉斉したと伝えられるもので、「子宝の神様」としても広く信仰を集めています。また、隣接して、戸来家の氏神様である嘉永7年(1854)建立の金比羅碑が祀られています。碑には「金比羅山大山祇命」と刻まれ、航海守護の神として崇敬される他、五穀豊穣・商売繁盛・家内安全・疫病退散に御利益があると云われています。』
6
社殿向拝神額「金勢大明神」。
7
社殿内。
8
金勢様が輝いております。
9
手水石。
10
石祠・手水石・壊れている石灯籠など。
11
11.5
石碑。
12
由緒にもある「金比羅山大山祇命」です。
13
ちなみに枋ノ木神社は二戸駅のすぐ近くに鎮座しております。
14
東北新幹線も通るので立派な駅ですね。
15
15.4
15.6
15.8
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ