1
大物忌神社一ノ鳥居 ・ 大泉坊長屋門(遊佐町)』からの続きです。今回は二之鳥居からの紹介です。
2
鳥海山大物忌神社(蕨岡口之宮)の鎮座地は山形県飽海郡遊佐町上蕨岡松ケ岡。宿坊集落の面影を残している上蕨岡地区(通称上寺)の中央になります。
3
江戸期からの蕨岡上寺村についてです。庄内地方、庄内平野北部、日向川右岸に位置。地名の由来は鳥海山蕨岡修験の坊が多く、丘陵上にある寺という意によります。飽海郡のうち。庄内藩領。遊佐郷。寛永元年の庄内検地高辻には見えず、これより以前に蕨岡村から分村。村高は「天保郷帳」166石余、「旧高旧領」306石余。明暦2年の検毛帳(飽海郡誌)では144石余。幕末期の「荘内要覧」によりますと村高162石余、免6ツ5分、家数43軒。村高のうち新田が18石余、新田免4ツ4分。鳥海山竜頭寺は醍醐寺三宝院末寺で松岳山観音寺と称し、例年郡中村々には護符をだし、宝永3年には本山常法談林所寺格となリました。明治3年の神仏分離により、別当は学頭職をやめ真言宗を相続。同寺境内には観音堂があり、十一面観音を本尊とし、上寺33坊は観音堂の別当衆徒の坊宿をつとめました。大物忌神社は倉稲魂命を祀り、鳥海山頂にある大物忌神社を本社とする拝殿であり、慶長年間には最上氏、元和年間には庄内藩の神領寄進がありました。同社は元文年間には桜町天皇から正一位の神階位と勅額を受け、江戸期は鳥海山への参詣者で賑わい、境内には正徳年間の板石塔婆や鳥海山参拝碑、天明2年の石灯籠があります。また、村内の坂ノ下の石鳥居は文化11年の建立。荘照稲荷神社は弘化3年に佐藤藤佐が庄内藩の長岡転封阻止のために尽力した江戸町奉行矢部駿河守の霊を祀るために建立したもの。明治初年上蕨岡村と改称。
4
制札。
5
社号標「国幣中社大物忌神社」
6
出羽國一之宮鳥海山大物忌神社由緒(略誌)…『【御祭神】大物忌神(倉稲魂命・豊受姫神と同神)【由緒】社殿によれば、第十二代景行天皇の御代当国に現れ、神社の創祀は第二十九代欽明天皇25年(564)の御代と伝えられている。鳥海山は活火山で、噴火などの異変が起こると朝廷から奉幣があり鎮祭が行われた。本殿は山頂に鎮座し、麓に「口ノ宮」と呼ばれる里宮が蕨岡と吹浦の二ヶ所に鎮座する。大物忌神社は貞観4年(862)11月官社に列し、延喜式神名帳には名神大社として、吹浦鎮座の月山神社と共に収載されている。後に出羽国一之宮となり、朝野の崇敬を集めた。特に歴代天皇の崇敬篤く、八幡太郎義家の戦勝祈願、北畠顕信の土地寄進、鎌倉幕府や庄内藩主の社殿之の造修など時々の武将にも篤く崇敬されてきた。中世、神仏混淆以来、鳥海山大権現どして社僧の奉仕するところとなったが、明治3年(1870)神仏分離に際し旧に復して大物忌神社となり、明治4年(1871)5月吹浦口ノ宮が国幣中社に列したが、同13年(1880)7月に山頂本殿を国幣中社に改め、同14年(1881)に蕨岡・吹浦の社殿をロノ宮と称えて、隔年の官祭執行の制を定めた。昭和30年(1955)に三社を総称して現社号となる。山頂の御本殿は、伊勢の神宮と同じく20年毎に建て替える式年造営の制となっている。現在の御本殿は平成9年(1997)に造営された。平成19年(2007)当神社の社殿及び随神門・神楽殿が国の登録有形文化財に指定され、平成20年(2008)には、山頂本殿から口ノ宮にいたる、広範な境内が、国の史跡に指定された。【主な祭日(蕨岡口之宮)】1月7日御種蒔神事、5月3日例大祭・蕨丘延年舞奉納、6月25日五穀豊穣祈願祭・稲荷神社祭、10月2日荘照居成神社祭、11月12日新嘗祭。平成23年3月吉日復元、NPO法人遊佐鳥海観光協会』
7
石灯籠一対。
8
8.5
「本間與治右衛門 宿坊 西之坊」
9
鳥海山大物忌神社蕨岡口ノ宮随神門。
10
10.5
随身門(かつての仁王門)は江戸時代後期に建築された三間一戸八脚門。本殿と同じく切妻造銅版葺。軒は垂木が2段で垂木と垂木の間が垂木の幅と同じ二軒繁垂木。妻は二重虹梁大瓶束。伝統的な手法で手堅くまとめられた端正な八脚門です。
11
扁額。
12
随神像。
13
13.5
随神門の先。
14
手水舎。
15
手水石。
16
宝篋印塔。
17
17.4
17.8
宝篋印塔(遊佐町指定有形文化財)「寛政12(1800)申年閏4月日」建立(平成18年3月30日指定)…『本塔は、酒田の豪商本間家第三代、中興の祖ともいわれた本間四郎三郎光丘寄進による逆修の宝篋印塔である。「逆修」とは、生前に石塔等を建てる事により、死後の極楽往生を願うもので、建立は光丘69歳、亡くなる一年前のことであった。「一切如来心秘密全身舎利宝篋印陀羅尼経」を納める供養塔を「宝篋印塔」といい、石造の塔は、鎌倉中期から造立された。形態的には基壇上に、基礎・塔身・笠・相輪を積上げ、笠部には段型と馬耳突起(隅飾突起)とを備えている。塔身の四面に梵字を彫る。本塔は、中央に真言密教の中心仏「大日如来」の種子「バン」を配した「金剛界五仏(五智如来)」が彫込まれている。本塔は、総高5m12cmにもなる。威風堂々たるもので、本間家の財力と、鳥海信仰の篤さが推し量れる。』
18
18.5
本間光丘君功績碑(山口彦緫敬書)。
19
本間光丘についてはWikipediaか何かでどうぞ。
20
智性院壽碑。酒田今町、俗名齋藤三之助。
21
施主酒田町荒木彦助。明治40年7月15日建之。
22
裏側から随身門と手水舎。
23
随身門。
24
24.5
社務所。
25
25.5
社務所前にあった鬼瓦。
26
斎館前。
27
朱塗りの神楽殿。5月3日の例大祭(大御幣祭)では山伏の修行・通過儀礼と一体を成す芸能である蕨岡延年(山形県指定無形民俗文化財)が奉納されます。
28
江戸時代後期に鐘楼として建築され、神仏分離の際に神楽殿に改められました。
29
29.5
入母屋造鉄板葺。軒は一軒繁垂木。高欄付の板床。建築面積14㎡
30
石灯籠。
31
31.5
鳥海山大物忌神社蕨岡ロノ宮境内(平成20年3月28日指定)…『鳥海山は、その雄姿と度重なる火山活動から、不安定な治安と相まって古代から神階奉授が繰返され、大物忌神として崇敬されてきた信仰の山である。中世には修験道の霊場としてその地位を確たるものとした。近世になって、鳥海山を取巻く各地には、修験衆徒がそれぞれ活動拠点を設け、霊峰への登拝ロとした。なかでも蕨岡の衆徒は、龍頭寺を学頭として、鳥海山表ロ、順峯・蕨岡三十三坊と称して、登拝ロの中でも最も強大な勢力を誇った。本境内は、「大泉坊長屋門」(国登録有形文化財)など、宿坊集落の面影を残す上蕨岡地区(通称「上寺」)のほぼ中央に位置する。庄内藩主酒井忠器公の寄進による「出羽一之宮」の扁額のかかる随神門(かっての仁王門)を潜ると、右手に朱塗りの神楽殿が見えてくる。神楽殿では、5月3日の例大祭(「大御幣祭」)にあたり、山伏の修行・通過儀礼と一体を成す芸能である「蕨岡延年」(山形県指定無形民俗文化財)が奉納されている。さらに、参道を進むと、三の鳥居を経て、広い前庭をおいて、本殿が南面して建っている。かつての蕨岡ロの隆盛のありさまが偲ばれる豪壮な社殿である。この他、境内には、酒田の豪商本間光丘寄進の宝篋印塔(遊佐町指定有形文化財)や天保年間の三方領地替騒動に関わる矢部駿河守定謙を祀る末社荘照居成神社(遊佐町指定有形文化財)があるほか、約400段ある石階を上った、松岳山中腹には、峯中修行の記念碑である「峯中碑伝」や、海抜150m程の低地に奇跡的に残されたブナ自然林(遊佐町指定天然記念物)がある。本史跡は、鳥海山の信仰、文化遺産を代表するものである。遊佐町教育委員会』
32
境内案内図。
33
参道石段。
34
参道石段から本殿側の石垣。
35
石灯籠一対(寛政8年辰3月日)
36
36.5
石灯籠一対。
37
37.5
天明6丙午年9月8日、出羽國由利郡本庄城主藤原朝臣政武。
38
38.5
こちらは何かの礎石でしょうか。
39
神庫2棟。
40
40.4
40.8
位置的には龍頭寺開山堂付近。
41
三ノ鳥居。
42
ようやく本殿前…
43
ですが、長くなりましたので『鳥海山大物忌神社蕨岡口之宮~其之弐』へ続く
44
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ