1
山形県飽海郡遊佐町大蕨岡村前。大物忌神社一ノ鳥居前石段と石灯籠。
2
一ノ鳥居。W坂と呼ばれる車道が造られる前はここから499段の石段を経て上寺に至りました。
3
現在は二ノ鳥居前まで車で行くことが可能です。
4
まったく先が見えません。
5
途中にあった門の建物。宿坊の遺構かな?と思いましたが、きちんと見ていないので何かは不明。
6
鳥居を振り返るの図。
7
脇道のようなところもありましたが未確認です。
8
8.5
結構足にくる!
9
途中の横道へ少し逸れてみたらW坂の途中でした。
10
石段は続きます。
11
参道を振り返るの図。
12
ようやく石段の上に辿り着きました。
13
上寺の大欅が正面に見えます。
14
ここで道路を渡ります。
15
郷土が誇る上寺三十三坊「大泉坊長屋門」案内板(平成16年6月9日国登録有形文化財)。
16
参道石段(上寺口)標柱。
17
大欅を見に行ってみましょう。
18
樹高10m、目通り幹囲6.5m、推定樹齢100~199年。
19
19.4
19.8
データは全国巨樹探訪記を参照しました。
20
大欅の近くに太田翁胸像があります。
21
太田俊賢翁(おおたとしかた)胸像。
22
22.5
台座裏面碑文…『太田氏は、常に人々のより仕合せな生活の向上を希い之に献身、その為には、時に私財を提供し時に地位名誉をかなぐり棄て、其処に聊かの私心を抱くものがなかった。鳥海山麓の嘗ては密林の覆う処、春来れば櫻花満山を包み、其処に車輌馳駆し、秋は鳳嶽に新雪輝く頃黄金に紅に天與の幸の稔りを見るに到る。之総べて氏の玲瓏な精神の発露の結実である。茲にその芳薫を仰ぎ讃える者、之を末永く伝えようと相集い、此の像を成す。昭和三十七年四月顕彰会建之』
23
案内板より…『蕨岡村第八代、十代村長。昭和4年蕨岡村更生計画を策定し蕨岡村の産業と観光開発をすすめた。月の原の開拓や中山を開墾とともに、酒田・杉沢間にバスを通すために自動車道路を建設し、その道路の側に桜を植えW坂として桜の名所となっている。また大東亜戦争終戦間際の食糧危機に際しては、村の米倉を開放し村民の窮乏を救済した。毎年4月25日太田祭。平成28年9月蕨岡まちづくり協会』
24
住泉坊、知恕慈善碑(大正5年1月、隆盛會建之)。住泉坊は奥州の豪族安倍頼時の末裔といわれ、代々鳥海山大物忌神社の別当をつとめる家柄。明治時代に活躍した鳥海時雨郎は鳥海知恕の子で家号を南泉坊と称し、東之院の門に入り漢学を修めたのち常世長胤のもとで皇学を学んで大物忌神社禰宜少講義となりました。詳しくはWikipediaか何かでどうぞ。
25
手づくり郷土愛、ふるさとの坂道三十選(平成2年7月)。通称W坂は戦後地元の篤志家によって、農村更生と観光のため、村と里を結ぶ自転車道路として整備されたもので、その際に街路樹としてサクラを配し、酒田平野から眺めるとびょうぶ状に連なるサクラの一大名所となりました。W坂の名は坂上から見下ろした時にWの字の形をしていることから名付けられています。
26
遊佐恋観音。
27
参道に戻ります。大泉坊長屋門が見えます。山形県飽海郡遊佐町上蕨岡常盤森。
28
大泉坊長屋門前から見た大欅。
29
大泉坊長屋門は大物忌神社参道に南面して建ちます。
30
四世竈賢が天保5年に建立したといわれます。桁行18.68m、梁間4.54m。
31
31.5
入母屋造、桟瓦葺で、西寄りに門口を開き、東側に土間の物置(もと米蔵)、西側に床上部を配します。軸部は欅材で造り、軒は出桁造、一軒疎垂木とします。地区集落の景観上要となる建造物。
32
32.4
32.8
もともと長屋門は国持大名の江戸屋敷の外辺に造られたもので国許から出府する家臣や奉公人の住居としたものです。格式により建て方が定められていました。大泉坊長屋門は優に一万石以上の格式に並ぶ構えです。
33
33.4
33.8
また、軒の飾り瓦に菊の紋章が施されるなど、このような建造物を建てることを許されたことは当時の大泉坊の繁栄ぶりがうかがえます。
34
内側。
35
35.2
35.4
35.8
大泉坊長屋門…『この門は、天保5年(1834)、当家四代目竈賢翁(1804~1868)が創建した。翁は夙に京都に在って歌道に精進しその奥義をきわめた。官廷にも出入りして公卿衆に和歌を指導した。皇居の歌会に召されて詠歌することもあった。これらの功により長屋門建設が許された。門は総欅造り、切り妻平棟門で軒の飾り瓦には菊の紋章が施されている。ほかに釘を用いない工法など特技が見られる。元来、長屋門は、国持大名の江戸屋敷の外辺に造られた。国許から出府する家臣や奉公人の住居としたものであった。それぞれ格式により、十万石以上では、左右に唐破風か、切り妻の出番所が付いた門、分家で五万石以上は片出番所と片出格子が付いた門、一万石以上では左右に出格子が付いた門と定められていた。この門は、棟までの高さ四間(7.27m)、間口十一間(20m)、奥行き二間半(4.55m)、建坪二十七坪半(90.75㎡)。優に一万石以上の格式にならぶ構えである。平成15年4月21日大泉坊長屋門保存会 遊佐町教育委員会 撰文多次見及賢』
36
参道に戻ります。
37
大泉坊長屋門前からは既に大物忌神社の二ノ鳥居と随神門が見えております。
38
蕨岡学校創立跡地。
39
ってことで大物忌神社の二ノ鳥居前に着きましたが…
40
長くなりましたので『出羽國一之宮 鳥海山大物忌神社(蕨岡口之宮)』へ続く。
41
今回紹介したルート(赤線)です。特にこだわらないのであれば二ノ鳥居からの参詣がいいと思います。
42
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ