1
八戸市市川町字北雷平。多賀台団地がある丘の東麓。浄土宗市川山願成寺。御本尊阿弥陀如来。
2
下市川村は五戸川の下流域に位置し、北端を奥入瀬川が東流。東は太平洋に面します。五戸川は市川とも別称され、当村の上流に上市川村があります。盛岡藩領五戸通に属す元和4年の南部利直知行宛行目録(南部家文書)に「市川」「三目沢」「高屋敷」とあり、近世初期は南部根城氏の知行地でした。なお「南部八戸家系」(南部家文書)によりますと、元亀2年の根城南部氏と櫛引氏の戦いにより「高屋敷・両市川」は根城南部氏領となったといいます。市川村は上市川村と下市川村の両村を含めた村名と解され、盛岡藩領内では上下2村に分かれていたものの幕府に対しては市川村一村として届け出ていたものと思われます。上市川と下市川の2か村として把握されたものはかなり早い時期からのようで「雑書」の慶安4年6月5日条に「下市河」とあります。また、同書慶安3年8月11日条には「浜市川」ともあり、太平洋岸に近い当村は浜市川とも通称されていたことがわかります。正保2年の国絵図の書上には当村の「はまねいさき」に船遠見番所が設置されているとあり、「雑書」の寛永21年4月26日条には「浜根井」に浦番改が派遣されたと見えます。当村は八戸藩領との境にあり、寛文12年には地内黒森に境塚を築いたといいます。また、沖合では八戸藩領の漁船が鰯の操業を行ったため、入漁をめぐってたびたび取決めが行われています。神社は地内橋向に白髭神社があり、御祭神は武内宿禰で俗に竜神といわれていました。寺院は北雷平に浄土宗市川山願成寺があり、正保3年の草創といわれ、「国誌」では願叶庵とあり、明治13年寺号を得たといいます。
3
住職斎藤琇學氏は昭和31年の就任以来半世紀以上にわたり住職を務め、八戸仏教会会長も兼任し、昭和48年には浄土宗開宗八百年を祝う法要を八戸で成功させています。また、総本山や大本山でも度々大きな法要で導師を務め、昭和59年に大本山清浄華院(京都市)で法要した際には、その縁により光明寺(京都市)から十六葉菊紋を配した旧山門を拝領し境内に移築しています。なお、このような功績から平成15年には大本山増上寺の顧問にも就任しました。
4
十六葉菊紋が見えます。
5
『浄土宗市川山成就院 願成寺 ◎山門由来…所ハ京都 雲祥山光明寺旧山門也 昭和五十九年四月二十四日 願成寺僧正觀譽琇學 浄土宗大本山清浄華院宗祖御忌法要 唱導師厳修ノ佛縁ニ依リ拝受セルモノ也◎光明寺略縁起…雲祥山光明寺ハ京都御所ノ東北ニ位シ 本尊ハ仁治二年十一月二十二日信濃善光寺ヨリ 来迎シ霊佛ニシテ其ノ昔 宇津宮弥三郎頼紀入道ノ肩ニ天ヨリ降臨セシ霊像ト伝ウ 依テ抱留弥陀佛ト称セラル也 後 故アッテ高野山奥ノ院千手谷光明院本尊トシテ二百余年安置セラレ給ウ 縁ニ依テ天文五年 性譽宗鎮大和尚之ヲ奉シ現在地ニ寺ヲ建立 光明寺ト号ス』
6
開創明治13年(1880)ですが、前身は正保年間に下市川村(八戸市市川町)に建立された願叶庵(がんじゅあん)と、上市川村(五戸町上市川)に建立された願叶寺(がんじゅじ)。山号は誓現山、開山はどちらも知含和尚。明治13年に願叶庵は山号を市川山と改称して開創(初代住職青山智山上人)。庵から寺への昇格を願う機運が高まり、地元の有力者らが畑や土地を寄進。明治15年に願叶寺と統合し、双方の伝統を受け継ぐ市川山願成寺ととして現在地に移転。現在の本尊は、開創にあたって盛岡大泉寺(五戸専念寺の本寺)から寄贈を受けた阿弥陀如来で、庵時代からの本尊は現在堂内に安置されています。また、庵時代から寺への流れを記した青山上人直筆の「遷仏記」、古くから伝わる仏像のほか、江戸時代末期から明治初めにかけて書かれた紙本淡彩の「地獄図」が所蔵されています。
7
手水舎。
8
境内は庭園のように綺麗に整備されています。
9
9.5
池。
10
池の奥に立派な造りの小祠がありました。
11
蟇股・木鼻。
12
12.4
12.8
脇障子。
13
13.5
コロナ禍でマスクをしている六地蔵尊。
14
本堂前にある小さくてかわいい鐘楼。
15
梵鐘。
16
本堂。
17
17.5
上でも少し述べましたが、寺の前身は願叶庵と願叶寺。
18
五戸専念寺五世(もしくは弟子)の智含が同寺の末庵として正保3年(1646)に本村の西端南側(市川町市川後)に願叶庵を開基。元禄9年の浄土宗寺院由緒書には「同國五戸上市川村 願叶寺 起立者正保元甲申年也 開山者超蓮社全譽知含 出生五戸淺水之所生 修學壇林者小金東漸寺 明暦三年十月十四日」とあり、正保元年には上市川村(五戸町上市川)に願叶寺が開山していたと記します。江戸時代末期の南部領寺社鑑写では専念寺末寺として願叶寺が記載され、所在は市川村、山号を誓現山としています。明治7年の社寺境内詳細書上控帳では上市川に寺の記載は無く、下市川上構所在として願叶庵がみえます。江戸時代末期の北奥路程記には百石から市川に入り右に五戸、左に市川という丁字路辺りの向かいに願教寺という寺がみえ、これが願叶庵(寺)を指すものと考えられます。なお、江戸時代後期に成立した篤焉家訓の寺社本末支配附によりますと、上市川村願叶寺は専念寺の末寺とされ、山号は願現山。
19
本堂横へ。
20
おもかる石。
21
一番小さいのでも重かった…
22
雷平稲荷神社へ。
23
「願成寺鎮守正一位伏見稲荷大明神参道」とあります。
24
紫陽花の花に囲まれた参道を登ります。
25
25.5
途中、参道も占領されていました。
26
26.5
参道階段途中から見下ろした願成寺です。
27
27.4
27.8
雷平稲荷神社。
28
28.5
願成寺境内の太平洋が遠望でき、市川地域の穀倉地帯を見渡す丘の上に鎮座しています。
29
当神社は移築されたものです。
30
30.5
地元漁師の篤い信仰を集めるとともに鎮守の社となっています。
31
狐一対(平成17年5月吉日・斎藤琇学)。
32
32.5
拝殿向拝蟇股には「稲荷大明神」と大きく彫られていました。
33
拝殿向拝神額「正一位雷平稲荷神社」。
34
拝殿内。
35
本殿前には権現様や龍の置物も見えます。
36
社殿はこのように2つの建物が連結しているような造りでした。
37
観音堂のような造り。
38
祀られているのは荼枳尼天ですね。神仏習合社殿!…いや逆にきちんと分けられていると考えるべきなのかな。
39
石祠。
40
40.5
「妙法三峯山」と刻んでいる碑。紀年銘は明治20年かな。
41
正一位雷平稲荷神社の周囲。
42
以上、願成寺とその境内に鎮座する雷平稲荷神社でした。
42.5
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ