1
2
黄金山神社の由緒…『御祭神…金山毘古神・金山毘売神。今から凡そ1300年前、聖武天皇の御代天平21年(西暦749年)に、それまで日本では採れないと考えられていた黄金が陸奥の国で発見され、国守百済王敬福より砂金九百両が朝廷に献ぜられた。当時東大寺大仏建立にあたり、鍍金用黄金の不足に頭を悩ませていた天皇はこれを大いに喜び、年号を改元、産金者らには昇叙賜姓、免税がなされ国家的な一大慶事として祝賀された。万葉歌人大伴家持は「すめろぎの 御代栄んと東なる みちのく山に 黄金花咲く」と詠って、この記念すべき初産金を祝福し、以後、みちのく山とよばれていた秀麗な島は金花山又は金華山と呼称され、その地に慶祝をこめて、金を司る金山毘古神金山毘売神の奉祀神社を創建したのが金華山黄金山神社である。中世以降、神仏習合時代は大金寺が中心となり東奥三大霊場の一つとして修験者が活躍、福神辯財天信仰が広まり繁栄した。そして明治2年の神仏分離令後は黄金山神社に復古、現在は黄金発見に因む金運、幸運、開運招福の御神徳に福神辯財天の芸術面の御利益も加わり、広く全国から篤い信仰を集めている。宮城県石巻市金華山鎮座黄金山神社社務所』
3
裏参道。
4
参集殿・食堂。
5
古神符納所・コウヤマキ・大護摩祈祷受付所。大護摩祈祷は、9世紀初期の平安の世、神仏混淆時代の古くからこの金華山を霊山として崇敬した修験者等により盛んに行われ伝わるもので、その後、時代と共に当社独自の修法で毎日斎行されています。神仏分離令以降も御祈祷の度毎に斎火として焚かれ、約千年もの長い間絶えることなく続けられた祈願行事で、現在、神社界でこの護摩焚きの行事を残している所は非常に稀です。
6
池。
7
絵馬殿。向って右が参集殿、左が神符授与所・売店。
8
絵馬殿内。
9
9.2
9.4
9.5
9.6
9.8
大広間(祈祷者待合室・祈祷申込者休憩所)へ。
10
立派な造りです。明治時代の建立で、広さは73畳。以前は昼に休憩室、夜に参籠施設として利用されていましたが、現在は祈祷申込み者の休憩所になっています。
11
休憩しておきました。
12
祈祷殿方面。
13
相生の松と楓。
14
14.4
14.8
相生の松と楓の前で何かを企んで話し合っている様子の鹿たち。
15
その内の一頭が近寄ってきました。この付近にいる鹿はかなり人慣れしております。
16
特にこの鹿は頭で私を何度も小突いてきて、ある場所に誘導されました。
17
エサ売り場です…
18
しかも「さっさと私に餌買えよ!」と言わんばかりに小突いてきます。ヤンキーにカツアゲされている気分です笑
19
負けましたけどね。ちなみに私が参拝した日のちょうど2週間前に「鹿の角切り」が行われています。切り落した角は希望者に対して分譲されます。ちらしには「抽選で鹿角が当たる!」って書いていましたが。
20
さて、手水舎により、ようやく黄金山神社社殿に向かいます。
21
石鳥居(石華表)。当山産の花崗岩製。柱直経50cm、高さ5.4mの明神型。明治22年、地元網地浜の阿部三郎兵衛殿、十八成浜の遠藤庄吉殿、大原浜の長沼平左衛門殿等の有志による寄進。
22
前面の黄銅製の額は、阿部三郎兵衛殿の奉納にて、書は当時の社司佐々木舜永の揮亳。震災により倒壊し、現在は平成26年11月に千葉県の検見川神社宮司宮間尊士様から、ほぼ同じ大きさの石鳥居を奉納されています。
23
石鳥居と随神門。
24
石段脇の常夜燈。
25
25.5
随神門。
26
大正14年、昭和天皇の御成婚記念事業として建立。材料はすべて欅を用いています。
27
27.5
左右に安置された御神像は、天忍日命・天津久米命の二神にて矢大臣と称されます。天孫降臨の時、御先に立ちて奉仕された状を写したものと言われ、彫工は翁祐年。門上の額題「瑞祥」の二字は、当時の社司佐々木舜永の揮亳。
28
28.5
随身門(裏側)。
29
鐘楼。
30
随神門の向って右側にあり、鐘には「古来の鐘損割の為鋳造」とあり、明治24年に山形市の鈴木治助氏外51名の篤志者が発願主として献備された由が鋳込まれています。神佛混淆大金寺時代の遺物として、護摩焚きの神事とともに現在に残されています。明治・大正年間と昭和の初期までは神社所有の渡し舟が在り、対岸山鳥渡しの鐘と当山の鐘を撞き、互いに呼び寄せる合図に用いたと言われています。
31
梵鐘。
32
神輿奉安殿。
33
うっすらと神輿が見えました。
34
祈祷殿。毎朝6時30分(※季節により変更あり)、大太鼓と大祓の詞に始まり、崇敬信者が大護摩祈祷を受ける建物です。他社と異なる点として、神社ながらも内護摩を八角形の護摩壇にて護摩木をお焚き上げしながら祝詞を奏上する点にあります。祭典、祈祷、正式参拝等は、他社のほとんどは拝殿にて行うのが普通ですが、黄金山神社では内護摩を焚く慣例上、祈祷殿が独立しており、護摩壇の天井の両側は手の込み入った独特の煙抜きの工法が取り入れられています。御霊代神殿は神明造。幣殿と拝殿に当る部分は間口六間、奥行十二間の流れ造。屋根は銅版段葺で約350名の崇敬者が一度に祈祷を受けられるようになっています。
35
再び石段があります。
36
狛犬一対、常夜燈一対。
37
37.5
五重塔。5つの梵字が刻まれています。バン、キリーク、タラーク、サク、カーンかな。
38
石段の両脇には常夜燈一対、奉書大乗妙典一字三禮塔(文化4年2月15日沙門参州敬白)他、色々な碑がありましたが省略します。主に寄附に関する碑でした。
39
石段を見下ろすの図。
40
拝殿前にある青銅製常夜燈一対。香川県琴平町金刀比羅宮及び山形県山寺立石寺と共に日本三大燈籠の一つと称されています。その内、一対で建立されているのは金華山黄金山神社のみです。
41
高さ4.8mで、その形態彫刻は優美と精緻を極めた素晴らしいもので、台座は当金華山産出の花崗岩で造られています。山形市の発願兼世話人工藤茂三郎氏ら6人が中心となり、総勢168人の崇敬信者によって明治25年に最初の一基が拝殿前石段と共に寄進され、続いて明治27年に松田新兵衛氏ら77人によりもう一基が寄進されました。いずれも山形市銅町で鋳造されたものです。
42
その他常夜燈。
43
43.5
黄金山神社は石巻市の牡鹿半島東南端に相対する太平洋上の孤島、金華山に鎮座する神社。旧社格は県社で戦後は神社本庁の別表神社。金華山の西斜面中腹に西面して鎮座しますが、金華山全島を神域とすることもあって、神社と金華山(島)とほぼ同義に用いられる場合があり、金華山神社と通称されたり、金華山黄金山神社と称したりもしています。商売繁盛や開運招福といった現世利益を願う参拝者や観光客で賑わっていますが、近代以前は弁財天(弁天)を祀る金華山大金寺という女人禁制の修験の真言宗寺院であり、広島の厳島神社等とともに日本の「五弁天」にも数えられるとともに、霊場として山形県の出羽三山、青森県の恐山に並ぶ「東奥三霊場」にも数えられました。
44
霊島金華山黄金山神社御参拝のしおりより…『◆鎮座地…宮城県石巻市鮎川浜金華山五番地◆御社名…金華山黄金山神社◆御祭神…金山毘古神・金山毘賣神・奥殿(頂上大海祇神社)市杵島姫神外三柱◆御由緒…今から凡そ1270年前、聖武天皇の御代天平21年(西暦749年)に、陸奥の国守百済王敬福が朝廷に黄金を献上しました。大仏建立に黄金を必要としていた天皇は大いに喜ばれ、年号を天平勝宝と改められました。この史実は、我が国最初の産金として有名なことであり、この祝事に因み、同2年牡鹿連宮麿(おじかのむらじみやまろ)等が相議り国守に請願し、秀麗の地金華山に金を司る金山毘古神・ 金山毘賣神を奉祀し神社を創建したのが、金華山黄金山神社であります。中古以来、神仏習合時代は辯財天を守護神として、別当寺を金華山大金寺と称し多くの信仰を集め、女人禁制を敷きました。金華山大金寺は、平泉の陸奥守藤原秀衡公、石巻城主葛西三郎清重公等、時の権力者により多大の御寄進を受け、荘厳美麗を極めました。即ち、東奥の三大霊場 (出羽三山・恐山・金華山)として修験者が次々と来山し、修行を積んだ者は、金華山信仰を各地で広めていったのです。天正の乱の兵火による焼失後も、下野国岩倉の僧成蔵坊長俊(栃木県日光山の僧正)により大金寺は再興され、代々真言宗にて祭祀が奉じられました。その後、伊達政宗公を始め伊達家累代の熱心な崇敬のもと、年毎に隆盛をきたしました。そして明治2年には、神仏分離令により、仏号を除き黄金山神社と復古し、女人禁制も解除されました。この際、御祭神も復古し金山毘古神・金山毘賣神の二柱とし、頂上奥殿(奥ノ院)大海祇神社の御祭神には大綿津見神・市杵島姫神(仏号・辯財天)外二柱が奉祀されました。◆御神徳…御本殿御祭神であります金山毘古神・金山毘賣神二柱の大神様は金銀財宝を司る神様であり古来より唯一の黄金の神、生産の神として、金運、開運、商売繁盛の御神徳が授かると言われて居ります。又、「三年続けてお詣りすれば、金に不自由はさせまいすまい」と云われ、多大なる御神徳が得られます。また中古以来、現在でも頂上奥殿には大綿津見神・市杵島姫神(仏号・辯財天)を御祭神としてお祀りしている事から、金華山は日本五大辯財天の一社に数えられ、三陸沖漁場は無論、広く大海原の海上航海安全、大漁満足の守護神として漁民の信仰が極めて厚く、更に辯財天信仰は「福の神・芸能・音楽・農業に関しての御霊験」があらたかです。辯財天の使者である蛇(巳)の御縁で、巳の歳、毎年の5月の初巳大祭、毎月の巳の日には多くの熱烈なる信者が来山され、特に己巳の日には、辯天堂(頂上奥殿遙拝所辯財天奉安殿)において御縁日祭が斎行されます。「巳待」と称して「巳の日」の前日にお籠もりをし、翌朝に祈願する習わしも盛んです。「巳の日のお水取り」として汲んできた御霊水は御神前に供え、御祓いと祈願を受けてお持ちになることができます。◆大護摩祈祷について…大護摩祈祷は、9世紀初期の平安の世、神仏習合時代の古くから、この金華山で修験者達により盛んに行われ伝わるもので、その後、時代と共に当社独自の修法で毎日斎行されています。護摩木と云う特別な御祈りを込めた板木を祝詞を奏しながらお焚ぎ上げする斎火は、荘厳且つ神秘的であります。日本では古くから火はすべてを焼き尽くすことから、穢れを浄化する作用を持ち、清めの役割を果たすと考えられてきました。黄金山神社では、その護摩の火によって災難を追い払い、消滅を計り、新しい運勢を生じさせることによって、家内安全・商売繁盛・金運開運招福・厄祓や豊漁・豊作等諸々の祈願成就を祈請する大護摩祈祷を斎行していおります。』※主な祭典神事、参集殿、御初穂料のご案内は省略。
45
宮城県神社庁より…『【主祭神】金山毘古神、金山毘賣神【例祭日】9月25日【由緒】今から凡そ1250年前、聖武天皇の御代天平21年(西暦749年)に、陸奥の国守百済王敬福が朝廷に黄金を献上しました。大仏建立に黄金を必要としていた天皇は大いに喜ばれ、年号を天平勝宝と改められました。この史実は、我が国最初の産金として有名なことであり、この祝事に因み、同2年牡鹿連宮麿等が相議り国守に請願し、秀麗の地金華山に金を司る金山毘古神・金山毘賣神を奉祀し神社を創建したのが、金華山黄金山神社であります。中古以来、神仏習合時代は辯財天を守護神として、別当寺を金華山大金寺と称し多くの信仰を集め、女人禁制を敷きました。金華山大金寺は、平泉の陸奥守藤原秀衡公、石巻城主葛西三郎清重公等、時の権力者により多大の御寄進を受け、壮厳美麗を極めました。即ち、東奥の三大霊場(出羽三山・恐山・金華山)として修験者が次々と来山し、修行を積んだ者は、金華山信仰を各地で広めていったのです。天正の乱の兵火による焼失後も、下野国岩倉の僧成蔵坊長俊(栃木県日光山の僧正)により大金寺は再興され、代々真言宗にて祭祀が奉じられました。その後、伊達政宗公が始め伊達家累代の熱心な崇敬のもと、年毎に隆盛をきたしました。そして明治2年には、神仏分離令により、仏号を除き黄金山神社と復古し、女人禁制も解除されました。この際、御祭神も復古し、金山毘古神・金山毘賣神の二柱とし、頂上奥殿(奥ノ院)大海祇神社の御祭神には木綿津見神・市杵島姫神(仏号・辯財天)他二柱が奉祀されました。』※とても長いですけどwikipediaも参照してみて下さい。
46
拝殿は間口約六間、奥行き約四間、廻廊等を含む総坪数は40坪。
47
正面に掲げられている欅の額「感應殿」の書は有栖川熾仁親王御親筆で、縁は龍の彫刻が施されています。中には小松宮御親筆の社名額があります。
48
素晴らしい彫刻でした。
49
49.5
拝殿裏側。
50
本殿と拝殿を結ぶ石の間その中間に中門と呼ばれている豪華な造りの唐門があります。
51
唐門正面。
52
52.5
唐門前の常夜燈一対、狛犬一対(大正6年)。
53
唐門から左右に延びて厳重に本殿を囲んでいる塀が瑞垣とも呼ばれる透塀です。本殿は三間社流造(桁行五間梁間三間)で向拝を大きく前に張り出してあり、建坪数は16坪で外扉、更に厳重な大きな内扉が、内陣として相応しい豪華さと神秘さを抱いています。明治後期に新しく建替えられたものですが(※明治30年の火災後に30年の月日をかけて逐次再建)、内部は一分の狂いもなく今なお美麗な光沢と潤いを保っているそうです。屋根は銅版段葺で、銅版特有の緑青が表面を覆い気高い落ち着きを見せています。特色は総欅造りで、豪華で繊細な彫刻がいたるところに施されており、霊山の神殿に相応しい建物となっています。因みに焼失前の社殿(明治10年代新改築)は「東奥の日光」とも称されたくらい豪華美麗を極めていたそうです。
54
本殿の脇にある門。
55
ここからも奥の院登拝口へと行くことができます。以上、金華山黄金山神社でした。また参拝したいとは思いますが3年連続は厳しいと思います。
56
関連記事
57
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ