1
宮城県石巻市鮎川浜黒崎。三陸復興国立公園。
2
御番所公園案内図。
3
牡鹿半島に昭和46年4月1日に有料道路として開通し、平成8年4月に無料開放となった宮城県道220号牡鹿半島公園線(牡鹿コバルトライン)の南端にあり、公園中央の一番高い位置には六角形の展望棟があって、牡鹿半島の全景、金華山、網地島、田代島、太平洋の大海原など、360度パノラマの眺望が楽しめます。標高188mの御番所山の頂上付近に位置。江戸時代には仙台藩が唐船の襲来に備えて設置した見張り所(仙台藩唐船番所)が復元されています。
4
天の川橋。
5
5.5
6
6.5
一番高い所にある展望棟へ。
7
展望棟からの金華山(面積10.28k㎡、海岸線長約25km、最高標高445m)。
8
8.5
網地島(面積6.43k㎡、海岸線長約18.3km、最高標高101m)。
9
田代島(面積3.14k㎡、海岸線長約11.5km、最高標高96.2m)。
10
「ホテルニューさか井」
11
天の川橋・ちびっこ広場方面。
12
平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の際は、潮が引き金華山までの海の底が現れ、牡鹿半島と金華山は陸続きのようになりました。そのあと津波が襲来。当公園では地割れが生じたり、建造物にも被害が出たため、その後長期に渡って閉鎖されていましたが、現在は牡鹿コバルトライン共々全面復旧。
13
13.5
展望棟は円形だったものを取り壊して新しく立て直したもので六角形の外観が特徴。2階には椅子とテーブルを配置し飲食も可能。東日本大震災前は年間2万人の訪問があったそうです。
14
14.4
14.8
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ