1
青森県三戸郡階上町鳥屋部天摩窪。階上町立階上小学校の南、フォレストピア階上の近くです。
2
鬱蒼とした林の中に鎮座しており少々分かりにくい場所かも知れませんが、案内板はあります。
3
中世の鳥屋部館跡(鳥屋部修理之介)です。
4
鳥屋部村は、元和4年の八戸内儀宛南部利直知行宛行状では西鳥屋部で82石余、東鳥屋部で136石余と見え、盛岡藩領下では根城南部氏の給地であったとみられます。根城南部氏の家臣に鳥屋部氏がいました。天明の飢饉では当村をはじめ、赤保内・正部家(角柄折地内)・金山沢・筋違(金山沢地内)の5か村は壊滅的な打撃を受けており、天明5年の5か村の合計本高413石余は141石余、家数207軒が65軒、人数1,196人が316人、馬数496が112と激減。文化年間には男42名を教授した寺子屋があり、文化元年から弘化3年にかけては男1,842名を教授した大規模な寺子屋が開設されていました。
5
鳥居。
6
参道を振り返るの図。
7
当熊野堂には文武朝時代(697-707年)の公家藤原治視来村伝説を残し、伊勢国から来た公家の一族が奉造した「近海山熊林寺」という山伏達の霊場であったと伝えられています。
8
文献等にも「階上町西鳥屋部近海山熊林寺」とあり、西鳥屋部に伊藤姓を名乗る一族が氏神として千余年にわたって奉持してきた熊野神社とあります。なお、この神社の由来書として明和2年(1765)に竹簡(竹のふだ)より書写されたものがあり、「奥州階上の郡南部領鳥屋部村」と記されてあり、文献の写真で目を通してみましたが達筆過ぎて私には全然読めず。
9
内陣の中央には熊野三山の御神境が祀られています。更にその脇には熊野三所権現の本地仏である阿弥陀三尊の三体仏が納められており、熊野信仰の霊場であることをあらわしています。また、境内には階上町内最古となる明和4年建造の庚申塔が建てられており、大変古くからこの地域の守り神として人々の信仰を集めていたと考えられています。
10
蟇股には鷹かな…
11
猛禽類の何かです。
12
そしてこの蛙股の裏側には眠り猫が刻まれています!!
13
珍しいですね。眠り猫といえば日光東照宮ですが…ちょっぴり似ています。
14
手水石。梵字が刻まれています。
15
境内の石塔と石祠。草木や蔦が邪魔だったので詳しくは見ていません。
16
16.5
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ