1
青森県下北郡東通村大利井戸尻。かつての大利村。村高は「邦内郷村志」79石余(うち畑9石余)、「天保8年御蔵給所書上帳」79石余(御蔵高67石余・給所高12石)、「旧高旧領」も79石余。なお「正保郷村帳」「貞享高辻帳」「天保郷帳」「安政高辻帳」には当村の名が見えず、「仮名付帳」には砂子又村の枝村として記されています。「邦内郷村志」では、家数44、人数223、馬100、牛85。「本枝村付並位付」によりますと位付は下の中、家数26。地内井尻に正徳元年8月勧請の白山神社が鎮座。中野家と井戸向家は旧家でありオシラ神を祀っています。また中野家は大利染といわれる絞染の家元で、代々染屋藤太と呼ばれ肝入も勤めました。また、同家は蒼前田を持ち、村一番の古田を持っていました。明治元年弘前藩取締、以後黒羽藩取締、九戸県、八戸県、三戸県、斗南藩、斗南県、弘前県を経て、同4年青森県に所属。明治初年の戸数32。村況は「土地卑湿多く瘠薄にして且水田少し、農業の他余産なく、壮男は北海道に渡て傭作す」とあります。ちなみに大利はアイヌ語で「川の水が溜まる場所」という意味を持つようです。
2
田名部海辺三十三観音巡礼25番札所「千手観音」。御朱印は気仙商店で押しているそうです。
3
大利白山神社・スギ(東通村の巨木・銘木)…『樹種(本数)…スギ(2本)。所在地…東通村大利。所有(管理)者…大利白山神社。幹周…4.70m。樹高…33m。推定樹齢…約400年。平成29年7月東通村観光協会』
4
参道向かって左側に神社・境内社等が並びます。
5
最初に見える鳥居は境内社。
6
祠が2つ並んでいます。
7
大きい祠は稲荷堂。
8
小さい祠は恐らく薬師堂。
9
更に境内社が続きます。
10
こちらは立派な社殿です。
11
蟇股には馬が2頭。
12
蒼前神社です。
13
拝殿内。
14
蒼前神社脇の石塔。大利役員紀念碑(明治41年5月5日建立)。正面には元禄年中・正徳年中・宝暦年中・享和年中・安永年中・文化年中・天保年中・嘉永年中・明治8年…明治11年…(以下省略)と歴代役員名が時系列で彫られています。
15
横には紀年銘と東通村會議員・大利区長・同総代人・同世話人・同書記の名前がそれぞれ彫られています。
16
こちらも境内社でしょうね。由緒からすると恐らく山神堂です。
17
面白い石碑です。山神石像は78cmの自然石で、大山祇命と木花咲耶姫の浮彫りにし、「大正12年旧9月12日大利井戸向丑松」と刻みます。
18
こちらの小祠は荒れていて判断しかねますが、恐らく竜神堂です。
19
不明の石。旧水盤だとしたら慶應元年。
20
水盤舎(明治22年)。
21
大利白山神社。産土様。東通村史によりますと、正式には白山姫神社のようで、地元では白山姫神社と呼ばれているようです。
22
大利白山神社は元禄2年(1689)9月20日、大利村氏子の勧請。御祭神は菊理比売命(主祭神)・伊邪那美命(配祀)の二柱。例祭日は9月20日。明治以前は白山大神と称しており、千手観音菩薩を合祀して、春秋2期(3月17日千手観音祭)に祭祀を執行していました。神仏分離にて千手観音菩薩像を氏子総代の家に移し祭祀を行いました。明治6年5月に白山大神から白山神社に改号して村社になります。現在は千手観音菩薩像を再合祀して春秋2回の祭祀を執行。祭典に敬神団による能舞が盛大に行われます。
23
境内には大鳥居(大正13年)、水盤舎(明治22年)、狛犬(明治36年)、石灯篭(明治40年)、旧水盤(慶應元年)、旧石灯篭(安政3年)などがあり、また、境内社として山神堂・龍神堂・蒼前堂・稲荷堂・薬師堂などがあります。
24
大利村白山神社(千手観音)…『白山神社の祭神は、菊理比売命を主祭神とし、伊邪那美命を配祀した二柱である。菊理比売命は伊邪那美命の代弁を果たす神として扱われており、北陸地方の白山信仰の祭神でもある。明治初年の神仏分離の際、観音さまは白山神社に合祀された。白山神社は元禄2年(1689)の勧請と伝えられ、正徳元年(1711)8月の棟札には、「白山権現之社宮」と記され、宝暦年間(1751-1764)の「御領分社堂」にも「白山権現宮」とあり、御神体は権現さまとし、奥の院に権現頭(獅子頭)が祀られている。』
25
拝殿向拝、唐破風懸魚等。
26
海老虹梁・手鋏等。
27
27.4
27.8
蟇股・木鼻。
28
28.4
28.8
向拝神額「白山姫神社」。
29
神額の横に千手観音の写真。木彫千手観音です。
30
拝殿内神額「白山神社」。
31
拝殿内。
32
32.5
正面の龍が目立ちますね。
33
拝殿脇障子。
34
34.5
本殿覆屋。
35
拝殿前狛犬一対。
36
36.5
紀年銘は明治36年。
37
37.5
拝殿前石灯篭二対(安政3年・明治40年)。
38
38.5
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ