1
小野松観世音里宮小野松観音清水を通って、奥宮の案内板に従って進み、三愛オートサービスさんの裏からは山道になります。
2
私は最初案内看板を見逃して東顕寺松園墓地に行ってしまいました。案内看板が小さいので見逃さないように。ちなみに写真は東顕寺松園墓地からの眺望。
3
山道に入ります。小野松山です。
4
参道は整備されており、軽装でも大丈夫です。
5
さて、小野松観世音については里宮の記事にて説明しましたので、かつての上田村について触れます。
6
村高は「正保郷村帳」262石余(田150石余・畑111石余)、「貞享高辻帳」278石余、「邦内郷村志」1072石余(うち給地258石余)、「天保郷帳」1112石余、天保8年は1076石余、うち蔵入高791石余・給所高276石余(御蔵給所惣高書上帳)、「安政高辻帳」892石余、「旧高旧領」1036石余。なお「仮名付帳」には当村の枝村として黒石野村・川俣(川又)村が見えます。「邦内郷村志」では家数104、馬75、本村のほか集落は黒石野・長坂など6。「本枝村付並位付」によりますと、位付は上の下、家数92、集落別内訳は本村17・黒石野11・長坂6・小鳥沢3・柳平4・釘ノ平51。
7
盛岡城下の北方警備のため、元和元年に当地内に上田与力小路が屋敷割りされ、のち上田組町・上田小路などの武家屋敷地や足軽町が形成され、更に嘉永5年には上田新小路が作られ、これらの地は盛岡城下に組みこまれていきました。上田与力小路・上田小路・上田新小路はあわせて上田三小路と総称されます。地内を奥州街道が通り、領内諸道の基点である盛岡城下鍛冶町一里塚から北へ1里にあたる上田一里塚、2里にあたる小野松一里塚が地内に築かれました。地内の小野松山の山上に小野観音があり、昔参詣者は当村の者ばかりでしたが、安永初年頃からは盛岡城下から群集するようになりました。寛永年間建立と伝える庚申堂は、明治維新後の神仏分離令に際して高松神社となり、のち米内村の村社となりました。黒石野の地の産土神は山祇神社、祭礼は毎年9月12日で安政4年稗貫郡大迫の早池峰山岳神楽から伝えられた黒石野神楽が奉納されていました。
8
寛文年間に盛岡城下の洪水を防ぐために、当地の沼沢から溢れ出る水をせき止める上田堤(上堤・中堤・下堤)が築かれます。現在は中堤・上堤が残り、中堤が高松の池と称されています。盛岡城下から北方に向かう奥州街道は上田組町を通り、当村との境に惣門と枡形が築かれて通行を取り締まりましたが、その出口には茶屋が立ち並び、旅立つ人と送る人が別れを惜しんだところといいます。
9
明治元年松代藩取締、以後盛岡藩、盛岡県を経て、同5年岩手県に所属。同12年南岩手郡に属します。明治4年旧盛岡城下の上田組町・上田与力小路・上田小路を編入。同9年明治天皇の東北巡幸に際し、急勾配の坂を避けるための新道がつくられました。同12年の村の幅員は東西約30町・南北約1里28町、税地は田81町余・畑413町余など計576町余、戸数472・人口2121(男1026・女1095)、馬110、漁船1。職業別戸数は農業243・工業27・商業26・雑業12。物産は馬・鶏、米や雑穀のほか鮭・鱒・生糸・壁土など。神社は高松神社・山祇神社。寺院には浄土宗正覚寺・臨済宗法泉寺・同宗聖寿寺・同宗東禅寺などが見えます。明治22年玉山村・盛岡市・米内村の各大字となり、その際米内村上田に旧仁王村字下台の一部を編入したと考えられます。
10
ってことで上まで来ました。左右に道が分かれ、「左小野松観音奥宮・右胎内くぐり」の案内板がありますが、いずれも近いので両方行く予定の方はどちらから行っても構わないと思います。
11
まずは左。
12
小野松観音奥宮。
13
手水石。
14
14.5
小祠です。
15
鰐口。
16
小野松観世音菩薩。何もありませんが。
17
小祠の裏に巨石。
18
磐座のようです。
19
19.5
周囲にも岩があります。
20
20.5
戻って胎内くぐり方面へ。
21
胎内くぐり。
22
こちらも巨石。
23
岩から生えるアカマツが凄いですね。
24
24.5
完全に挟まれています。
25
25.5
さてと…胎内くぐり…
26
急勾配な上、枯葉で足元が滑ります。
27
うわっ!
28
結構きついかも!
29
ファイトー!
30
イッパーツ!
31
上からの景色。
32
さて…どうやって戻りましょう?
33
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ