1
青森県平川市唐竹。
2
渾神の清水。
3
以前にも紹介しているので詳細は省略致します。
4
5
こちら石碑も以前紹介していますね。
6
6.4
6.8
薬師如来と大黒様。
7
7.5
「霊泉」(昭和57年5月1日(旧4月8日)建立、渓水謹書)。
8
葛西松露句碑「はなれてはまたも落ち合ふ清水かな」(麓吟社創立10周年記念)。
9
増田手古奈句碑「づく鳴くや星の明りの見えそめて」(増田手古奈先生卒寿記念・昭和61年5月24日・麓吟社・石工佐藤連藏)。
10
周囲をのんびり散策。
11
11.4
11.8
道路は意外に車が通ります。ゴルフかな。
12
12.4
12.8
裏の小高い場所に句碑の丘があります。
13
行ってみましょう。
14
句碑の丘入口。
15
句碑の丘石碑。
16
緩やかな坂道を上って行きます。
17
道中にあった石。何やら文字が書いている気がしたのですが目の錯覚でしょうか。
18
道中の句碑「剪定の鋏の音の心地よく」信夫
19
丘の上は結構鬱蒼としていました。
20
20.5
「御句碑にほころび初めし山桜」五月(佐藤五月)
21
「農業を継ぐ子になるか鯉のぼり」無双(内山無双)
22
「梟の巣立ちしうろのなつかしや」蘇洞
23
「ショールかけ母に似て耒し妻の齢」一青子
24
「わが郷は小さく美し花林檎」渓水(内山渓水)
25
「句碑を守る桜と泉あるかぎり」槐堂(伊東槐堂)
26
「大寒や村は大湯に恵まれし」東果(内山東果)
27
「虚子忌来る一輪差に桜活け」忠右エ門
28
「林檎園春の鼓動に耳すまし」二代明峯
29
「剪定の鋏の音のこころよく」峯人
30
「紫陽花の風に泳げるまろさかな」初更(桑田初更)
31
「草を刈る湧きくる霧につゝまれて」勝人(内山勝人)
32
「谷越しの遠山ざくらとびとびに」麓海(阿保麓海)
33
「遠き嶺の雪美しき揚ひばり」光波。
34
「杖上げて友呼ぶ月のスキー行」明峯(内山明峯)
35
「夕映の風にそよげる花林檎」陽人(内山陽人)
36
ということで、他にも一静(相馬一静)、露月(内山露月)、みつ、涼風(三浦涼風)等々の句碑がありましたが全部は紹介しません。ほぼ麓吟社唐竹俳句会の人たちです。
37
思ってた以上の数でした。
38
38.4
38.8
もう少し草刈りが行き届いていたら嬉しいところです。
39
最後に「麓吟社創立60周年記念之碑」(平成11年12月25日唐竹俳句会一同建立・渓水書)。
40
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ