1
海老田地区のIGRいわて銀河鉄道踏切付近にあるトトメキの追分石から旧奥州街道を西へ向かうと鳥居が見えてきます。ちなみに車が通れない踏切になっているので、車の方は迂回する必要があります。
2
鳥居付近に車を駐車できますがそこは自己責任でお願いします。
3
岩手県二戸市金田一字日ノ沢。金田一三観音の一つ。
4
日ノ沢の観音(徒歩15分)…『金田一の三観音(天神山の観音、舟沢の観音)の一つで、山の中腹の岩窟の中に千手観音が奉られています。緩やかな参道の途中には、亀の頭のような突き出した岩があり、縁結びの神様として奉られています。新緑と紅葉の参道はとても美しく、静かなところです。』
5
鳥居。
6
鳥居脇の小祠。
7
「朝日観音様・薬師様・庚申様」。
8
最初は舗装された道を上って行きます。舗装されていますが車は無理ですよ。
9
急に東北新幹線の線路が現れます。
10
運良く新幹線を見ることができたのですが、カメラを取り出すのが遅かったみたいです。見えるのは本当に一瞬なので待ち構えていないと無理ですね。ちなみに帰りも新幹線を見ましたが、またもやカメラを出し遅れました。
11
所々に椅子があります。
12
舗装はこの付近ですぐに終わり、山道となります。
13
綺麗に整備されているので軽装でも大丈夫かと思います。
14
14.5
椅子に座っても眺望はありません。
15
途中にあった岩。
16
「縁結亀様」とありました。最初の案内板にあった岩です。
17
亀の形をした岩。参道が細い為に後ろに下がれず、うまく写真が撮れません。
18
松の木をくぐって、更に参道を上って行きます。
19
緩やかな坂なので疲れませんね。
20
こちらは「子安観音様」。
21
堂宇内。
22
「山神」。
23
「竜神様・稲荷様」。
24
24.5
日ノ沢観音はすぐ目の前です。
25
岩の横に「三本杉の山神様」とあります。
26
これかな。
27
更に「水神様・藤ノ神様」とあります。
28
見下ろしても谷です。
29
上の岩からは水は垂れてきますが。
30
日ノ沢観音へはこの細い通路を通ります。
31
頭上は岩。
32
32.4
32.8
山の中腹の岩窟の中に祀られているのがわかります。
33
うまいこと作られていますね。
34
34.4
34.8
近くに寄ると岩も大きくて迫力あります。
35
35.5
参道を振り返るの図。
36
日ノ沢観音堂前の祠。
37
「山神・稲荷様」。
38
隣りには「縁結鶴様」。
39
日ノ沢観音堂。
40
日野沢観音とも書くみたいですね。
41
41.5
観音堂内。なぜか目覚まし時計がありました。私の腹時計とは裏腹に時刻は止まっています。
42
内陣には鏡。岩自体を御神体にしているような感じですね。周囲には様々な種の石や大黒・恵比寿像、蛇なども祀られていました。
43
43.5
横にも鏡や牛、観音像の頭などもありました。
44
岩窟の中なので頭上も岩ですよ。
45
46
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ