1
青森県十和田市大字深持山ノ下。参道入口手前には八代龍神(こうやまき)があります。
2
参道途中の鳥居。
3
熊野神社。
4
棟札には「大正5年9月4日建立、願主中野渡潔九代目、大工田嶋由松。平成5年9月建替、施主中野渡市右衛門十三代目、大工中野渡清喜」とあります。地域性を考えると修験道との結びつきによって勧請されたものと推測されるも不明。
5
参道途中の碑「奉納吉野桜、昭和18年丗本、昭和25年廿本、屋号「カネ久」、中野渡…(下部は埋もれています)」。そして桜は見なかったような…。
6
こちらも参道途中に鎮座。
7
馬頭観音(馬頭神社)です。
8
社殿。
9
拝殿内本殿。
10
参道に戻って、向って左は御仙洞山八幡宮二之鳥居。
11
右は澄好大明神鳥居。
12
参道はこのように並行しております。
13
澄好大明神は恐らく住吉大明神。
14
ちなみに高野槇の案内板では「住居大明神」となっています。
15
石仏がありますが、綺麗に着飾っており、何かはわかりません。本地仏かな。
16
参道に戻ります。
17
御仙洞山八幡宮三之鳥居。
18
八代龍神が鎮座する高野槇(こうやまき)の案内板によりますと、中野渡家の裏に「おうせんどう」という小高い山があり、古くからこの山に明神様、熊野神社、住居大明神、八幡神社、馬頭神社、山の神等数々の神が祭られており、これらの神社には地区民の信者が多いと記されております。
19
御仙洞山八幡宮社殿。
20
大変立派な社殿なのですが…由緒等はわかりませんでした。
21
拝殿向拝神額「奉納八幡宮」(昭和28年9月15日願主中野渡久兵衛)。
22
拝殿内。広いです。中央から本殿前にかけてだけ畳がありました。
23
23.4
23.8
市無形文化財(平成16年10月19日指定)の南部深持神楽は、産土神社である深持御仙洞山八幡宮の信仰に付随して伝えられているもので、昭和初頭に南部洞内神楽から伝承を受けました。その後、再三の中断を経ましたが、昭和52年に復興して以降は洞内神楽と寸分変わらぬ技芸を復活させ、集落をあげて旺盛な伝承活動に取り組んでいます。上演は深持御仙洞山八幡宮例祭(9月第1日曜日)。
24
本殿覆屋。
25
倉庫(祭具庫)っぽい建物。
26
御仙洞山八幡宮社殿横の鳥居は八幡大神宮。
27
八幡大神宮。
28
棟札には「享保九年甲虎深持市衛門建立、建替平成五年九月、施主中野渡市右衛門十三代目、大工中野渡清喜」とあります。ちなみに享保九年は甲辰です。いずれにしましても大変古い歴史を持ちます。
29
八幡大神宮の小祠の横には石と小さな石塔がありました。
30
石塔正面には「梵字(アーンクっぽい)、春日大明神」。
31
横には紀年銘「昭和辛丑三十六年十月三日建立」、「中野渡長太敬白」。
32
32.5
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ