1
八戸市根城四丁目。八戸警察署売市交番の向かい付近。桜木町から根城方面へ向かう国道の上り坂左側に鎮座。
2
2.5
国道104号沿いから少しだけ入った場所にありますが、とても国道沿いとは思えぬような雰囲気があります。
3
ここにはかつて根城南部氏時代の処刑場があったとされます。
4
この付近からは人骨が出土したこともあったそうです。
5
鎮座地的にはそのことにも関係していると思われますが、無縁塚神社に伝えられる由緒としては、寛延(1750)の猪ケガジで亡くなった人を埋葬した場所であるとのこと。
6
八戸地域では飢饉のことをケガジというそうで(※津軽地方でいうケガツ)、特に寛延2-3年は冷害型の大飢饉で、猪の大発生による農作物への被害も非常に大きく「猪ケガジ」と呼ばれたそうです。数千人という規模の餓死者が出ています。
7
そういえば根城隅ノ観音にも寛延4年建立の悪獣退散祈願碑がありましたね。特にこの方面の被害が大きかったのでしょう。なお、猪が増えた背景には生類憐れみの令の影響もあったようです。 
8
手水石(明治)。
9
本殿裏の石碑。読み取れず。もしかしたら裏面だったかも!?
10
社殿前の建物に色々と祀られています。
11
お花やお供え物が新しいです。今でもきちんと参拝されている方々がいるのですね。
12
こちらは馬が彫られております。
13
一際大きい石碑は寛延飢餓供養塔。梵字キリークの下に「有無万霊等」と刻まれています。
14
側面碑文「寛延三庚午稔三月十六日 施主 廿三日町 泉沢茂兵衛」。廿三日町の泉沢茂兵衛が建立。
15
15.5
こちらは石仏と思われますが、全体的に布に包まれており、何かは判別できませんでした。
16
手前には石も祀られています。
17
観音像。
18
小祠。
19
中は空っぽで何かは不明です。
20
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ