1
松園寺(盛岡市)』からの続きです。
2
2.5
本堂前の門。
3
門自体は普通の門ですが、何やら色々あります。
4
屋根に龍や説明できない方々。
5
5.5
寝ている方も。布袋尊っぽい。
6
特に説明板はありません。
7
7.2
7.4
7.5
7.6
7.8
竜と弘法大師。
8
達磨大師。
9
こちらも達磨大師。
10
天水桶。
11
見応えがあり、楽しめる門です。
12
本堂前参道。
13
灯籠一対。
14
14.5
獅子が直立で支えております。
15
15.5
慰霊碑。
16
観音像。
17
遠くにも大きな観音像が見えました。
18
先祖代々之墓。墓の手前にも樋下正光句碑「雪はらい父の墓前に茶そそぐ」。
19
狛犬一対。
20
20.5
本堂。
21
21.4
21.8
松園寺(盛岡市)』でも説明しましたが、樋下建設株式会社代表取締役であった樋下正光氏(元盛岡市議、岩手県議)が、亡き両親を供養するために建立されたお寺とのことで、それ以上の由緒等はわかりません。
22
本堂内。立派です。
23
本堂向って右の建物。
24
本堂前にも色々あります。
25
説明できないものもありますが。
26
26.5
観音像。
27
27.4
27.8
達磨大師。
28
28.4
28.8
不動明王。
29
龍。
30
30.5
七福神。
31
31.2
31.3
31.4
31.5
31.6
31.7
地蔵。
32
32.5
本堂向って左へ。
33
大谷石の建物。
34
ミソチェック。
35
赤レンガ風の建物。
36
こちらの建物も含めていずれも何かはわかりませんでした。
37
37.5
地蔵尊。石灯籠が大きい!
38
二宮尊徳。
39
藤村益治郎の像。盛岡地方裁判所前庭にある石割桜の造園士として有名です。
40
40.5
隣には樋下正光句碑「人の身の変わりやすきを知るにつけまめなる時に世に尽くせかし」。
41
「美しい祭り永遠に残したい」(平成9年10月吉日正光)と題されたこちらの石碑は消えていて読めず。
42
六地蔵。「踏まれても根強く生る道草のやがて来る春花も咲くらん」樋下正光。 この句碑は松園観音墓地にもあります。
43
布袋尊。
44
大黒天。後方に見えるのは盛岡大仏。
45
五重塔。
46
小さめですが立派な造りです。
47
47.4
47.8
樋下建設殉職之塔(平成4年10月建立)とあります。
48
韓国済州島伝統の石造造形物トルハルバン一対。
49
49.5
猛牛。
50
福の神、石川啄木歌碑。
51
仁王門がありました。本堂の裏手方面になります。どちらからも車で来ることができます。
52
そしてこちらの道の両脇にも句碑塔がたくさんあります。
53
仁王像。
54
54.5
狛犬一対、田中冬二詩碑。
55
55.5
関連記事
56
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ