1
十和田市相坂白上。鎮座地はかつての大坂村。相坂村とも書きます。盛岡藩領。五戸通。藤坂村誌によりますと、江戸初期には「北左エ門佐殿知行所大坂六日町」とあり、北家の所領がありましたが、慶安年間頃から苫米地氏が知行を有するようになりました。天明3年の御蔵高は172石余、給地は苫米地勘右エ門99石余・米田伊左エ門31石余・苫米地丹治18石・川村市郎治50石余・苫米地与太郎10石・苫米地恒右エ門30石余・苫米地治助50石余・苫米地六右エ門30石余などがあり、この状態が幕末まで続きましたがその大半は地内在住の給人(郷土)。集落は奥入瀬川に沿って段丘上に並んでいますが、高清水は本村の北東にあり七戸通境との山守を命ぜられ、また六日町には寛永21年から市が開かれていました。早くから給人層、特に苫米地氏による新田開発があり、奥入瀬川の鮭漁なども行われ、安永5年には酒株を持つ江渡氏が移り住むようになりましたが、「天明年中凶年あげて村民のらに餓死して荒となり」といわれる打撃を受けています。特に高清水は潰村になりかけました。ほどなく回復し、文政年間頃には「此村能き村也、福地とミゆる所なり、酒やも有り、田畑開けたる村里なり、相坂村ハ駅場にハなけれとも駅場の助けとなる所也」といわれました。用水路の掘削も試みられ、文政年間に紋之丞堰の工事がありましたが未完に終わっています。万延元年大光寺堰の掘削計画が始まり、種々の反対を乗り越えて慶応年間頃にはほぼ完成をみましたが、戊辰戦争で中断し明治11年に再び着手。ほぼ中央に大池神社が鎮座。文政5年には火災に遭っています。高清水に高清水神社、白上に白上稲荷神社があります。当白山神社については見えず。
2
県道45号線(十和田三戸線)から脇道に少し入ったところに一之鳥居があります。一之鳥居の脇にある石碑群。※天気が悪く、暗かったため、碑文は自信ありません。
3
向って右の碑。「上水明神」(明治24年3月12日、施主向切田村中、俗名栗山利助 行年四十三歳)。
4
中央の碑。
5
中央手前の碑は中央に「白山神社」と刻む碑ですが、元は鳥居等の神額かも知れません。
6
中央奥の碑は…
7
う~ん…
8
ちょっと厳しいです。天気が悪くなかったらもう少し頑張って読んだかも。
9
向って左の碑。
10
文字がぎっしりと彫られていますね。
11
読めなくもない状態ですが、日本語版ベルルッティみたいな感じで私には厳しいです。
12
「南無地蔵」の文字ははっきり見えますね。
13
13.4
13.8
興味のある方は現地で解読してください。
14
参道。
15
一之鳥居から社殿までは少し距離がありますが、特に勾配も無く歩きやすい参道です。
16
途中右側に畑があります。
17
17.5
遠くに社殿が見えてきました。
18
参道右手に石碑。
19
二十三夜塔(明治35年、施主向切田中)でした。
20
参道右手に小祠。清水大明神。「奉納大明神」と書かれた明治期の棟札が1枚。その他「清水大明神 昭和33年2月4日」、「平成7年4月2日 棟梁苫米地薫 家主豊川隆雄」と書かれた棟札があります。
21
小祠の向かい側。かつて小祠があった跡。
22
参道。
23
23.5
社殿の横に出ます。
24
社殿。
25
25.5
由緒等については調べておりません。
26
こちらは手水石なのかな。
27
一対あります。
28
台座の文字は読み取れませんでした。
29
拝殿向拝。
30
拝殿内。
31
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ