1
秋田県鹿角市十和田大湯。秋田県鹿角市大湯温泉にある名刹、普門山大圓寺。御本尊は摩訶迦葉尊者、釋迦牟尼仏、阿難尊者。
2
かつての大湯村。戦国期には見える村名で、鹿角由来記には「大湯村、大湯左衛門家来領知。本名奈良の惣領也。嫡子四郎左衛門、二男治郎左衛門、三男彦左衛門。右四郎左衛門天正十九年の九戸へ一味仕り、生捕られ、九戸と一処に三迫にて切腹。治郎左衛門・彦左衛門は津軽へ落行、後に次(治)郎左衛門召出され知行二百石拝領す。彦左衛門は津軽に奉公す。大湯村、後には大湯五兵衛領知」とあります(南部叢書)。奥々風土記には大湯五兵衛の天正年中の居城という古城跡大湯城の記録があり、鹿角志に「大湯五兵衛は、南部の一門毛馬内靫負が従弟也、大湯・小坂にて知行二千石領するなり」と見えます。中世の奈良一族が九戸の乱によって勢力を縮小し、更に南部一族大湯氏に領主の交代した様子が伺えます。邦内郷村志によりますと、蔵入高174石余・給分采地443石余、馬146、戸数125(うち上町46・下町32・上之湯13・下之湯22、枝郷に当たる折戸・山中・白沢・土沢・集ノ宮新田分12)。普門山大円寺があり、曹洞宗で最上黒滝白川寺末。盛岡報恩寺支配。集宮をまつります。大湯から25里、三戸地区関村から25里の所に山中巡検使休息の一家がありました。東方3里余の山中には不老倉銅山がありました。天保郷帳では1,035石。奥々風土記には、大湯駅が鹿角郡内五駅の1つであること、薬師神社には慶長13年の棟札のあること、大湯温泉は万病に験あり、ことに悪瘡にきくこと、老若男女が年中絶え間なく入湯に集まることを記します。大円寺は天文5年創建で毛馬内氏菩提所。天明8年古川古松軒も湯の出口は4か所で2か所は疝気・中風に効くなどと書いています(東遊雑記)。大湯温泉街から南西の黒又山麓風張・宮野平方面の台地への登り坂は在郷坂と呼ばれましたが、それは大湯の高台にある和町一帯に同心たちの住む武家屋敷が並んでいたからです。来満街道の駅場であることが鹿角五駅の1つに数えられる理由ですが、津軽領・秋田領とも近い関係にあったのも武家屋敷の存在した理由。明治5年には大洪水があり大円寺も被害を受けています。
3
3.5
戦国期の大永2年(1522)黒滝(山形県大石田町)向川寺九世春林禅冬大和尚により開創されましたが、建立場所は定かではありません。
4
天文5年(1536)毛馬内城主毛馬内靭負佐秀範により当麻館に建立され、毛馬内氏の動向に従って三転し、江戸前期の寛永20年(1643)に現在地の大湯に建立し、山号を「普門山」と改めました。その後は北家の所領となり明治まで北家の菩提所となります。
5
本堂は明和5年(1768)に大洪水で倒壊後、翌年再建され、その後大正8年(1919)に大修理、昭和49年に位牌堂を増築。
6
翌年に山門と鐘桜を兼ねた2階建ての山門が再建されています。平成20年に本堂、庫裡、位牌堂を新築し、大仏と山門も修復し伽蘊も一新されました。寺宝である大湯大仏(阿彌陀如来像)は高さ5m。年代不詳。江戸中期の大洪水の際に頭部のみ流れついたと伝えられており、平成20年に復元されています。魚鼓(魚槃)は食事の際に使用される鳴らし物の一種で大きさ約140cm、室町時代中期の作といわれ、大圓寺が修行道場として多くの雲水が集まっていた事を示す貴重なものであり、昭和52年に鹿角市文化財に指定。大湯大仏と魚槃については公式HPに写真があるのでそちらをご覧ください。
7
7.4
7.8
山門・位牌堂新築記念碑(山門:昭和50年11月、位牌堂:昭和49年3月、二十四世泰貫代)。
8
山門仁王像(平成20年11月25日・柳沢石材店柳沢猛寄贈)。
9
9.5
普門山大圓寺の由来(平成6年11月大圓寺護持会建立)…『この寺は[曹洞宗]普門山大圓寺といって、お釋迦さまを本尊として仰ぎ、大本山は福井県の永平寺と、横浜市の総持寺である。開創:大永2年(1522)5月15日寺領17石。開山:山形県東村山郡黒瀧村 向川寺九世 春林禅冬大和尚。開基:毛馬内城主毛馬内勒負秀範公(諡号・普門院殿融山圓公大禅定門)。天文5年(1536)始め毛馬内当麻館(古館付近)に建立され、当麻山大圓寺といった。慶長12年(1607)毛馬内柏崎館(新城付近)現在の仁叟寺のところに引き移った。寛永20年(1643)毛馬内勒負秀範氏、大湯知行替により、大湯村観音の道場であった現在地に引き移り、普門山大圓寺と称した。その後明歴2年に毛馬内家は絶家となった。寛文5年(1665)盛岡にあった南部藩の御三家の一つとして重んじられた。[北 九兵衛宣継]小軽米より知行替により大湯城に引き移り、以後、北家の菩提寺として明治までつづいた。宝永3年(1706)北家4代目北澄之助可継より茶湯料として三石を賜った。後に北家は輪無双鶴の紋を延享2年(1745)に、南部の名称を文政2年(1819)に許された。寺宝・文化財:門闢本尊(千手観世音菩薩像、木造、御身丈約八糎)、脇侍(不動明王像、木造、御身丈約十糎)、脇侍(毘沙門天像、木造、御身丈約十糎)。※大圓寺略傳記によれば定朝作とある。門杉(樹齢約2千年)…秋田県指定天然記念物。魚鼓(ほう)…鹿角市指定文化財。阿弥陀如来佛頭(佛体は不明)…高さ約1米、幅40糎。弁財天座像…高さ35糎、台座31糎。真牌(北家家紋・輪無双鶴入り)。25世泰暢代』
10
記念碑…『大圓寺は大永2年(1522)山形県の向川寺九世春林善冬が開山した寺院である。明和7年(1770)に建立されて230年を経た伽藍は老朽化が激しくなり、更に位牌堂は手狭になり全面的な改修が必要となった。平成12年(2000)二十六世澄月道光の時代に建設委員会を設置して7年間で建設する計画が練られ、平成14年の総会において新築工事が決定された。建設に当たっては、檀信徒の皆様からの浄財の寄進を仰ぎ、平成の大事業として檀信徒一丸となって菩提寺の完成に努めた。併せて、阿弥陀如来像の復元、山門の改修を行い、平成20年に総工費6億8千250万円で完成するに至った。祖先を敬愛し、菩提寺を愛する檀信徒一同の願いにより完成した大圓寺は、檀越各家先祖の永代精霊を祀り、お釈迦様の教えを子々孫々に継承する寺院として、後世に伝承されることを願うものである。大圓寺護持会』
11
墓地移轉紀念碑。
12
觀音講紀念(大正2年5月設立)。
13
「魚盤」一点(鹿角市指定有形文化財・昭和52年2月4日指定)標柱…『魚盤(魚鼓)は、修業僧の起居する禅寺などに吊して、食事などの合図にたたき鳴らすもので、空洞の魚形をした木製の道具である。巧みな造りで、室町時代のものといわれる。明治初期の大圓寺什物帳にも記載され、この寺の由緒が所化修業の道場であったことを示す貴重なものである。』
14
六地蔵。
15
六地蔵説明。
16
中央に戦死病没者當檀信徒累代諸靈供養碑。
17
手水舎。
18
お掃除お疲れ様です。
19
平和観音と桜。
20
参道及向拝石段改修供養紀念碑(昭和16年7月・23世大村顯龍代)。
21
杉並木の参道。
22
22.5
浅井小魚句碑「秋立つや大樹の梢おのづから」(昭和37年9月9日・句碑建設会建立)。
23
一際大きな大圓寺門杉は樹齢約2000年。
24
秋田県天然記念物。
25
杉1本標柱(秋田県指定天然記念物・昭和30年1月24日指定)…『寛永20年(1643)に大圓寺が毛馬内から移ってくる以前からある巨木で、人々は「寺の門杉」と称して大事にしてきた。当時は参道をはさんでもう1本あったが、江戸時代の中頃大洪水のため流失したと伝えられる。樹高42メートル、幹囲9メートル、樹齢500-600年(2千年との伝承もある)』
26
門杉を見上げるの図。
27
27.4
27.8
離れた方が大きさが伝わりますね。
28
28.5
大圓寺門杉(秋田県指定天然記念物・昭和30年指定)…『樹高42メートル、周囲9メートル、樹齢2千年。門杉は、昔参道をはさんでもう1本あったというが徳川中期に流失したという。管理者普門山大圓寺』
29
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ