1
秋田県鹿角市十和田大湯。大湯城址の上館坂と下館坂の間に鎮座。
2
かつての大湯村。戦国期に見える村名。陸奥国鹿角郡のうち。鹿角由来記によりますと「大湯村、大湯左衛門家来領知。本名奈良の惣領也。嫡子四郎左衛門、二男治郎左衛門、三男彦左衛門。右四郎左衛門天正十九年の九戸へ一味仕り、生捕られ、九戸と一処に三迫にて切腹。治郎左衛門・彦左衛門は津軽へ落行、後に次(治)郎左衛門召出され知行二百石拝領。彦左衛門は津軽に奉公。大湯村、後には大湯五兵衛領知」とあります。奥々風土記に大湯五兵衛の天正年中の居城という古城跡大湯城の記録があり、鹿角志に「大湯五兵衛は、南部の一門毛馬内靫負が従弟也、大湯・小坂にて知行二千石領するなり」と見えます。中世の奈良一族が九戸の乱によって勢力を縮小し、更に南部一族大湯氏に領主の交代した様子が伺えます。江戸期には鹿角郡毛馬内通りのうち。南部藩領。邦内郷村志によりますと、蔵入高174石余・給分采地443石余、馬146、戸数125(うち上町46・下町32・上之湯13・下之湯22、枝郷に当たる折戸・山中・白沢・土沢・集ノ宮新田分12)。普門山大円寺があり曹洞宗で最上黒滝白川寺末。盛岡報恩寺支配。集宮をまつります。大湯から25里、三戸地区関村から25里の所に山中巡検使休息の一家がありました。東方3里余の山中には不老倉銅山がありました。天保郷帳では1,035石。奥々風土記によりますと、大湯駅が鹿角郡内五駅の1つであること、薬師神社には慶長13年の棟札のあること、大湯温泉は万病に験ありことに悪瘡にきくこと、老若男女が年中絶え間なく入湯に集まることを記します。大円寺は天文5年創建で毛馬内氏菩提所。天明8年古川古松軒も湯の出口は4か所で2か所は疝気・中風に効くなどと書いています(東遊雑記)。大湯温泉街から南西の黒又山麓風張・宮野平方面の台地への登り坂は在郷坂と呼ばれましたが、それは大湯の高台にある和町一帯に同心たちの住む武家屋敷が並んでいたからです。来満街道の駅場であることが鹿角五駅の1つに数えられる理由ですが、津軽領・秋田領とも近い関係にあったのも武家屋敷の存在した理由です。明治5年大洪水があり大円寺も被害を受けました。
3
案内板「神明社の由来」より…『一、主祭神…大日霊貴尊。合祀神…誉田別命、保食命、武甕槌命、経津主命、金山彦命、火武主比命、白山姫命、大山祇命、窯神、大己貴命、木花咲屋姫命。二、御神徳…大神様の広大無辺なる御威徳を、天に輝く太陽・日神と称え、その比類なき生成・育成の御慰霊を仰ぎ奉る神様であり延寿万福・病気平癒・学業成就・五穀豊穣・良縁・安産等に霊験があると言われます。三、由来…本神社は、元和3年(1617)に大湯村村民一同がこの地に精神的拠り所としての神社を造り、大神様の御加護を蒙らんと相謀り、多数の寄進を得て、大湯字大湯百九番地(上町)に創建し、村民の信仰を集めて来ました。明治6年(1873)8月村社となり、明治40年(1907)8月、諏訪神社(諏訪)・舘神社・駒形神社(和町)・八幡神社(湯ノ岱)・村杉神社(権現堂)を始とし、大正13年までに近在近郷の22社を合併合祀しました。昭和12年10月1日に、現在地(中町)に移転許可を得て、同13年7月28日竣工し、大湯の信仰の中心となって現在に至ります。四、祭典…1月1日歳旦祭。9月第2土曜日宵宮祭。宵宮祭翌日例大祭。5月末祈年祭。11月末新嘗祭。五、所在地…鹿角市十和田大湯字大湯189番地1-2』
4
狛犬一対。
5
5.5
石灯籠一対。
6
6.5
手水石。
7
神社庁によりますと、御祭神は大日霊命、誉田別命、保食命、武甕槌命、経津主命、金山彦命、火武主比命、白山姫命、大山祇命、大己貴命、竈神。例祭日は8月16日(9月15日)。
8
創建年代不詳。元和3年上己に大湯村中にて鹿角市十和田大湯字大湯109に建立と伝えられます。
9
別伝によれば、享保8年に北林某が建立とも伝えられます。明治6年村社。明治40年以降22社を合併。昭和13年7月現在地に移転改築。
10
拝殿内。
11
11.5
忠魂碑(元帥伯爵東郷平八郎書)。
12
慰霊碑(靖国神社宮司松平永芳書・大湯軍恩会、大湯遺族会)。
13
イタコ石。
14
石の表情がイタコに似ているそうです。
15
イタコ石…『むかし、来満街道を大湯から腰廻りに川越えをする場所を、イタコ渡りといった。この石は、そのイタコ渡りにあった石で、川越えをする旅人たちが川越えや旅の安全を祈って拝んだ石で、石の表情が「イタコ」に似ていることから名付けられた。平成10年12月吉日大湯郷土研究会』
16
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ