1
寛政4年の地震で隆起したと伝えられる海岸段丘面。
2
物珍しがった津軽藩の殿様が、そこに千畳畳を敷かせ大宴会を開いたとされることからこの名が残ります。藩政時代には殿様専用の避暑地で庶民は近付くことが許されなかったといいます。。
3
3.5
千畳敷の平らな部分の岩は明白緑色、付近の奇岩は黒鉱鉱脈と関連するグリーンタフ。秋田県から青森県日本海側を経て北海道渡島半島まではグリーンタフが発達し、火山活動や地震が多かった場所で、歴史地震の記録も多く、近年プレートの境界が発見されるなど地殻変動の激しい場所です。
4
4.5
深浦町は幾度となく隆起をくり返しており、海岸線を走る鉄道や車道から、海岸段丘の階段が観察されます。千畳敷もこの段丘面の一つで、大潮の日など引き潮が激しいときには、にわか千畳敷が沢山観察されます。波の強い日には浅瀬の淵に波が立って、高い段丘面の上から観察すれば千畳敷のような地形が幾つもあることに気付きます。
5
5.5
千畳敷センターでお食事。
6
写真は海鮮丼&五色丼。
7
千畳敷を散策した後は風合瀬海岸へ。
8
8.4
8.8
海に浸かりながらシーグラス拾いをしました。興味が無ければただのゴミ拾い。
9
関連記事
10
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ