くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2017/03

詳細は以前の記事を参照ください。 『品川神社 (東京都品川区)』 『御嶽神社・阿那稲荷神社・浅間神社 (品川神社富士塚)・猿田彦神社 (東京都品川区)』 参道。 富士塚。 ぶじかえる。 浅間神社。 狛犬一対。 品川神社正面参道。 参道狛犬。 神楽殿。 ...

白糸の滝へ行く途中にあります。まず橋を渡ります。 水流はそこそこ激しい感じ。 橋の名は延命橋。 橋を渡ると四阿と十和田様。 こちらも水量が豊富でした。 色々な石が安置されています。『水神竜神 十和田信仰』によりますと、「(前略)関所のカーブのところには ...

みちのく銀行本店の隣りです。 御祭神は宇迦之御魂神。 勝田稲荷神社(境内案内板より)…『草創の一として、元和元年の大坂夏の陣において大坂落城、落人として、同志三人とともに津軽藩二代藩主・信牧公の側室辰子姫(大館御前・石田三成娘)の縁をたよりにして、津軽 ...

有戸村は盛岡藩領で野辺地村の枝村(有戸5ヶ村の1つ)です。盛岡藩営9牧の1つ有戸牧があった場所。同牧は尾駮牧を再興したものと伝えられ、蟻渡野と呼ばれました。余談ですが有戸の海岸で拾うことができる有戸石は黄金色に透き通ったとても美しい石で人気があります。 ...

東津軽郡蓬田村郷沢浜田に鎮座する稲荷神社。 菅江真澄が『外が浜づたい』にて、「かつ行て郷沢村という村のあとあり、卯辰のうえに、いさりするに魚だにあらで、犬をつくり馬を屠りてつくられたりしころ、人身まかりやけたりしと」と記しています。 この参道のアスファル ...

外から見たら森!って感じでしたが、境内は綺麗にされています。 一の鳥居は石造で明治39年8月吉日建立。 続いて赤い両部鳥居が続きます。 鳥居付近の御神木が大きいですね。 かつての神主は瀬辺地村の天満宮の菅浦倶衛が兼務していたようです。近年は瀬辺地天満宮と共 ...

神社名がわからなかったので仮称です。豊ケ岡地区の産土神として、当地区の開拓者たちによって祀られたものと考えられます。 参道。 豊ケ岡地区にあります。昭和11年に八斗沢の原野に県営大深内集団農耕地を実現させ、大沢田の一部と浦野館村大浦(上北町)の一部 ...

竹乃明神社の近くです。由緒等まったくわからず。すいません。 よって写真だけでお楽しみください(笑) 社殿です。 扁額。 こちらはすぐ近くにあった鳥居。 蒼前神社のようです。 ...

私の地図では「竹の月神社」とありましたが、「竹乃明神社」のようです。 で、この急斜面を登れと?(笑) 登ったら降りて来れない気がするほどの急斜面です…が!登ります。 上には小祠が1つ。何が祀られているかはわかりませんでした。 で、問題の下山ですが…何と祠 ...

飯詰字影日沢。飯詰本村の長坂集落から北方の沢目にあった村。飯詰の観光マップにも紹介されています。ちなみに飯詰地区の朝日沢(朝日館城跡にできた村)は影日沢に対する地名として名付けられたと伝えます。味噌ヶ沢は飯詰の支村で明暦元年(1655)に開村された村。味噌を ...

青森県産業技術センター林業研究所裏手。 夜越山山中に鎮座しています。 中々の山道ですが参道は比較的整備されています。 がっ!…蚊が凄かったです。水場が近い証拠…我慢我慢…できないっ!! 二の鳥居。 豊富に水が流れております。 見えてきました。 棟札には ...

十和田市大沢田牛鍵の稲荷神社です。 社殿の裏は森ですが、境内は公園のように綺麗に整備されています。 石灯籠一対。 狛犬一対(皇紀2600年記念奉納=昭和15年)。 境内案内板より…牛鍵稲荷神社の由来『この神社は、文政6年8月3日、今から178年前に陸奥国南部北野郡 ...

↑このページのトップヘ