くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2015/09

かつての水沼村。東は小阿弥堰より分水する深味堰を境に矢沢村、西は五林村、南は藤越村、北は中野目村に接します。天文年間(1532-1555)の津軽郡中名字には「溝沼」とあります。 御祭神は保食神。 創建は不詳ですが、 延宝年間(1673-1681)に水沼村に観音堂を建立し、 ...

県道3号線を走っていると、大宮地区付近の田んぼの向こうに赤い鳥居が見えます。県道から離れていますが神社付近まで車で行くことができます。 御祭神は金山彦神、金山姫神、植山比売命。金山彦神・金山姫神は鉱業や鍛冶の神で、植山比売命は土を司る神です。 貞享4年検 ...

男坂です。神田駿河台と猿楽町の間に位置する坂道。 猿楽(後の能楽)は室町時代以降、多くの武士たちに楽しまれ、なかでも観阿弥・世阿弥の流れを受け継ぐ観世座は、江戸幕府から手厚い保護を受けていました。 その家元観世太夫や一座の人々の屋敷が、現在の神田神保町1 ...

地図では愛宕神社となっていました。俗称愛宕様として親しまれているようです。岡町の産土神。御仮屋(無為館松嵐)の近くです。 御祭神は軻遇突智命。寛文2年(1662)もしくは延宝4年(1676)村中にて勧請。貞享4年検地水帳によりますと、荘厳寺屋敷、宝泉寺屋敷、浄念寺 ...

森山村集落は森山館の北側崖下から北に海岸に沿って発達。西側は海に面しています。 場所は民宿「汐ヶ島」の裏手になります。この汐ヶ島は美味しい料理と店主のおもてなしにより、大変評判が良く、大人気の民宿となっているようです。いいなぁ~泊まりたいなぁ~。 さて、 ...

かつての上十三村。貞享4年検地水帳によりますと、常是院抱えの八幡堂社がみえますが当神社との関連は不明。 上十川八幡宮の御本尊は大杉村大字徳妻子村(現青森市浪岡大字徳才子)に所属 していたそう。 御本尊と境内が失われた後、十川村の岩間彌五兵衛の親に度々枕 ...

龍ノ口に鎮座する八幡宮。かつての竜ノ口村で、北東は真土村、北は二本木村、西南は鳥井野村に接し、南は岩木川を挟んで悪戸村に相対します。 御神馬一対。 手水鉢。 石灯籠一対と狛犬一対。参道が左にカーブしています。 更に御神馬。 御祭神は誉田別尊。 安政2 ...

御祭神:東郷平八郎命 例祭日:5月28日 御社殿:神明造り76坪 境内地:8400余坪(27,720㎡) 原宿竹下通りのすぐ近くに鎮座(竹下通り側は北参道)。 由緒沿革…『東郷平八郎命は弘化4年(1847年)薩摩藩士東郷吉右衛門の四子として鹿児島市加治屋町で生まれ、昭和9年( ...

すぐ近くの奥内の三社神社と混乱します。 遠くから見ると鎮守の杜の雰囲気も似ていて間違う可能性もあります。 明治初期の神仏分離の折、瀬戸子村の牛頭天皇と奥内村の蔵王宮及び末社神明宮を合祀して三社神社と改称。奥内の三社宮の分霊を昭和19年に勧請して氏神とした ...

神社入口に大きなイタヤカエデがあります。かつての西中野目村。貞享4年検地水帳には三之太夫抱えの観音堂地4畝余が見えます。 八幡宮は延暦年間(782-806)に坂上田村麻呂の創建した108社の1つであり、古館村・俵升村・中野目村の境にあって正観音を祀ったそう。 こ ...

関連記事 『御仮屋(無為館松嵐)・廣田家住宅・元若狭屋竹越里圭家他(深浦町)』 『下口稲荷神社 ・ 留土坂 & 新坂 (深浦町)』 こちらが通称新町稲荷かな。違っていたらすいません。御祭神は倉稲魂神・保食神。 御仮屋のすぐ近くに鎮座しております。 向拝下の蜘蛛 ...

御祭神は月夜見命。創建年月日不詳。 かつての艫村で、安政2年神社書上帳によりますと寛文元年(1661)再建の月山権現(月屋村艫作権現宮社地)が地内清滝にあります。 同社は延宝年間(1673-1681)村中再建とも伝え、現在の社地とは違う場所に鎮座していたようです ...

一之鳥居横にある庚申塔。 かつての五本松村です。 古くは七日町とも称していました。これは中世末期に浪岡城下の一部であったことの名残りと考えられます。 美人川公園。 美人川伝説…『平安時代の終わりごろのことである。京都の公卿、近衛関白にたいへん器量の悪い ...

一之鳥居横にある案内看板より…『奈良県生駒郡三郷町立野に鎮座する龍田大社は、天御柱命・国御柱命二神を祀る。大和盆地に吹き込む西風の入口にあたる龍田の地に、竜巻の旋風を天地間の柱と見立てた風の神を祀って、農作物の風害がないことを祈ったものである。田野沢の龍 ...

御祭神は稲荷大神(倉稲魂命)。 参道の途中にちょっとした公園があります。 貞享4年(1687)検地水帳によりますと稲荷社地、宮無之とあります。 安政2年(1855)神社書上帳によりますと、稲荷宮一宇、往古建立年月不詳、享保19年(1734)村中で五穀成就のため再 ...

御祭神は保食神(宇気母智神)、多紀理比売命、多紀津比売命、市杵島比売命。4柱を祀ります。最初は所謂津軽四社の1つである広瀬宮かと思っていたのですが、4柱を祀ることから四所神社とのことです。 寛永3年(1626)村中安全開発成就のために草創された四所明神宮。青森 ...

清水坂を下ると左手に八幡山児童遊園があります。 崖を削りとられて作られた児童公園はかつての貝塚遺跡であり、公園内の崖上へと登って行きますと若宮八幡神社があります。 御祭神は誉田別命(応神天皇)。 御神格、文武の神。 『ここは八幡山と呼ばれております。 ...

坂下西側には八幡山公園、東側は路線が南北にのびる低地。 坂上は環七通りに交差します。 途中の湾曲が美しいですね。 坂は稲付と十条を結ぶ江戸期の岩槻街道にかかります。岩槻街道は旧日光御成道で、王子から岩槻を経て幸手で日光街道と合流する奥州道中の街道です。 ...

過去の記事。 『かかしの里2012 (弘前岳鯵ヶ沢線・中村地区)』 『かかしの里2013 (弘前岳鯵ヶ沢線・中村地区)』 今年はどんなかかしがいるのか… それではさっそくいってみましょう!! 横山太郎!!…いきなり…誰?(笑)製作者の名前かな。 ジャック・スケリント ...

かつての駒田村。元は玉清水村といい享保11年(1726)に駒田村に改称しています。 元禄元年(1688)村中安全・五穀豊穣を願って建立。 元文元年(1736)陸奥国津軽郡御検地水帳に薬師堂地が見えます。 明治3年に薬師堂は神仏分離によって久須志神社となりました。 ...

↑このページのトップヘ