くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2015/03

とても狭い境内地で、車だと見逃してしまいそうな感じです。 貞享4年検地水帳によりますと村抱えの稲荷社地12歩がみえますが、明治初年に廃されています。 字亀井の稲荷宮は豪農今井家の内神で、明治年間になり村の産土神となりました。 社号標に刻まれる社 ...

バス亭が金光上人なのでわかりやすいですね。 中野村は江戸時代の四日町で、浪岡川を挟んで浪岡城跡の対岸に位置します。 法然上人の高弟金光房は鎌倉時代前期に浄土宗を東奥に広めた僧(生まれは筑前国)。 若くして比叡山延暦寺にて修行し、延暦寺の教えでは満足せずに ...

安倍氏館・安倍屋敷跡地にある稲荷堂。カッパ淵沿いに鎮座。 詳しい由緒はわかりませんが、約400年前に阿部氏の養子となった人が甲州から勧進して氏神としたものらしく、石鳥居には阿部の名が見えます。小さい社で、今にも崩れそうな鳥居と社殿ですが、歴史はありそうです ...

カッパ淵にある常堅寺。 カッパの厠…入りたくない…。 常堅寺では道元禅師像(室町時代製作)と仁王尊像2体(江戸時代製作)が遠野市指定文化財に指定されています。 仁王門。 仁王像はもと早池峰山妙泉寺(早池峰神社)の仁王門にあったもので、明治の神仏分離によ ...

カッパ淵の近くにあります。 工藤正さんという方がカッパ淵を盛り上げる為に趣味で製作したオブジェ。 中田養蜂研究所を彷彿させます。 「中田養蜂研究所」の記事。 説明はできません。 芸術とはそういうものでございます。 多くの意味を持つもの。 まっ ...

千体オシラサマの御蚕神堂を見学できる遠野伝承園にて、ひっつみと不二家のソフトクリームを食べてからカッパ淵へと向かいました。 「伝承園」HP 途中にあった金毘羅大権現・早池峯大神の石碑。 カッパ淵へは伝承園から徒歩で行けます。 カッパ淵到着。 河童…『馬 ...

明治になって目鹿沢村の一部となる以前は赤茶村(明治11年から16年の間に合併)。ちなみに女鹿沢村の表記は目荒沢・目ヶ沢・女ヶ沢と様々でした。 創建不詳。文明年間(1469-1486)の勧請とも伝えます。 天和4年(1684)の村絵図や貞享4年検地水帳には稲荷宮や観音堂 ...

大山祇神社。 安政2年神社書上帳によりますと、大日堂・山神宮・馬頭観音堂があり、山神宮は寛文年間(1661-1672)の再建、馬頭観音堂は宝暦5年(1755)の創建。明治6年には高岡の高照神社に合祭されるも明治7年復社。 白沢村には有馬喜太夫預かりの山神宮と瀧神社があり ...

社号標の横… むむ? 入口に案内板がありましたが、油性マジックなのかほぼ読めず。せめてもう少し低い位置にあればなぁ。内容は御祭神について、八幡宮を合祀していることについて、あとは熊野信仰についての一般的な説明や板碑について書かれているように思えましたが自 ...

九段坂と冬青木坂の間に平行しているのが中坂です。 現在は九段坂と比べると交通量も乏しい坂道ですが、昔は大変賑わいを見せていたようです。 九段坂と中坂の間には築土神社・世継稲荷神社(田安稲荷)があります。 絵図では飯田町中坂通と見え、坂下方面には滝沢馬 ...

紀尾井坂は喰違見附跡から清水谷公園に下る坂。 名称のおこりは紀州家・尾張家・井伊家からきています。 また、坂下に清水谷があることから清水坂とも呼ばれています。 標柱より…『この坂を紀尾井坂といいます。新撰東京名所図会には「喰違より清水谷公園の方へ下る坂 ...

繁華街の一画にひっそりと鎮座する豊川稲荷神社です。 有栖川宮熾仁親王ご直筆の額束。 石灯籠一対。 本殿。 御祭神は荼吉尼天。 『豊川稲荷は、光禅寺の分霊として国分町に祀られていましたが、戦災の後新しく道路ができた時に稲荷小路に移しお祭りし ...

区立麹町中学校永田町校舎と参議院議長公邸の間を日枝神社方面(山王坂坂下・天竹)へと下る坂道。 「山王坂 (東京都千代田区永田町)」 坂上の公邸東側入口前には華族女學校(現学習院女子高等科)遺蹟碑があります。 この付近の坂道にしては比較的勾配があり、また人 ...

根岸村です。 天明8年(1788)に菅江真澄が当村の村人の出身地について、「あるはいふ、此浦人は越前の国なにがしの庄より来るともいへれば、さもありぬべし、くにうどの諺に、ねっこかみ衆といふ」と記しています。ちなみに当村には福井姓がとても多く、越前国福井から ...

奥州街道沿いにある貝倉神社。看板が無ければ普通の住宅にしか見えません。 もしかしたら社務所かも知れません。っていうのも、ここから離れた奥内川中流域の山中に貝倉神社があるのです。ってことで向かってみます。 向かう途中にあった奥内豊源井堰竣功記念碑と祠 ...

橋を渡って一の鳥居をくぐります。 熊野宮神社は小高い丘の上に鎮座。 貞享4年検地水帳によりますと、観音堂地・不動堂地・権現堂地が見えます。 安政2年神社書上帳によりますと、田代村には馬頭観音堂・不動堂・熊野宮・岩谷観音堂が見えます。 上記の権現堂及び熊 ...

江戸期の沖館村。弘前藩領。第106代正親町天皇の御代(在位1557-1586)に藤原家の子孫が陸奥国平定の命を受け、御神体を上方表より持って来られ、沖館村と古川村の産土神として勧請。 貞享4年(1687)検地水帳によりますと、観音堂地(馬頭観音を祀る惣染堂)、薬師堂地( ...

築土神社。 御祭神は天津彦火邇々杵尊。 相殿として平将門公・菅原道真公(末社木津川天満宮より配祀)を祀ります。 千代田区指定文化財の狛犬一対。 安永9年(1780)に元飯田町の氏子により奉納されたもので、千代田区内の現存狛犬では最も古いもの。頭上には角と ...

創建は不詳。 万治元年(1658)に村中にて再興。延宝6年(1678)建立。 貞享4年検地水帳によりますと稲荷社地が見えます。神社書上帳には「稲荷宮一宇 油川村 社司 沢田周防」とあります。 社殿内。 木の間に… 猿田彦大神(明治17年銘)。 稲荷橋。 ...

湯段温泉にある薬師如来です。 湯段温泉は岩木山の南西麓、標高約400mの地にあり、享保9年(1724)に賀田村の柴田長兵衛により発見され、元文2年(1737)には長兵衛により湯小屋が経営され、以後その子孫が温泉宿の経営を担ってきたそうです。菅江真澄が次のように記してい ...

↑このページのトップヘ