くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2015/01

唐竹の水神である弁天様です。古来より村人の崇敬が篤いといいます。 『水神竜神 十和田信仰』(小館衷三)にも一応紹介されていますが、水神であるという一文のみです。 弁天宮360周年記念之碑。昭和50年旧6月16日文化財保存会。 創立は元和9年(1623)とありました。元 ...

一の鳥居近くの松。 ニの鳥居。 これは…鳥居ではないですね。 境内は巨木に囲まれています。 かつての唐竹村で、貞享4年検地水帳によりますと、善太夫抱えの薬師堂地24歩と境内林が見えます。 北西に新館村と沖館村、北東に広船村に至る道があり、南東には軍馬 ...

貞享4年検地水帳によりますと、権現堂地、稲荷社地が見えます。 権現堂地は中世の草創と伝承され、法量権現を祀り、同権現は子授け・安産神として婦人の参拝者を集めました。 明治初年の神仏分離によって廃堂となり、淡島神社として再興します。 小舘衷三氏 ...

楢野木村は岩木山の北東山麓にあり、西は鬼沢村に接し、東は種市村・青女子村、南は糠坪村、北は小友村に続いています。 文化9年(1812)の高杉組御通村々戸数并新古田方調帳によりますと、楢野木村地内には稲荷神社が2社あり、1社は楢木牧野の稲荷神社で、いずれも御祭神 ...

文化9年(1812)の高杉組御通村々戸数并新古田方調帳によりますと、楢野木村地内には稲荷神社が2社あります。 もう1社は楢木用田の稲荷神社です。 御祭神は宇迦之御魂命。 社殿が新しいですね。 創建不詳。 本殿。 県歴史の道調査報告書によりますと境内に天保11年の ...

五所川原市飯詰と青森市の油川地区を結ぶ津軽あすなろライン(剣道26号線)の途中から徒歩で入山。 入口付近の木製の標柱には「十和田神社」ではなく、「石塔山荒覇吐神社参道」と書かれ、ロウソクが立てられていました。 一般的な地図では「十和田神社」と記されていま ...

御祭神は倉稲魂命、猿田彦命、大宮能売命。 新城川と沖館川に挟まれた地域でかつての石神村。 地内相野の稲荷宮は安政2年神社書上帳によりますと、享保15年(1730)の再建。 また、一説には貞享年間(1684-1687)村中繁栄・安全のため再建とも伝えます。 入口 ...

国吉館址、国吉板碑群などがあり、かなりの歴史を感じさせる村。その国吉を散策していた際に見つけた山神宮と白山大権現。いずれも創建並びに由緒等は不明です。 山神宮の社殿内。草鞋が沢山奉納されています。国吉村元有志奉納の額束には昭和57年8月1日と見えました。 こ ...

由緒等不明。 神額には「久須志大神・羽黒大神・猿賀大神」とあります。 明治18年8月吉日新築。昭和28年7月吉日改築。平成元年4月20日上棟祭、平成元年6月5日遷座祭。 社殿内の神前幕には鮮やかな龍が描かれております。 社殿横には円形の蓮池がありました。 ...

李平保食神社の近く、李平町会センター前に案内看板があります。 『この遺跡の特色は、縄文時代の遺跡に歴史時代(奈良・平安)に入ってから再び人が住み始めたことが明らかで、縄文土器が地表に多く散見され、地下には土師器が伴う住居跡が埋れている。また、上安原、下安 ...

貞享4年検地水帳によりますと、村抱えの観音堂地2畝余があります。永正2年(1505)浅石城主千徳左衛門政久の家臣である天内治右衛門が社殿を建立して馬頭観音を勧請。以後、崇染堂と称せられ、永禄3年(1560)李平村にて社殿を改築しますが、天正3年(1575)焼失。 寛 ...

岩木川と大秋川の合流点より東に開け、北は百沢村、西は黒土村、東は岩木川を挟んで支村の高野に接し、南は岩木川に面します。 天文年間(1532-1555)の津軽郡中名字に「望石」と見えるのは当村。津軽一統志によりますと、慶長10年代に古城を書上げた中に国吉とみえ、寛永1 ...

青森市羽白付近を散策していたら、踏切に「飛行場道路踏切」とありました。 帰宅して色々調べていましたら、かつてこの一帯が青森飛行場であったことを知り、後日またその痕跡を探すべく訪問・散策しました。結果、土地感もない20代の私にとってその痕跡を見つけ出すこと ...

かつての松枝村(本目鹿沢村)。 加茂神社の御祭神は別雷大神。 貞享4年検地水帳によりますと、雷電社が見えます。 安政2年神社書上帳によりますと、加茂宮が見えます。 創建は不詳ですが、旧村社の加茂神社は慶長年間(1596-1615)の勧請と伝えます。 この地は浪岡城 ...

五本松村はかつて七日町と称して浪岡町の一部を形成しており、中世末期の浪岡城下の一部であった名残りと考えられます。 社号標と庚申塔。 御祭神は別雷命。 手水舎。 大同2年(807)建立の県内最古の加茂神社とも云われているそうです。 天和(1681-1683)の村絵図に ...

明治16年9月8日、笹森町にて創建。明治22年2月10日夜に火災にて焼失。同年9月8日に元寺町に移り再建。明治30年移転。明治44年に弘前武徳殿が創建されて以降は県の蚕種検査所等としても使用。太平洋戦争後に剣道場として復活。卜伝流剣術、小野派一刀流剣術が伝承されていま ...

かつての小友村で、北は川村、南は鬼沢村、東は桂村、西は貝沢村に接し、弘前城下から鯵ヶ沢を経て大間越へ向かう西浜街道と、弘前城下から野木村を経て十三湊へ向かう十三街道の2つの街道を結ぶ道筋の中間に位置します。 小友坂。 小友坂上。 小友坂上のバス停。 ...

湯段温泉は岩木山の南西麓、標高約400mの地にあり、享保9年(1724)に賀田村の柴田長兵衛により発見され、元文2年(1737)には長兵衛により湯小屋が経営され、以後その子孫が温泉宿の経営を担ってきたそうです。 御祭神は大山祇神。 なぜここにあるのかは不明ですが ...

岩木山の麓、湯段温泉郷から少し山に入った場所にある黒滝渓流。 隠れた景勝地とも言われるとても美しい場所で、散策の穴場コースかも知れません…観光マップにも載ってますけど。 黒瀧大神と彫られた石碑。 黒瀧國龍大神と彫られた石碑。 橋が架かっています。 ...

八丁堀駅(A2出口)すぐ近く、桜川公園の片隅に入一観音菩薩があります。 桜川公園は桜川の埋立地。かつての八丁堀橋と中ノ橋の間に位置します。桜川は長さが八町あったことから八丁堀の地名の由来となっています。 大小3体の地蔵尊がありますが、その内の1体は桜川を埋 ...

あっ!2階のテラスに神社があるっ!都会らしい。そういえば去年だったかな?境内に高層マンションを建てるニュースを見ました。都会は色々と大変なんでしょうけど、ちょっと悲しいニュースでもありました。 さて、幸徳稲荷神社の紹介。 『当稲荷神社は旧幕時代、山 ...

↑このページのトップヘ