くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2014/03

御祭神は品陀別命。寛文9年に再建し村社八幡宮。現在の社殿は昭和37年建立。8月14日に落慶式。翌日の15日の大祭には善男善女合わせて数千人が集まったといいます。例大祭6月15日(現8月15日)。鳥居には杉山家の家紋である籠目風車の紋章が掲げられています。 関ヶ原の戦い ...

六沢溜池の畔にひっそりとあります。元は田吉村と称していましたが、慶長9年に山崎金三郎が広須(柏村)から移住開拓して山崎村と称し、享保12年に田吉村などを合わせて山崎・田吉の両村名から山田村と称しました。 六沢溜池の西北岸には縄文晩期の山田遺跡があり、多くの ...

昭和32年、私有とされていた毘沙門天を再び氏神として祀って鹿島神社として建立。 御神体の毘沙門天は徳兵ヱという人が南部から持って来たもので、田村麿呂将軍手造りの古物と伝えられています。 徳兵ヱはこれを氏神として屋敷内に祀っていましたが、没後はその子孫が絶え ...

御祭神は稚産霊神、豊受姫大神、宇迦之御魂大神。 境内の由緒案内より。 『鐵砲洲稲荷神社は、江戸湊の入口に鎮座する神社として、地域の人々の信仰を集めてきました。神社は、寛永元年(1624)頃、稲荷橋南東詰に遷りましたが、明治元年(1868)現在地に移転し、今日 ...

かつての石郷村。 旧村社の闇おかみ神社は水神(竜神)を祀ります。 江戸中期以降の勧請と考えられており、明治初年には岩館村の神明宮の相殿となっています。その後、村元に復社。 本殿横の狛犬。 本殿とその横の末社。 天保3年の庚申塔。 神社前に設置されてい ...

御祭神は伊邪那岐命。 慶安3年(1650)に木村林右衛門によって開拓されたと伝える村。 岩木川と十川(旧十川)の合流する氾濫原で洪水被害が多かった地域。 創建は不詳、明暦年中(1655-1657)再建。 元々は稲荷宮で、後の寛延2年(1749)に熊野宮に改称。 明治6 ...

元町八幡宮と永福神社に挟まれて存在する小さな稲荷神社。元町八幡宮本殿裏手、もしくは永福神社社殿横。 明治初期に一躍財をなした布屋佐々木喜太郎が自宅の一隅(現西北病院)に建立し、布屋稲荷と呼ばれていたもの。後に、本殿・御神体は車力村の高山稲荷に遷されます ...

旧羽集街道沿いにある神明宮。 立派な注連縄。 御道書明細によりますと、長利伊予が社司を務める神明宮があり、これが現在の宮本にある大久保神明宮。 御祭神は天照皇太神。旧村社。 狛犬。 もう一対の狛犬。 眼球と牙が金色に塗られています。 本殿前の小さな狛 ...

御祭神は倉稲魂神、高おかみ神。 鳥居が新しいですね。 何かが描かれている石碑。 「嘉永五壬子八月廿四日」の文字はわかります。 創建は正徳年間(1711-1715)ですが月日は不詳。正徳年間、工藤一族の祖工藤荘司という者が堂祠を建立して深く崇敬したと伝えま ...

かつての小比内村。 貞享4年検地水帳には熊野堂と毘沙門堂があり、恐らくこれらは神明宮で、保食神社についての由緒は不明。 社号標は保食大神で、大正2年旧5月5日の紀年銘。 中央に馬頭観音。 左右に小さな祠が3つ。 どの祠も非常に丁寧に祀られていました。 ...

御祭神は鹽土老翁神。 鹽竈神社の境外末社。 塩竈の地名由来となった神竈が安置されており、毎年7月の例祭では神饌を調進する特殊神事である藻塩焼神事が行われています。 由緒案内。 御釜神社の史跡と伝説についての案内。 『御釜=御釜神社には、御釜とか神釜と呼 ...

御祭神は志波彦大神。 大鳥居。 手水舎。 神門。 延喜式の神名帳に記載されている3132座の中でも224ヶヶ所しかない明神大社と言う最高の崇敬を朝廷より受けていた神社になります。 志波彦大神は国津神(土着神)を志波彦神あるいは志波姫神と呼んだものと考えられ ...

絵馬殿。 絵馬殿内。 『騎馬武者』文久2年(1862)中野豊之助清恭奉納。 『騎馬武者』慶応2年(1866)鈴木屋善右エ門以下奉納。 『尾長鳥と太鼓』弘化5年(1848)飯川勤奉納。 『感應』明治17年(1884)森善助奉納。 『万歳』天保8年(1837)菊地小傳次以下奉納。 ...

宮城県塩竈市一森山。一の鳥居(寛文3年建立の石鳥居。国指定重要文化財。額束には「陸奥国一宮」)。 表参道の石段(表坂202段)。 なかなかの急勾配で上から見ると怖い。別名は男坂・杉坂。 随身門。 狛犬。 左大神豊磐間戸命。 右大神櫛磐間戸命。 随身門左手 ...

赤坂見附跡。 標柱より… 『左側にある石垣は、江戸城外郭門のひとつである赤坂御門の石垣の一部です。江戸城の門は、敵の進入を発見する施設であるため「見附」とも呼ばれ、ふたつの門が直角に配置された「枡形門」の形式をとっています。詳しい説明は、右に坂を登った角 ...

かつての堀越村枝村の川合村。 堀越村は慶長16年に弘前城を築城するまでの間、弘前藩の城下町として、神社・仏閣・商家が立ち並び栄えました。 廃城後は一村落として存続。羽州街道の道筋(弘前の次の宿継場)としても栄えましたが、貞享2年には往来差止めとなり、小栗山 ...

梨木坂は国立国会図書館前にある直線的で緩やかな坂道。 坂下は三宅坂交差点付近、坂上には国会議事堂があります。 標柱より。 『この坂を梨木坂といいます。「江戸紀聞」では"梨木坂、井伊家の屋敷の裏門をいふ。近き世までも梨の木のありしに、今は枯れて其の名の ...

北は三世寺村、南は町田村、西は独狐村、東は岩木川に接する村。 天文年間(1532-1555)の津軽郡中名字にある「名久井萢」が中崎村とも考えられ、また、寛永17年(1640)の津軽百助宛の津軽信義黒印知行宛行状に村名があります。 最初の鳥居から少し歩いて… 次の鳥居に ...

御祭神は菅原道眞命。 一の鳥居の横に小さな祠。 キュウリがお供えされています。 もしかして水虎様なのかな。 御祭神は菅原道真。 狛犬。 天神さんといったら御神牛。当神社で撫牛としての風習があるかどうかは不明。 牛が神使となった理由については以下のような ...

一の鳥居には… 御神馬。 個性的な狛犬。 青森県神社庁由緒より。『当社創建年月不詳なりといえども、往時より当部落産土神として、深く崇敬せられ、年々の祭事絶たず、安政2年弘前最勝院より、吉田表に上進したる、神社由緒書調書に記載され今日に至る。』 明治初 ...

きつねの町、王子。 きつねだらけです。 装束稲荷神社。 御祭神は宇迦之御魂神。 『今から約千年の昔この附近一帯は野原や田畑ばかりでその中に榎の大木がありそこに社を建てて王子稲荷の摂社として祭られたのがこの装束稲荷であります。この社名の興りとして今に伝 ...

↑このページのトップヘ