くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

November 2013

浅草神社社殿裏手にあります。 御祭神は倉稲魂命。 安政元年(1584)に新門辰五郎の妻が重病で床に伏したとき、山城(現京都府南部)の伏見稲荷神社に祈願したところ、その効果があり病気は全快。同2年に町の人がお礼の意味も込め、伏見稲荷神社から祭神御分身を当地に勧 ...

御祭神は土師真中知命、檜前浜成命、檜前竹成命。相殿は徳川家康、大国主命。 旧称は三社権現・三社明神社といい、現在でも三社様として広く親しまれています。 『推古天皇の36年3月18日。漁師の桧前浜成・竹成兄弟が隅田川で漁労に精を出していましたが、一匹の漁もなく ...

本堂裏築山周辺を散策。浅草神社裏手から浅草寺裏手にかけて。 一葉観音像。 竹本津賀太夫の碑(文政10年(1827)建立。「大江戸のつよきひいきの力にぞ、かかる千曳のいしぶみはたつ」)。 菅沼定敬の歌碑(嘉永3年(1850)建立。「敷島のみちにはせきもあらなくに、なとて ...

五重塔は天慶5年(942)平公雅が本堂と共に建立したのを初めとし、その後数度倒壊・炎上に遭いましたがその都度再建。 徳川家光により本堂・仁王門などと共に再建された国宝五重塔は太平洋戦争の戦火にて焼失。戦後の昭和48年に塔院とともに再建。 古地図を見ると現在とは ...

浅草にやってまいりました。 浅草は大好きでしょっちゅう訪問しております。 浅草では最近弘前ねぷたまつりも行われているようです。 見学者の方々が口々に「弘前のねぷたは小さいなぁ!」的なことを言ってましたが、確かにこれは小さいです。これで判断されても困ります ...

道沿いに鳥居が見えます。 こちらは庚申塔の鳥居。 その隣には地蔵堂。 地蔵堂の横に小さな祠が2つあります。 1つは…何だ!?手には笏、頭にはつぶらな瞳の龍…そして満面の笑み(笑) もう1つは水虎様。 こちらも満面の笑み。 馬頭観音と百万遍もありました。 ...

神社入口に庚申塔など。 シンプルな境内と拝殿。 社号標も額束も狛犬も石碑ありません。拝殿も普通の建物。つまり境内を散策していても神社の名前すらわかりません。 っと思いましたが、拝殿内を覗くと「富枡稲荷神社」と見えました。 明治6年6月に松野木の大山祇神社に ...

御祭神は倉稲魂命。 一の鳥居と社号標が比較的新しく感じました。中々大きな鳥居です。幼児体型のフレンチブルドック…ではなく!鬼コがおります。 安政2年書上帳によれば「飛竜宮」とあり、正保3年(1646)の創建。 明治6年に稲荷神社と改めて海童神社に合祀。 明治8 ...

県道187号沿いにあります。 水虎大明神の文字。昭和56年6月とみえます。 石版刻字型はシンプルだけど年代がわかるのでいいですね。 近くにあった百万遍。 橋を挟んではすむかいにもう一つ水虎様。 『水虎様への旅~農業土木文化の時空』の写真と比べれると、昔より立派 ...

一の鳥居に鬼コがいます。 「熊野宮(五所川原市種井):鬼コ」 御祭神は伊邪那岐命。 元は砂持場村といいました。 創建は不詳ですが、種井村と称した貞享4年(1687)の検地水帳によりますと熊野堂地が見えます。 また、安政2年(1855)神社書上帳によりますと元禄年間 ...

御祭神は応神天皇。貞享4年検地水帳によりますと七ツ館村に八幡社地がみえます。 安政2年神社微細社司由緒調書上帳によりますと、地内虫流に八幡宮があり、草創不詳、明暦年間(1655-1658)村中安全のため村中にて再建と伝えます。 明治6年広田神明宮に合祭、明治8年復社 ...

御祭神は天照皇大神、譽田別尊、天児屋根命。相殿神に大己貴神、少彦名神。 鳥居の水色の個性的な鬼コがいる神社です。 境内の周囲には用水堰が流れています。 草創の年月日は不詳。 古くより中津軽郡和徳村俵元の高山治助氏邸内に祀られ、 明治13年5月8日に許可を得て ...

レインボーブリッジ。 レインボーブリッジと東京タワーに時々オカン(悪寒)(( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 巨大建造物は好きなんだけど遠くから見てるのが一番だよね。 こちらはパレットタウン大観覧車(と月)。 遊園地の乗り物の中で最も恐ろしいのが観覧車ですよね。 ち ...

いつもスカイツリーの周囲をグルグルしている私ですが… スカイツリーには近寄りません。 だって高所恐怖症なんだもの。 急に倒れるかも知れないしね!! 暇な時に遠くからパシャっと写すだけです。 スカイツリーに上る暇があったら天丼でも食べてますよ。 ちなみに ...

蔵王山の入口にある蔵王大権現大鳥居。 遠くから撮った方が大きさが伝わる気がしたので。綺麗に虹も出てたんですが…見えませんよね?(笑) 蔵王温泉に鎮座する酢川温泉神社です。 川柳坂。 社殿までは230段程あります。 燈籠にある川柳が面白いですね。 ほんの ...

蔵王温泉の開湯は景行天皇40年(110年)、日本武尊による東夷東征に従軍した吉備多賀由が蝦夷の反撃に合い毒矢で倒れた際に、ここで湯治を行い忽ち毒素が消えて平癒したとの伝説を残します。 それ以来、多賀由温泉と呼ばれ、また、標高880mという高所にあることから、多賀 ...

天保年間(1830-1843)には藤崎堰と三千石堰の水下に編成されている境村。 安政2年神社書上帳によれば元文2年(1737)に境村及び五町目村、前萢村の3ヶ村で創建。 御祭神は誉田別尊。 延宝9年(1681)の堂宮神主山伏行人之覚によりますと、寛文3年創立、元文2年再建。 ...

私が持っている地図によると館田駅のすぐ近くに神明宮が見えるのですが、どこにあるのか全くわかりませんでした。 色々と散策していましたら、地図上の神明宮付近の場所に立派な弘法大師像を見つけました。 お庭はこんな感じで廃れています。赤い屋根の家はここでカミサマ ...

上から読んでも下から読んでも館田館…ごめんなさい。 『天正年間(1573~)の初め、大光寺城の外城として築かれた掻上式の平城で、西方堀越城監視のための館であったが、相当の抵抗力を持つ規模広大なものであった。大光寺城の重臣千葉与四郎を守将として配したが、大光 ...

衆議院第一議員会館と第二議員会館の間の坂道。国会議事堂や首相官邸のすぐ近く。坂下で三べ坂(水坂)と交わります。 道路拡張工事をしているのでしょうか…風情がどんどん失われていく気がします。坂下の天竹以外は近代的な感じ。 この距離にしてこの勾配ならば坂上と ...

↑このページのトップヘ