くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

October 2012

湯島天満宮に参詣しました。 御祭神は菅原道真公、天之手力雄命。 案内板より。 「湯島神社は湯島天満宮、湯島天神として全国津々浦々まで知られている。 雄略天皇の勅命により、御宇2年(458)1月創建と伝えられ、天之手力雄命を奉納したのがはじまりで降って正平10年 ...

昭和10年古地図の元寺町にある小さな神社を目指しました。 「中華料理 香月」… 時代を感じます。 サンクスの辺りには東宝、スカラ座という映画館がありました。「スターウォーズ」「ゴーストバスターズ」、「ネバーエンディングストリー」、「バック・トゥ・ザ・フュー ...

国誌によれば専修庵とあります。 文化3年の浄土宗弘前貞昌寺末寺で阿闍羅山と号し、本尊は阿弥陀如来。 開山は不詳ですが貞昌寺18世金蓮社良紫貞祐とも言われます。 和徳城主小山内讃岐守佛掛軸を所蔵しており開帳は10~15年ごと。 また、餓死供養塔二基(餓死供養 ...

弘前市鬼沢字猿沢にある鬼楢ダムの周囲は奈良寛親水公園として整備されています。 2012年7月に竜巻で全国ニュースとなった楢木より少し山側の地区。鬼楢ダムは岩木川水系後長根川に1932年に造られたアースダム(土を盛り台形に築いたダム)です。 そしてそんなダムを濠に見 ...

御祭神は月夜見尊、豊受姫命。  月夜見神社の創建は延宝7年(1679)に勧請されたのが始まりと伝えます。 天和2年(1682)観音堂が建立され聖観音像が安置、その後神仏混合して禅宗正徳院と称していました。 正徳3年(1712※もしくは正徳2年)社殿・堂宇など再建し、 ...

日蓮宗 妙法山妙覚院 本行寺。本尊は十界曼陀羅。もと本圀寺(京都市山科区)末寺。開山は日健。開基は藩祖津軽為信。旧日蓮宗僧録所。 重宝錦嚢(受源院蔵)によりますと、為信の懇請により深草宝塔寺(現京都市伏見区)住職で兵学・武術にも通じた日健を、天正8年(1580 ...

弘前市大清水、ゲーム倉庫弘前店から取上方面に向って陸橋手前の分岐点に石碑がありました(地図の青い点)。 追分石か庚申塔かと思ったのですが「伊吹山太右衛門墓」と書いてありました。お墓なのかー! そのすぐ横の蔵の前には地蔵堂。 そしてその隣に稲荷神社の一 ...

まわれまわれメリーゴーランド もうけして止まらないように 動き出したメロディー LA LA LA LA LA LOVE SONG 『ロングバケーション』(Long Vacation)。 1996年(平成8年)4月15日から6月24日まで、フジテレビ系列でに放送されていた連続 ...

御祭神は誉田別尊、白鳥大明神、素盞鳴命、事代主命、菅原道真命。 白八幡宮は鰺ヶ沢の湾内を一望する高台にあります。 大同2年(807年)、坂上田村麻呂が蝦夷降伏祈願所として祠を建て、大刀一口と白旗八旗を納めて白旗宮としたのが始まりとされます。 康元元年(1 ...

国際児童及び弘前市制90周年記念事業の一環として設置されたそうです。 弘前市民生活課で管理… 世の中で言われているところ(加入・勧誘・給与・天下り等で問題になった)の「交通公園」とは違うのかな!?(笑)ちなみに正式には「城北公園交通広場」で、昔は「子供の王 ...

津軽三十三観音十五番札所。 本尊は千手観音。 場所がわかりにくいです。っていうより気付かずに素通りしてしまう可能性大(笑) 私はかなり通り過ぎて、中里町文化財マップにある明治百年植林記念碑・薄市甲子塔、忠魂碑がある薄市墓地にまで行って引き返しました。ぐわ ...

御祭神は宇氣母智神。 当社は大同年中(806~810)、坂上田村麿の創建に係ると云い伝えられていますが詳細不明。 古昔は瀧本熊野権現宮千手観音堂と言われましたが、明治4年の神仏分離により保食神社と改称。 承久元年(1219)、曽我時廣が大光寺城に拠り、一族郎党をその ...

真言宗醍醐派。御本尊は不動明神。 津軽弘法大師霊場第四番札所。酉歳の守り本尊。津軽七福神霊場毘沙門天。木造勢至菩薩坐像が市指定有形文化財となっています。 昭和41年2月28日、真言宗国分寺派大本山国分寺の末寺として、鷹揚山不動寺の認可を受け現在に至ります ...

入口から橋です。いかにも堰神社。 要記秘艦によりますと慶長14年(1609)、度々破損する堰口の構築のため、堰八太郎左衛門安高が人柱となり成就。 津軽歴代記類によりますと、慶長年間(1596-1615)浅瀬石川の水を境松(現黒石市)で取水する藤崎堰がたびたび破損し、農民 ...

龍泉寺は弘前城跡西方の誓願寺境内地続きの右手前、専求院の東向いにあります。 本尊は阿弥陀仏。もと誓願寺末寺。 蓮門精舎旧詞によりますと、寛永3年(1626)頃創立とあり、開山は順蓮社良故竜呑。開基は不詳。 新撰陸奥国誌では開山竜呑を誓願寺2代住職無角の弟子とし ...

専求院は弘前城跡西方の誓願寺境内地続きの同寺山門の左手前、龍泉寺の西向いにあります。本尊は阿弥陀仏。もと誓願寺末寺。 蓮門精舎旧詞によりますと、寛永元年(1624)創立とあり、開山は専蓮社良求念夢。開基は不詳。 新撰陸奥国誌では、開山の念夢は秋田の人で当地を ...

胸突坂と浄心寺坂の間にあるので中坂と称します。 特に案内板等は見当たりませんでした。 坂の命名時期は江戸時代と伝えます。 直線的で距離もさほどありませんが勾配はそこそこあります。 周りは住宅街で、坂上左手には児童公園が隣接し、子どもたちで賑やかでした。 ...

船宿へ家の律儀は置いてゆき… 土手の伊勢屋と桜なべ中江。 戦災を免れた木造建築。 明治開業の名店で腹ごしらえしてからの吉原探索がいいですね。私のおすすめは桜なべコース♪(聞いてない) ちなみに吉原最後の料亭&吉原で唯一残った蹴飛ばし屋です。蹴飛ばし屋は ...

御祭神は倉稲魂神。天保6年(1835)5月、津軽外ケ浜、青森町在住の中川某氏が山城国伏見社より御分霊を拝受し、 同年9月8日、社殿を建立して鎮座。 青森開港時、船問屋町として浜町が地割りされたため、船問屋のほか、旅館等も多く、これらの関係から、浜町花柳界に崇敬者が ...

曹洞宗、本尊釈迦牟尼仏。 慶長元年(1596)繁翁茂の開基、後に寛文7年(1667)、弘前藩の命により弘前の太平山長勝寺十四世聖眼雲祝を勧請開山とし寺観を定めました。 更に文化8年(1811)愚全和尚が中興したとされています。 昭和44年(1969)二十三世無為哲三和 ...

(上の写真:右手の青い建物は駄菓子屋だったようです。) ふらっと昼間の西弘を歩いてみました。メロン食べながら。 西弘という言葉は西弘前駅の略称であり、実際の住所は中野、文京町です。 現在では弘前学院大学駅と駅名が変わりましたが、それでも西弘は西弘なんで ...

↑このページのトップヘ